初期研修医インタビュー

医療法人 徳洲会

福岡徳洲会病院

福岡県春日市須玖北4丁目5番地

名前 酒井 政彦 先生
出身地 福岡県
出身大学 福岡大学
医師免許取得年度 2017年

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

父が医師で、母が歯科医師という環境で育ったので、小さいときから医師以外の選択肢がなかったし、それ以外の道をあまり考えたことがありませんでした。大学受験の際に医師になる決断をしました。

学生生活ではどんなことが思い出に残っていますか。

部活動はボート部に所属していました。医師に近い上下関係といいますか、体育会系の雰囲気が楽しかったです。部長もさせてもらったので、色々なことが学べたかなと思っています。

大学卒業後、研修先を福岡徳洲会病院に決めた理由をお聞かせください。

出身が福岡で、福岡大学に進んだこともあり、福岡県内の研修病院を視野に入れていました。最終的には福岡大学の医局に入る予定にしていたので、研修の2年間は市中病院へ出ようと思いました。福岡徳洲会病院に決めたのはやはり症例数が多いことと、自分でやれる手技がほかの病院より多いことが理由です。

福岡徳洲会病院に入られて、印象はいかがでしたか。

大学の先輩もいたので、忙しい病院というのは知っていましたし、きついのは分かっていました。ただ、初期研修は2年間と限定されているわけですし、医師としての最初の一歩でもあるため、多少きついことをした方が私にとっていいのかと考えていました。きついことを前提で来ているので、私の目的としては合っているのかなと思っています。手技などを任せていたけることが1年目にしては多いですね。大学の同級生も色々な病院で研修していますが、比べるとやはり症例数や経験値が多いと感じています。

福岡徳洲会病院は救急医療に力を入れている全国有数の病院だと思いますが、救急研修はいかがでしょうか。

当直は全部、救急当直になるので、基本的には常に救急をやっている印象です。私は当院しか知らないので何とも言えないですが、やはり症例数が多く、忙しいです。予想通りというより、期待通りという感じですね。

どのような姿勢で初期研修に取り組んでいらっしゃいますか。

私は将来、内科系ではなく、外科系に行く予定です。ただ、外科志望であっても、内科疾患の患者さんが来たときは救急でできるくらいの対応はできるようになっておきたいと意識しています。

指導医の先生のご指導はいかがでしょうか。

画像の読み方一つから問診のとりかた、診察の仕方など、丁寧に教えていただいています。
鈴木先生はもともと救急と麻酔科の先生なのですが、救急には循環器の専門医をお持ちの先生や外科の専門医をお持ちの先生がいらっしゃるなど、それぞれの先生方の得意ジャンルの良いとこ取りができていると思っています。

福岡徳洲会病院での初期研修で良いところはどんなことでしょう。

10人を超える同期がいて、皆と仲良くなれることです。当直も大学病院だと科の当直になるので一緒に回っていないと会う機会が少ないようですが、当院の場合は救急で一緒に当直を行うので、別々の科をローテートしていても絶対にコミュニケーションが取れます。きついことも一緒にやっているので、結束力が強くなりますし、同期、先輩も含めて良い関係ができています。

この1年間で一番勉強になったと思うことはどのようなことですか。

あくまで救急の中での話になってしまいますが、自分で検査をして、診療方針を立てたときにうまくいって、時間的にもかなり短く、治療としてクリティカルに効いたと体感できたときは勉強した甲斐があります。私の勉強にもなったし、効くということが目に見えて分かるのは良いですね。

何か失敗談はありますか。

検査の順番が難しいと感じています。やはり低侵襲のものから検査をしていくのが基本ですが、それが全てではないし、そこに時間をかけてしまって、結果として患者さんの病態が変わってしまったりするのはよくあることなので、そういったことを判断できるようにならないといけないですね。

カンファレンスの雰囲気はいかがですか。

科によって違いはあります。今は産婦人科を回っていますが、ローテの終わりには珍しい症例や、指導医の先生から指定された内容を発表したりします。内科でも2つ、3つの症例の発表をしています。カンファレンスでは基本的に上の先生につきますが、上の先生が当直明けだったり、救急で対応中だったりすると、患者さんへの説明は自身でやって、治療方針についてもさらに上級医の先生に指示をもらうという形です。

外科の乗富副院長にお話を伺った際、外科ではスケッチにこだわるとのことでしたが、初期研修医の先生方もスケッチをされるのですか。

初期研修医でもスケッチをすることもあります。タイミングが良ければ術者として執刀し、その後のカンファレンスで発表する際にスケッチをを使います。ただそれ以上に後期研修のレジデントの先生は非常によくスケッチされています。また、朝のカンファレンスでも昨日の手術はこうだったとスケッチで説明したり、手術記録上にも記載されているので、退院のサマリーなどを書く際は必ず確認するようになっています。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

研修医が手術に入ることも多いので、手術室にいる看護師さんには名前と手袋のサイズなどを覚えていただいたりしています。病棟でもあまり上の先生がしないような仕事だと、直接こちらに連絡が入ったりするので、コミュニケーションや関わりの機会は多いですね。放射線の技師さんとは当直中に何度も顔を合わせるので、待ち時間に「どんな患者さんですか」とお話ししたり、良い関係が築けています。

今後のご予定をお聞かせください。

初期研修では2年目のローテに入るので、自分で選択した消化器内科を回り、その後は放射線科などを回る予定になっています。ゆくゆくは整形外科に行きたいので、初期研修終了後は大学に戻って、専門医を取りたいと思っています。

ご趣味など、プライベートの過ごし方について教えてください。

休日は基本的に午前中ゆっくり起きて過ごしています。土日などで時間が空いているのであれば、近くの温泉に行くこともあります。平日は研修医の同期や大学時代の同級生と飲みに行くことが多いですね。ほかの病院の話を聞くこともできるので、よく飲みに行っています(笑)。

最後に、初期臨床研修病院を選ぶポイントを医学生に向けてメッセージをお願いします。

先々の展望が決まっている人は自分に有利になる病院で研修するのが一番ですので、ぼんやりとでもビジョンを決めてから選びましょう。私の場合は福岡大学に戻ることは決めていたので、福岡大学から来ている先生が多いことも含めて、当院を選びました。その病院にどんな先生が多いのか、自分が大学に戻るのであれば、その大学の先生が多い病院を選んだ方がもちろんいいです。専門医を取得するにあたり、外科だと初期研修医時代の症例数も使えるので、そういった意味では症例数の多い病院を選ぶと専門医が早く取れます。一方で、将来の専攻が決まっていない人だったら、興味がある科を色々と回れる病院がいいですね。私は病院見学自体には3病院ほど行きましたが、マッチングに出したのは当院だけです。ほかの病院は1回の見学で終わり、当院には2週間の実習も含めて来ました。見学では研修医の先生につくことが多いので、その研修医の先生に色々と聞いてみましょう。また、その研修医の先生がほかの方とどのように話しているのかを見ると、その病院の自然な風景を理解できると思います。

お気に入り