初期研修医インタビュー

昭和大学

昭和大学病院

東京都品川区旗の台1−5−8

名前 石橋 淳 先生
出身地 宮城県
出身大学 昭和大学医学部

医師になるきっかけを教えてください。

父が放射線科の医師だったこともあるのですが、他の職業より医師という職業に魅力を感じました。将来は放射線科か耳鼻咽喉科を専門にしたいと考えています。どちらも守備範囲が広いのが魅力です。

学生生活はいかがでしたか

ジャズが好きでビックバンドをやっていました。楽器はトランペットです。今は忙しくて楽器をいじるチャンスも少ないのですが、学生時代は演奏活動をしていました。おかげでいつもギリギリでの進級でしたが(笑)、学業では得られない多くのものを得ました。

ポリクリはどこの病院で行いましたか。また、その感想をお聞かせください。

昭和大学の系列病院で受けました。実習では教科書に記載されていない症状や病態が多いことが印象に残っています。患者さんは1人1人違います。個々の患者さんの症状や病態を考慮して、それぞれのエンドポイントを設定して治療方針をたてなければなりませんから、一律に教科書的な考え方は通用しないと思いました。

CBTあるいはオスキーについてコメントがあればお聞かせください。

オスキーは実践的なので役に立つと思いますが、CBTはこれまで勉強してきたことの確認作業のようなものだと感じています。医学は座学も重要ですが、より実践的な教育が必要な領域だと思います。その意味では日本の医学教育ももっと実践的な教育があっていいと思っています。実際に経験して得られるものは教科書から学ぶことよりも多くを得られると思います。

研修病院を決定するまでのプロセスをお聞かせください。

卒業大学であることが昭和大学病院での研修を選んだ一番大きな理由です。初めから大学病院で研修するつもりだったので、研修先を決めるにあたっての苦労はありませんでした。大学病院は設備も人材もそろっているし、昭和大学病院はコモンディジーズから稀な疾患まで経験できるので研修病院としては最適だと思っていました。初期臨床研修期間中に2次救急(1か月)も経験しますからプライマリな患者さんも診ることができます。そこで1人1人の患者さんをしっかり診ました。20~30人/月の患者さんを診ました。

昭和大学病院の初期研修プログラムで良い点、改善してほしい点はありますか。

私は自主性尊重プログラムで研修を受けていますが、内科系は3診療科(選択制)を各2か月、合計6か月研修します。循環器内科、腎臓内科、糖尿病内科の3科を選択しました。私なりに経験しておく必要があると感じた診療科ですが、個人的には満足できる研修期間でした。

これまでの研修期間で印象に残っていることはありますか。

60代の慢性疾患の患者さんで病識が薄くコンプライアンスの悪い患者さんがいました。この患者さんに積極的に治療に取り組んでいただくためにどうしたらいいか、ずいぶん考えました。息子さんと2人暮らしで日常生活を管理しにくい状況にある方でした。この方は私にとって忘れ得ぬ患者さんの1人になりそうです。

何か失敗談はありますか。

麻酔科での研修のときに、挿管時に失敗してしまったことがありました。手技が未熟だったためだと今でも悔いが残っています。記憶に残るのはうまくいった時よりも失敗の方が多いですね。

研修医同士の意見交換や情報共有はどうされていますか。

すでにご存知だと思いますが、当院には研修医のための部屋があり、そこで担当した患者さんの情報を共有したり、研修内容についての情報交換をすることが多いですね。研修室に行くと誰かいるので活用しています。私の場合は、研修室では本を読んだり勉強するよりも同じ研修医と話していることが多いです。

指導医の先生について、指導方法などはいかがですか。

指導医の先生にもよりますが、基本的に熱心な先生が多いと感じています。研修していない診療科の先生から教えていただくこともあります。話しやすい雰囲気があります。いろいろな先生方の考え方やアドバイスはとても勉強になっています。

当直のスタッフ体制について教えてください。

当直は月に4回です。上級医の先生と2人あるいは3人で担当します。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

チーム医療なので和は大切だと思います。医師だけでなく看護師やその他の専門スタッフとのコミュニケーションは自分なりにとれていると思いますが、これからも大切にしていきたいと考えています。

モーニングカンファランスがあると聞きましたが・・・

毎週火曜日の朝8時から30分間です。症例を提示しながら実際の診断・治療について学べる貴重な機会だと感じています。研修1年目はあらゆることが身についていくので、モーニングカンファランスのような場は大切だと思います。

後期研修についてすでに考えていますか。昭和大学病院以外をお考えですか。

昭和大学病院の医局に入るつもりなので後期研修も昭和大学病院を考えています。勤務医か開業医かというところまで考えていませんが、私が指導を受けたように、私も後輩には何でも相談に乗れるような医師になりたいと思っています。来年は初期研修1年目の先生が入ってくるのでよき先輩になれればと思っています。

最後に、初期臨床研修病院として大学病院を選んで良かったことを教えてください。

昭和大学の卒業生には、当院で研修を受けるよう誘っていますが、他の大学を卒業した研修医にとっても居心地は悪くないと思います。他大学の卒業生という意識はなく同じ病院で働く身内意識が強いので他大学卒業生も疎外感を感じないと思います。研修医同士でも勉強会をやっているし、充実した研修期間になると思います。

お気に入り