指導医インタビュー

医療法人 沖縄徳洲会

中部徳洲会病院

沖縄県沖縄県中頭郡北中城村字比嘉801番地

名前
仲間 直崇(なかま なおたか)先生
職歴経歴
1977年に熊本県山鹿市に生まれる。
音大進学とも悩んだ挙句、2006年に宮崎大学医学部を一浪三留ののちに卒業する。
2006年に中部徳洲会病院で初期研修を開始する。初期研修終了後3年目に同院の救急総合診療科で徳之島などの離島診療にも従事する中で専門を消化器に定めた。
2009年4月に飯塚病院で消化器内科後期研修を行う。
2012年に聖隷三方原病院消化器内科に勤務する。同院ではドクターヘリドクターや緩和ケア診療も経験し、医師としての大まかな方向性が定まった。
2016年4月に古巣である中部徳洲会病院に帰る。
現在は消化器内科・在宅緩和ケア科としての診療に加え、離島僻地診療にも飛び回る43歳のテノール歌手である。
学会等
日本内科学会認定医など。日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本門脈圧亢低症学会にも所属する。

中部徳洲会病院の特徴をお聞かせください。

人口40万人の医療圏を支える急性期病院です。救急車も頻繁に来ますし、外来も忙しいのですが、大きな特徴は診療科の垣根が低く、相互の相談や科を飛び越えての協力体制ができていることにあります。

仲間先生がいらっしゃる消化器内科についてはいかがですか。

私と専攻医2人のチームなのですが、この3人に加え、外科の先生方にもご協力いただき、年間17000件の内視鏡検査や治療をするハイボリュームセンターです。したがって、専門研修中の2人はもちろんですが、消化器内科に回ってきた初期研修医にも積極的に内視鏡に取り組んでもらっています。私が見ている中ではありますが、我々と並列で検査をする猛者のような初期研修医もいます。1人の初期研修医は手技のマスターが早く、消化器内科にいた最後の2週間で完全に戦力になっていました。私たちの手伝いをするうちに上手になっていくようですね。

中部徳洲会病院の初期研修の特徴もお願いします。

初期研修医が主役になる研修です。救急外来や救急車が来たときにファーストタッチをするのは全て1年目の初期研修医です。2年目の初期研修医は何をするのかというと、当院の特徴はここにあります。一般的な臨床研修病院だと、1年目と2年目の初期研修医は協力しながら、患者さんを割り振りし合って救急外来を診ているのですが、当院では2年目の初期研修医は救急外来や救急車は診ないことを目指しています。1年目がしっかり診て、2年目はそのフォローアップをします。1、2年目の役割が違うことで、1年目は1年目、2年目は2年目の成長が明確に分かります。そして我々スタッフの医師は彼らから1歩、2歩離れて、でも5歩までは離れないように、彼らが助けてと言ったら、3歩走れば着くぐらいの距離で、彼らがしていることを見守る教育方針を持っています。したがって、我々は研修医を研修医とは思っていないし、彼ら自身も自分たちを研修医というよりは経験の浅い医師だと思っているでしょう。研修医と経験の浅い医師の差は大きいです。自分たちでできることは自分たちでするし、上級医を呼んだときにもできないことをしてもらっているのだという感覚が強いようです。悔しさや力の足りなさを一例ごとに実感しながら着実に成長していける研修です。

初期研修の特徴として、ほかにどういったことが挙げられますか。

診療科の垣根が低いので、消化器内科で腹水穿刺やCVなどの手技が生じるときに、消化器内科を回っていない初期研修医にも「やるか」と声をかけることがあります。緊急手術があれば、外科を回っていなくても呼ばれますし、科の垣根を超えた総合研修ができます。

初期研修医の人数はどのくらいですか。

このところフルマッチしており、1年目が10人、2年目が9人です。これ以上の数になると派閥ができたりするし、少ないときつくなるので、初期研修医が肩を寄せ合うにはちょうどいいですね。当院はハードワーク、ハードトレーニングがモットーなので、10人で肩を寄せ合って、一日一日を乗り越えています。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

消化器内科を回ってきてくれた初期研修医には「主治医はあなただ」と言っています。もちろん最終的な責任者は当然、私ですが、「患者さんにとっての主治医はあなたなので、あなたが判断して、どういうふうにするのかを決めたら、私に相談して。そこを決めるまでは自分で」と指導しています。その延長線上で、「一緒に働くからには役に立って」と伝えています。役に立とうと動けば、内視鏡の処置などのできることが次々に増えて、実力がついてくるので、役に立つことを意識させる指導を心がけています。

最近の研修医をご覧になって、どう思われますか。

非常に勉強していますね。彼らは私たちの世代以上に電子媒体への抵抗がないので、情報を得ることに長けています。私たち昭和世代は「上級医から何か言われたら、『はい』か『イエス』のどちらかしかない」と教えられましたが、彼らは何か疑問に感じること、おかしいと感じたことを言ってくれるのが頼もしいし、私としては有り難いです。私もいつも余裕があるわけではないので、うるさいなと思うこともありますが、彼らが言ってくれたことを絶対に無視してはいけないと考えています。それを一つ一つ丁寧に聞き、できることは改善して、当院の研修の成長を目指しています。

「こんな研修医がいた」というエピソードがあれば、お聞かせください。

当院は研修医が主役ではありますが、あるとき初期研修医から「先生、挿管チューブが入りません」という電話がかかってきました。それで私は「挿管しようと思う前に電話すするべきだろう」と怒りましたが、救急外来に行ってみると、2年目の初期研修医が患者さんの呼吸を補助しようと一生懸命バッグを揉んで頑張っていました。患者さんの呼吸状態は最初はしっかりしていたらしいのですが、少しずつ悪くなっていったので、バッグ換気しているうちに上級医を呼ぶことを思いつかなかったようです。それで挿管チューブが入らない、ほかに方法はないかと考えたときに上級医を呼ぶことに思い至ったと聞いたので、本当に怒りました。それだけ目の前にいる患者さんに対して、主治医意識を持って診てくれていたのだと肯定的に捉えたけれども、怒りましたね。しかし、責任を取るのは私です。お蔭様で患者さんも持ち直しました。

研修医に「これだけは言いたい」ということがあれば、お聞かせください。

当院は決して楽な病院ではなく、ハードワーク、ハードトレーニングの病院です。それに関しては変えるつもりはありません。しかし、我々と一緒に戦う気持ちを持っているのなら、私たちと一緒にハードワーク、ハードトレーニングしましょう。その先に得られるものは必ずあります。特に離島・僻地研修では自分の実力不足を実感しますが、我々指導医としては研修医がそういう思いをすることはいいことだと捉えています。そのうえで、患者さんと研修医の安全をどう担保するかが課題です。そこは徳洲会全体でどういうふうに研修医をバックアップしていくのか、グループの組織力を使って改善している真っ最中です。ハードワーク、ハードトレーニングで、研修医に最前線に立ってもらっていますが、研修医は一人ではありません。先生たちが困った、きついと言ったときは必ず一緒に戦います。是非、安心して当院に飛び込んでいただけたらと思っています。

先生が初期研修で中部徳洲会病院を選んだのはどうしてですか。

気の迷いですね(笑)。私は熊本県出身なので、大学時代は熊本に帰る気まんまんで熊本の病院をいくつも見学していました。ところが、どの病院にするのか。決め手がなかったんです。そんなときに福岡であった研修医募集のイベントで沖縄県のブースにたまたま入ったところ、そこでお会いした先生から「一度、見に来たら。沖縄で初期研修をしても、そのあとでどこに出ていくのかは君の自由だ」と言われたんです。そのお話にそれまでとは違う雰囲気を感じ、一度は見学してみようかなと中部徳洲会病院に来ました。そこでは1年目の初期研修医が救急外来にいて、救急車で来た意識障害の患者さんを受け、診察して、CTを撮って、脳出血の診断をつけて、アンギオバッグを見ながらICUに上げるところまで一人でやって、ICUに上がったところで脳神経外科の医師が来て、一緒に処置を始めたところを見たんです。今はそれを正しいことだとは思っていませんが、当時の私はこの病院に来たら、1浪3留の私でもまともな医師になれるのではないかと考え、当院に決めました。

研修医時代はいかがでしたか。

離島研修では自分の実力不足に正面から向き合いました。当院の離島・僻地研修で行く病院は診療所ではなく、総合病院です。診療所よりも総合病院の方が楽だと思われるかもしれませんが、実は逆です。離島や僻地にある徳洲会の総合病院にはCTもMRIも内視鏡も心臓カテーテルもエコーも揃っているんです。脳梗塞かもしれない患者さんにCTやMRIもすぐに撮れます。心筋梗塞の患者さんに心臓カテーテルをすることもできるんです。初期研修医にはもちろんそこまで求められません。しかし、何ができるのかということをスタートの段階で判断しなくてはいけません。初期研修医はこの経験をすべきだということで、当院の初期研修は今も離島・僻地研修が必修になっています。

先生が消化器内科を専攻されたのはどうしてですか。

初期研修を終え、卒後3年目で救急総合診療科に行ったので、私自身は総合診療で生きていくのだと思っていました。ところが離島研修先で消化管出血症例が来たのです。私は少し内視鏡を触っていたので、それなりに天狗になっており、自分で何とかできると対応したのですが、何ともなりませんでした。大量出血でしたが、離島なので輸血もなく、職員さんたちの生血を使って輸血をしながら、心肺蘇生を繰り返して蘇生を試みました。そして心臓マッサージをしている途中に、ご家族から腕をつかまれ、「先生、もう止めてください」と言われたんです。内視鏡医としての実力不足を痛感した症例でしたね。その翌日にたまたま飯塚病院の先生から電話があり、この症例で悔しかったという話をしていたら、「飯塚に来い」と言われたので、飯塚病院に行きました。消化器内科を選んだというよりは内視鏡を学びたい思いで飯塚病院に行ったのですが、先生方によくしていただき、本当に勉強になりました。行ってすぐに「吐血の場合は仲間にファーストコールをお願いします」と救急外来に貼り紙をし、全ての緊急内視鏡に呼んでいただけるようにしました。飯塚病院には3年間いましたが、内視鏡診療以上の経験を積ませていただきました。

現在の臨床研修制度についてのご意見をお願いします。

当院の場合は2年間の初期研修は離島・僻地研修に向けた研修だというところがあります。離島や僻地に行ったときのために救急外来などでの研修があるのだと、一本の筋が通っているんですね。そういうベースの上に内科、外科、麻酔科、救急科といったローテーションで肉づけをするという意味で、我々はこのスーパーローテート制度を高く評価しています。徳洲会全体が臨床研修制度の必修化前からこうしたスーパーローテートに取り組んでいましたので、細かい変更点はあっても、大枠では良い制度だと考えています。

これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

初期研修医が主役の病院です。初期研修医の皆さんには本当に最前線に立ってもらいます。ただし、絶対に一人にはしません。我々指導医と一緒にするけれども、最前線に立つのはあなたです。目の前の患者さんを一例一例大切にしながら、一緒に過ごしていけたらと思っています。是非、当院に見学にいらしてください。