後期研修医インタビュー

国家公務員共済組合連合会

横須賀共済病院

神奈川県横須賀市米が浜通1-16

名前 武井 将伍 研修医
出身地 長野県松本市
出身大学 横浜市立大学
医師免許 2013年

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

父が医師なので、影響を受けました。父から特に勧められたわけではないのですが、自然とその道を選んでいましたね。

ポリクリはいかがでしたか。

大学病院で行いました。いきなり臨床の現場に出ましたので、難しいと思うこともありましたが、医師になるという実感が湧きました。

初期研修の病院を横須賀共済病院に決めたのはなぜですか。

私は硬式テニス部に入っていたのですが、部活動で親しくしていただいていた先輩が当院で初期研修をされていたんです。先輩のお話を伺うと、規模の大きい病院で、ほとんどの診療科があること、病床数や症例数が多いことに惹かれ、見学に来ました。その頃の私はまだ外科とは決めていなかったのですが、外科志望の友達がいたので、外科を見学しました。外科では手術数が多く、とても印象が良かったこともあり、当院に決めました。

初期研修を振り返って、いかがですか。

個人的には良かったと思っています。症例数が多かったですし、救急は本当に勉強になりました。指導医の先生方からの押しつけがないので、楽をしようと思えば楽ができるのかもしれません。でも、頑張れる人はしっかり頑張れます。初期研修医次第でしたね。

初期研修はどのようなローテーションだったのですか。

1年目は外科、神経内科、腎臓内科、消化器内科、内分泌内科、糖尿病内科、救急です。2年目は外科、整形外科、呼吸器外科、脳神経外科、麻酔科、形成外科、救急、地域医療、もう一度、救急を回りました。地域医療では三浦市立病院に行きました。

専門を消化器外科に決めたのはいつですか。

初期研修2年目の10月です。手術が好きなことと消化器内科にも興味があったので、消化器外科に決めました。臓器的には脳の方に関心があり、脳神経外科とも迷いがありました。どちらの科からもお誘いがありましたが、若いうちから手術ができるのは消化器外科ですしね。初期研修でもほかの病院では初期研修医にさせないような腹腔鏡手術も経験させていただいていました。

後期研修で横須賀共済病院を選んだ理由をお聞かせください。

選択肢としては当院、大学病院、ほかの病院がありましたが、若いうちから手術がしたかったので、当院を選びました。大学病院は手術が少ないし、ほかの病院も当院ほどの手術数はありません。慣れたところで仕事ができるというのも大きかったです。

後期研修はどのようなプログラムなんですか。

3年間で外科研修医を取るためのプログラムになっていますが、外科スタッフの一員として、働いています。年に2回、3カ月ずつの留学制度があることも特徴ですね。私は後期研修2年目の1月から3月まで、名古屋市の名城病院の消化器内科に胃カメラの勉強に行きました。次回は心臓血管外科で専門医取得のための症例を積む予定です。

後期研修で勉強になっていることを教えてください。

手術はもちろん、毎日が勉強です。後期研修医が外来を経験できるのもほかの病院ではあまり聞かないことですね。化学療法や乳腺外科も勉強になります。最近は私を指名してくださる患者さんもいらっしゃいます(笑)。

指導医の先生方のご指導はいかがですか。

外科なので体育会系ではありますね。厳しいときもありますが、学ばせていただいています。

病院に改善を望みたいことはありますか。

建増をしているからか、院内に壁が多く、院内PHSの繋がりが悪いことぐらいでしょうか(笑)。

初期研修医の指導にあたって、気を付けていることはありますか。

部活動の先輩、後輩のような接し方をしています。外科ですから、手術中に縫い方などの手技を教えることはありますが、仕事をして、その後に食事に行ってという感じで、指導している意識はないですね。一緒に旅行に行ったり、仲良くしてもらっています(笑)。

当直の体制について、お聞かせください。

スタッフが増えたこともあり、回数は月に3、4回です。平日が2、3回、週末が1回ぐらいですね。救急外来で初期研修医がファーストタッチし、内科か、外科か、救急の当直医にコンサルトします。私は外科医として一人で当直しますが、手術が必要な場合はオンコールで上の先生にお願いをします。手術が入ると、忙しくなりますね。

カンファレンスはいかがですか。

火曜日の朝と夜に術前、術後のカンファレンスを行っています。雰囲気はいいですよ。プレゼンの内容が間違っていたら、きちんと指導していただけます。他院からいらした先生も当院のカンファレンスはしっかりしているとおっしゃっていましたし、皆で集まると勉強になります。

コメディカルのスタッフとのコミュニケーションはいかがですか。

比較的、取りやすいし、頼みやすいと思います。外科は超音波や放射線の検査が多いのですが、技師さんはよく協力してくださるので、助かっています。

何か失敗談はありますか。

後期研修が始まってからはあまりないですね。初期研修医時代はよく遅刻していましたが、遅刻には寛容な病院だと思います(笑)。

研修医同士のコミュニケーションは活発ですか。

外科の後期研修医は2人ですが、仲はいいですよ。初期研修医ともコミュニケーションは取れていますね。私が初期研修医の頃は横浜市大の出身者が多かったですが、今はさほど多くはありません。

今後のご予定をお聞かせください。

後期研修後は未定です。大学病院に行くか、地元に戻るという選択肢もあると思っています。

現在の臨床研修制度について、ご意見をお願いします。

難しいところですね。私は初期研修で小児科を回れなかったんです。当院の小児外科はたまにヘルニアの患者さんがいらっしゃるぐらいですし、小児救急も横須賀市立うわまち病院が担当していますから、診る機会に乏しいです。小児科の症例が足りていないので、これから1年で経験していかないといけません。

これから後期研修の病院を選ぶ初期研修医にメッセージをお願いします。

何科であっても、後期研修医になるからには鍛えてもらえる病院を選びましょう。外科なら手術が多い病院だと、経験値を積めると思います。初期研修をしながらですから、見学に行く時間もあまり取れません。私も当院のほかは一つしか行っていないんです。見学ではその病院にいる初期研修医に話を聞いてみましょう。後期研修医は良いことしか言わないので、平等な視点を持っている初期研修医に聞いてみることをお勧めします(笑)。

お気に入り