初期研修医インタビュー

社会医療法人社団 木下会

千葉西総合病院

千葉県松戸市金ケ作107-1

名前 小島 華 先生
出身地 新潟県妙高市
出身大学 山形大学
医師免許取得年度 2017年度
名前 安元 勇人(ゆうと) 先生
出身地 東京都江戸川区
出身大学 東京慈恵会医科大学
医師免許取得年度 2017年度

医師を目指したきっかけをお聞かせください。

小島:

小学生の頃から医療ドラマが好きで、「救命病棟24時」などを見ていました。その影響もあり、中学生のときから医師になると言い続けていました。

安元:

高校1年生のとき、祖母が病気で亡くなったんです。入院してから亡くなるまでが早く、無力さを感じたことで、医師を目指そうと思うようになりました。

学生生活ではどんなことが思い出に残っていますか。

小島:

バドミントン部に入って、幹部学年まではかなり頑張っていました。東医体の実行委員を務めたことも思い出です。アルバイトでは塾の講師などをして、充実した学生生活でした。

安元:

私も部活動ですね。医学部と歯学部だけの秋の大会で優勝したことが一番の思い出です。

大学卒業後、研修先を千葉西総合病院に決めた理由をお聞かせください。

小島:

ずっと田舎にいるのは嫌で、初期研修では関東に出たいと思っていました(笑)。松戸市は関東だけど、少し田舎なところが良かったです。当院は忙しい病院であること、手技をさせてくれること、初期研修医の数が多すぎず、少なすぎずであることが私の理想通りでした。

安元:

私は心臓血管外科か循環器内科志望でしたので、循環器に強い病院を探していました。また、救急も含めたオールラウンドな病院で色々な経験を積みたいと考えていました。ただ、三次救急となると初期研修医の範囲を超えてしまうので、二次救急で、かつ患者さんが多い病院をピックアップしました。その中で当院は救急科を回っていないときでも、2年間を通して救急外来の研修があることに惹かれ、当院に決めました。

千葉西総合病院に見学に来られたときの印象はいかがでしたか。

小島:

見学は6年生になってからと決めていました。5年生のときに行っても雰囲気しか分からないし、初期研修医の方々にお会いしても、私が初期研修を始めるときにはいらっしゃらなくなるからです。当院に来たきっかけは1つ上の先輩がいらっしゃったからなのですが、忙しい病院なのに、初期研修医が楽しそうにしていたのが印象的でした。忙しいけれども、楽しそうな病院というのが良かったですね。初期研修医一人あたりの患者さんの数も大学病院だと10人ほどだと聞きますが、当院は20人から30人を担当します。患者さんの数だけ病態がありますので、それも勉強になると思いました。

安元:

私も6年生になってから来ました。救急外来を見学させていただきましたが、初期研修医が仕事をしないと回っていかないのだと実感しました。初期研修医の皆さんが楽しそうでしたし、ここで働いたらきちんとした医師になれるのだろうなと思いました。

千葉西総合病院での初期研修はイメージ通りですか。

小島:

イメージ以上です。手技も好きなだけできますし、何でもさせていただけます。ただし、やる気がないとチャンスはもらえません。頑張れば頑張るほど、努力に応じた研修が可能な病院です。

安元:

今のところイメージ通りですが、忙しさにかまけてしまい、勉強しないといけないことができていないもどかしさがあります。でも充実していますし、当院を選んだことに後悔はないです。

プログラムの自由度はいかがですか。

小島:

選択が6カ月ありますが、まだ決めていません。もともと形成外科志望でしたが、どの科を回っても楽しいので、迷っています(笑)。

安元:

私も選択科目については未定です。

先生方はどのようなローテーションなのですか。

小島:

内科、小児科、循環器内科、麻酔科、消化器内科を回ったところです。

安元:

私は内科、消化器内科、循環器内科、救急、外科ですね。

院外での地域医療研修はどちらでなさるのですか。

小島:

これから決まります。私は宮古島徳洲会病院を希望しています。島に行きたかったのも、当院を志望した理由の一つなので、是非行きたいですね。ずっと北日本にいたので、南に行ける確率は高そうです(笑)。

安元:

私も行けるなら宮古島がいいです(笑)。

どのような姿勢で初期研修に取り組んでいらっしゃいますか。

小島:

病棟の管理をしっかりしつつ、もらえる手技ややれることを全部したいと思っています。3年目からは必要ないことであっても、1、2年目しかできないことを全て経験したいです。

安元:

大学病院でのポリクリで、指導医がしていることを見学しているだけの初期研修医を見たことがあり、違和感がありました。私は道端で倒れている人に何とかできる医師になりたいので、初期研修では自分で考えることを習慣づけています。指導医の先生方も厳しいですが、熱心に教えてくださっているので、それにお応えしたいです。

指導医の先生のご指導はいかがでしょうか。

小島:

教育熱心な先生方が多く、聞けば何でも教えてくださいます。どの科にも熱心な先生がおられ、課題を与えてくださるんです。放置されることもないですし、質問しやすい環境です。

安元:

先生方には質問もしやすく、質問した事に対して+α(アルファー)の答えを返して下さるのでとても勉強になります。

千葉西総合病院での初期研修で良いところはどんなことでしょう。

小島:

患者さんが多く、できることも多いことです。初期研修医でも手技ができたり、任せていただけたりします。臨床研修病院の中には指導医の先生が方針を立てるところもありますが、当院は初期研修医が立て、指導医の先生に確認をいただきます。もちろん間違っていたら教えてくださいます。自分で考えることで、責任感が芽生えます。

安元:

2年間を通して救急外来を経験できることが良いところです。市中病院でないと診られない疾患に出会えます。心臓血管外科で言えば、解離の症例を多く経験できることです。

何か失敗談はありますか。

小島:

手技は全てが初めてですので、失敗の積み重ねです。初めての人にさせる病院がすごいと思います(笑)。勉強して失敗したのなら、怒られることはありません。カバーの体制も整っています。

安元:

救急外来では17時に当直帯の人に代わるので、16時から引き継ぎをします。その際、私が肺炎だと思い込んでいた患者さんが画像検査の結果、心不全があることが分かったことがありました。心不全に気づかなかったのは失敗でしたね。ほかの先生方がカバーしてくださり、大事に至らなくて良かったです。

当直の体制について、お聞かせください。

小島:

月に7、8回あります。2年目2人と1年目2人か、2年目1人と1年目3人という体制で、指導医が1人待機しています。

当直ではどんなことが勉強になっていますか。

小島:

全部です。1年目のときから診ますので、初日は大変でしたね。初日から「はい、どうぞ」なんです(笑)。重症なら指導医が手伝ってくれますが、基本的には一人で診ます。日によりますが、救急車は1日40台、夜間は一人で3、4人の患者さんを診ます。

安元:

初期対応です。多くの患者さんをトリアージして、問診して、瞬時に判断しないといけません。検査データを見ているうちに、一気に急変する患者さんもいらっしゃいます。今は入職したときよりはトリアージの力がついてきたように思います。

カンファレンスの雰囲気はいかがですか。

小島:

消化器内科は毎朝、入院患者さん血液データなどを見て、皆で回診するカンファレンスを行っています。週に1、2回は初期研修医対象の勉強会があり、上の先生が講義されます。必要なテーマでの講義ですので勉強になりますし、勉強会でも質問しやすいです。

安元:

外科は上の先生1人と初期研修医3、4人でのカンファレンスがありますが、楽しいです。患者さんの報告などをショートプレゼンしますが、雰囲気は和やかです。週に1回、手術のカンファレンスがあり、画像を見たり、「術式は」と質問されたりするので、勉強になります。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

小島:

看護師さんは皆さん、優しいですよ。雰囲気も良く、頼みやすいです。

安元:

優しいし、聞きやすい方ばかりですね。

研修医同士のコミュニケーションは活発ですか。

小島:

同期は14人いて、女性は2人だけですが、皆で仲良くしています。何人かで焼肉に行くこともあります(笑)。

安元:

平日は回っている科が違ったり、当直もあるので、なかなか話せないですが、週末は比較的時間があるので、食事に行ったりします。

寮にお住まいですか。

小島:

借り上げマンションに住んでいます。私は車ですぐの場所です。自転車の人や徒歩の人など、皆がばらばらのマンションに住んでいるんです。これはプライバシーを守るための病院の思いやりだそうです。家電の貸出もしてくれます。住居費は10,000円です。

安元:

私は自転車で10分ほどのマンションです。歩こうと思えば歩ける距離ですので、快適です。

今後のご予定をお聞かせください。

小島:

内科か外科かでも迷っている状態です。以前は形成外科を志望していましたが、形成外科は人気なので大学病院でも限りがありますし、今後については未定ですね。手に職をつけられる科にしたいと思っています。

安元:

心臓血管外科を考えています。大学時代のポリクリで手術が面白い、手術したのに1週間後に歩いて帰れるのはすごいと思ったのがきっかけです。当院は症例が豊富ですし、ダ・ヴィンチも1台増えて2台体制になるので、当院で引き続き後期研修をしたい気持ちもありますが、上の先生からはほかの病院を見てからでもいいのではと言っていただいています。また、私は医学生のうちにUSMLEのステップ1を取ることを目標にしており、合格しました。将来の選択肢を広げる意味ではいいチャレンジができました。機会があれば、海外に行ってみたいです。

ご趣味など、プライベートの過ごし方について教えてください。

小島:

趣味はお菓子作りです。オーブンも持っています。母が地元で料理教室をしているのですが、以前は私がスイーツを担当していたんです。アイシングなどのデコレーションが得意です。

安元:

休みの日は漫画を読んだり、録画しておいたバラエティ番組を見たりしています。漫画は「キングダム」がお勧めですので、読んでください(笑)。バラエティ番組は「世界の果てまでイッテQ」が好きで、特に「お祭り男」が気に入っています。

最後に、これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

小島:

どの病院がいいのかは目的によるのではないでしょうか。既に専門科目を決めている人は大学病院でアカデミックな研修をすればいいと思います。しかし、3年目になると、専門に進むわけですから、初期研修は医師としての最低限の力をつけるべく、症例が多く、多彩な患者さんを診られる病院をお勧めします。

安元:

見学では初期研修医の働き方を見てみてください。給料などの制度面は調べれば分かることですし、詳しいことは病院で質問できますので、初期研修医がどのように働いているかを見ることが大事です。マッチングを含めて、医師の就職活動は特殊です。そのため、一般的な就職活動についても調べ、エントリーシートの書き方なども知っておくといいと思います。見学でも最低限のマナーは必要です。カジュアルな私服ではなく、スーツで行きましょう(笑)。

お気に入り