後期研修医インタビュー

地方独立行政法人 大阪市民病院機構 

大阪市立総合医療センター

大阪府大阪市都島区都島本通2丁目13番22号

名前 渡部 智加(ちか) 研修医
出身地 兵庫県神戸市
出身大学 大阪市立大学
医師免許取得年度 2012年

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

昔から、「お医者さん」に憧れがありました。きっかけは若い頃に乳腺に良性腫瘍ができたことです。その際に癌ではないかと不安になり乳腺外科の有名な先生を受診しました。腫瘍を摘出し良性と判明した時は本当に安心しました。病気の方は皆さん不安な気持ちを抱えていると思います。私も自分の経験をきっかけに、患者さんの不安な気持ちを少しでも楽にして、病気を治すことのできる職業に就きたいと思うようになりました。

学生生活はいかがでしたか。

私は大阪市立大学出身ですが、学生生活は勉強と部活が主でした。勉強に関しては自分なりには頑張っていたので、成績も悪いほうではなく、半分以上のところにはいたかなと思います(笑)。部活は軟式テニス部に所属し、6年間過ごしました。部活は私にとってかけがえのない場所です。一つのことを長く続けることを学ぶ良いきっかけになりましたし、メンバーにも恵まれ、試合の際に仲間と一つの目標に向かって頑張ることができました。今でもみんなといい関係が続いています。

初期研修も大阪市立総合医療センターでなさったんですよね。

はい。当院は初期研修医が15人ずついますので、他院と比較すると人数は多いほうだと思います。同期が多いと、他科をローテートしている同期にいろいろなことを相談しやすかったです。私の学年は後期研修に残ったのは半分ぐらいでしたが、何でも言い合えてコンサルトもしやすく、いい関係が続いています。当院は教育システムがしっかりしており、初期研修医への指導に非常に積極的で、優秀な指導医の先生方が多いと思います。週に少なくとも2回は症例検討会があり、初期研修医が主体となって症例を考察する機会がありました。当直についても、初期研修医が当直で行ったことが本当に正しかったかどうかをfollowしてくださるので、正しい診療の仕方が徐々に学べるなど良い環境でしたね。最初の2年間は本当に大事な時期ですから、当院でそういう基礎を形成させていただけたのは有難かったです。

乳腺外科を専攻された理由をお聞かせください。

昔から細かい作業が好きで、解剖学も興味があったので手技がメインの外科を希望しました。乳腺外科は外科の中でも一つの科で診断・手術・術後/再発の薬物療法まで完結できる特殊な科です。また、主に女性患者を対象としているところも他科とは異なる点です。女性ならではの疾患であるため、その悩みや不安を理解してあげられやすいかなと思ったのと、一人の患者さんに長く寄り添うことができるところが魅力かなと思いました。また、乳腺外科は将来家庭と仕事を両立しやすいという利点もあると思います。最近乳腺外科を専攻する女医さんが増えてきていますが、子供ができるとどこまで仕事ができるかはわからないし、大きな制限がかかる場合もあります。乳腺外科は手術や化学療法だけでなく、検診等、働き方はライフスタイルに合わせて様々に変えることができるため、長く医療に関わっていけると思います。総合的に長い目で見た場合、私にとってのベストは乳腺外科だなと思いました。

大阪市立総合医療センターの乳腺外科の特徴はどういった点にありますか。

当院ではブレストセンターを2年前から設立しているのですが、乳癌患者さんに対して、乳腺外科・形成外科・腫瘍内科・放射線腫瘍科・病理診断科など、他科の垣根を越えて連携を取りながら診療しているのが特徴です。
また、部長も副部長もとても人望の厚い方々で、当院の乳腺外科を回った時に「絶対に、この病院に残りたい」と思ったのも2人がおられたからです。手術中や診療中は厳しく・的確に指導して下さいますが、仕事が終わったら一緒に飲みに行ったりと、とてもアットホームな科なのが当院乳腺外科の魅力です。

後期研修で勉強になっているのはどんなことですか。

後期研修では手術や外来をはじめ、初期研修医の時はできなかった新しいことを主体的に取り組ませていただけたことが勉強になっています。また、外科系のローテートや地域実習もとても勉強になりました。自分が主体で診療することで責任感もより自覚しましたし、三年前とはできることや知識も全然違ってきているなと実感できます。新しい知識や技術を習得するためのサポートをしっかりしていただいている、そういう環境がとてもありがたいです。

後期研修ではどんなことが楽しかったですか。

後期研修では1年目で外科の各科をローテートします。それぞれの科で新しい知識がどんどん増えていくことがまずうれしかったです。また、地域研修では豊岡病院の救急科で研修しましたが、普段は見ることのない外傷症例や緊急手術の経験も積むことができました。3年目になると専門科にもある程度慣れていき、少しずつ実力がついてきていることを実感できているのが嬉しいです。やはり少しずつ進歩しているのを実感できる瞬間は日々忙しい仕事の中でも楽しいと感じることができます。

指導医の先生方のご指導はいかがですか。

初期研修医の時から当院にいますので、知っている先生方も多く、他科の先生でも皆さん快く相談に乗っていただけますし、指導もしていただいています。指導医の先生は困った時は親身になって一緒に考えてくださり、力になってくださいます。私が治療方針を決定したり、手術を行ったりするのを上手くサポートして下さっています。また、臨床だけでなく学会発表や研究会の発表の機会をよく与えてくださるので、私もそれに応えたいと思って頑張っています。このような発表の機会が多いのは大きな病院ならではかなと思います。先生方には本当にお世話になっているので、感謝の気持ちを表現するのは難しいくらいです。

初期研修と後期研修との違いはどんなことにありますか。

実感するのは責任感の違いでしょうか。初期研修では2・3か月のスパンでローテートをするため、その科に慣れてきたと思う頃に、次の科へ行かなくてはならなくなります。でも、後期研修では1つの科で長い間診療しますので、自分の診療の仕方がある程度見えてきます。私の場合、乳癌の患者さんとは長くお付き合いしますから、その方の人生プランの中で、その方の人生をどこまで良くしてあげられるのか、長い目で見て考えなくてはいけません。後期研修ではそういった患者さんの人生を請け負っているという責任感が芽生えてきました。

不明な点や不安な点などの悩みごとについてはどのように対処されていますか。

わからないことがあった場合はまず本や文献検索で調べます。最近はインターネットツールも発展しているため、調べ方も様々な方法があるのがありがたいですね。自分で調べてわからない場合は指導医の先生方に相談して、解決していきます。不安な点や悩み事も上司の先生に相談することが多いです。同期も多いので、話を聞いてもらって解消することもあります。

看護師の方を含め、コメディカルの方との関係はいかがですか。

コメディカルスタッフとも比較的いい関係なのではないかと思います。普段から一緒にいい医療をしていけるようにカンファレンスで意見を出し合ったりしますし、忘年会や歓迎会等の病棟ごとのご飯会もあるので、そのような場でより親しくなれるのがいいですね。

カンファレンスについて、お聞かせください。

週に2回、消化器/肝胆膵の術前カンファレンスがあります。乳腺外科でも術前カンファレンスや、相談症例を提示するカンファレンス、術後病理カンファレンス等の様々なカンファレンスを他科の先生方と行っています。1つの科だけでは解決できないような難しい症例を取り上げて他科の先生方の意見を聞くことができるので、とても勉強になります。カンファレンスのために後期研修医が論文等を調べてスライドを作ったり提示したりもしているので大変ですが、確実に自分の身になっているかなと思います。

オンとオフの切り替えはしっかりとできていますか。

できていると思います(笑)。乳腺外科のいいところの一つは、急変する方が少ない点です。
順調に退院される方がほとんどなので、緊急で夜中に呼ばれたりすることがあまりなく、オンとオフの切り替えは比較的しやすいです。

今後のキャリア形成についてのお考えをお聞かせください。

今年は外科の専門医が取れる年なので、まずは外科専門医を取り、その後は乳腺専門医の取得を目指しています。そろそろ出産とかも考えていきたいですが、仕事との兼ね合いが難しいですね。当院は隣に保育所があり、そこを利用して仕事と家庭を両立している女性医師が多いので、私も将来はそのようにバランスのとれた働き方をしたいと思っています。

大阪市立総合医療センターとはどんな病院ですか。

診療科が57ありますので、普通の病院に比べたら、非常に大きな病院だと言えるでしょう。初期研修では選択期間に希望の科を回れますので、色々な症例が経験できます。自分が求めれば求めるほど、それだけのレスポンスをくださる指導医の先生方も多く、教育システムも整っています。診療科が豊富だと、患者さんにとってもベストな医療を受けられますし、私も身内の誰かが病気になったら、当院のような病院で診ていただきたいと思っています。

後期研修の病院を検討されている初期研修医の皆さんにメッセージをお願いします。

当院は指導医が多く、後期研修医への教育体制も整備されています。より多くの症例を経験したり、スキルアップを目指すにあたっては最適な病院だと思います。学びたいという積極性が強い人ほど多くの知識や技術を習得することができる病院です。私も当院で3年間の後期研修を行いましたが、ここで研修することができて本当に良かったです。後悔することはまずないと思うので、是非見学に来てくださいね。

お気に入り