指導医インタビュー

独立行政法人 国立病院機構

関門医療センター

山口県下関市長府外浦町1-1

名前
吉野 茂文 先生
職歴経歴
昭和55年 3月 山口県立山口高等学校卒業
昭和61年 3月 山口大学医学部卒業
昭和61年 4月 山口大学第2外科大学院入学
平成 3年 4月 学位取得
平成 3年 5月 市立八幡浜総合病院 外科 (愛媛県)
平成 6年 10月 大島東部病院 外科    (山口県大島郡)
平成 9年 4月 山口大学第2外科 助手
平成15年 4月 山口大学第2外科 講師
平成18年 4月 山口大学大学院医学系研究科 消化器・腫瘍外科学 講師
平成18年 10月 山口大学医学部附属病院 腫瘍センター 副センター長(兼任)
平成20年 3月 Johns Hopkins Singapore において Medical Oncologyの短期研修
平成21年 8月 山口大学医学部附属病院 腫瘍センター 准教授
平成23年 3月 Moffitt Cancer Center (USA) においてSurgical Oncologyの短期研修
平成25年 4月 山口大学医学部附属病院 外来腫瘍治療部 部門長(兼任)
令和 2年 4月 独立行政法人 国立病院機構 関門医療センター 研修部長・外科医長
学会等
日本外科学会     専門医・指導医
日本消化器外科学会  専門医・指導医
日本内視鏡外科学会  技術認定医
           da Vinci Console surgeon 資格
日本臨床腫瘍学会   がん薬物療法専門医・指導医
日本食道学会     食道科認定医・食道外科専門医
がん治療認定医機構  がん治療認定医・暫定教育医
日本緩和医療学会   PEACE緩和ケア指導者研修会修了(第14回)
国立がん研究センター がん化学療法指導者養成研修修了(第1回)
International Society of Geriatric Oncology Advanced Course 修了

下関医療センターの病院としての特徴をお聞かせください。

当院は病床数400床、34の診療科を擁する総合病院で、医師数は約80名、職員数は約750名在籍しています。前身は陸軍病院で、1891年に開設されました。1945年に厚生省に移管され国立下関病院となり、2004年の独立行政法人化を機に、現在の「関門医療センター」になりました。そして2009年4月に、現所在地に新設移転して築11年なので非常に綺麗で新しい病院です。
実はこの病院は水族館と遊園地があった跡地の広大な土地に建っており、広々とした駐車場があります。建物もシンプルな形のワンボックス型なのでで、水平方向も垂直方向にも病院内の導線がすごく良くて機能的です。また、建物は地上7階建ての免震構造で、大型ヘリポートも付設して災害拠点病院としても万全の体制をとっています。
建て増し建て増しの病院だと構造が複雑になっていくと思うんですけど、うちは非常にわかりやすいです。病棟なんかは端から端まで真っ直ぐな幅広い廊下があって気持ち良いですよ。
それともう一つ。窓が大きいんです。採光がすごく良くて、院内全体が明るい印象ですね。私も最初来た頃、とても明るい病院だなと思っていました。患者さんにとっても精神的に良いと思います。海側の病室は全て個室になっていてすごく眺めが良いですね。綺麗な海はもちろん、関門海峡を行き交う大型の船舶や、朝日を浴びて波間にただよう小舟等、印象派の絵のような美しい風景が流れています。患者さんもここで働く職員もすごく心が癒やされると思います。このロケーションに憧れてくる研修医もいて、オーシャンビューというのも売りのひとつにしています(笑)。
あとは研修医の宿舎が近いというのも売りです。敷地内にあって、しかもERの部屋から50mくらいの所に有る。ほんとにすぐです。ダッシュしたら1分もかからないくらいです(笑)。当直もみんな宿舎で待機できるんですよね。ピッチも届きます。当直をしていても心安らぐというか、気持ちが落ち着く感じですね。自分の部屋でくつろぎながら当直体制を取れるというのもなかなか他の病院ではできないと思います。医局からERに行くよりも研修医の宿舎からERに行くほうが近いですね(笑)。
あとは救急・総合診療を一つの目玉にしているのも特徴です。研修医としては非常に研修しやすいというか、研修医が一番やりたい救急・総合診療が一番充実しています。
また、急患を断らないというのもモットーです。

下関医療センターの初期研修の特徴をお聞かせください。

関門医療センターは救急車が年間約3200台くらい。ウォークインが5000人~6000人きます。併せて1万弱の患者さん全てに研修医がファーストタッチを行います。
また救急医療と総合診療(ウォークイン)のファーストタッチを行う場所が一つの部屋の中にあり、救急患者とウォークインの患者を機能的に分け隔てなく診察することができる点が一つの特徴です。研修医は一つの部屋にいれば両方診ることができる環境になっていて、プログラムとしても救急と総診は融合した形で一緒に組まれています。多分救急と総合診療の部屋が離れている病院が多いんじゃないでしょうか。
基本的には重症の場合は救急車、軽症の場合は自家用車等で来院されます。ただ、軽症でも救急車で来る人もいますし、逆に我慢強い人は重症でも自家用車等で来る人もいます。実際、救急と総合診療(ウォークイン)ってあんまり境目がないんですね。その初診を一つの部屋で診られるのは非常に機能的に優れておりまた良い研修の場になるんです。
ただ、全ての急患を研修医がファーストタッチすると言っても研修医にやらせっぱなしにするのではなく、救急医療と総合診療が行える上級医が常にバックアップとして控えているので、研修医が安心して研修できるようにしています。
今年度のEPOC2から一般外来が4週間必修になりましたが、当院では一般外来は当院の売りである救急・総診が合体した部屋で研修することが出来ます。EPOC2では研修医が主体性をもって一般外来に対応する様に明記されているのですが、そういう意味でも関門医療センターは既に全てのウォークイン患者を研修医がファーストタッチしてきましたから、一般外来自体非常にやりやすいようになっています。私もこれはいいな。自慢できるなと思っています。

現在、初期研修医は何人いらっしゃいますか。(男女比なども含めて)

1年目の研修医が13人で、うち男性が6人、女性が7人です。2年目の研修医も13人でこちらは男性10人、女性3人ですね。総勢26名の研修医がいます。
多くの大学から研修医が集まっていますが、研修医の結束力も強いです。また研修医が自分で相手を指名するメンター制度があり、これまでにドロップアウトした研修医はいません。
 また、研修医同士で相談しながら研修できるように救急・総合診療の部屋には広いスペースもとってあります。研修医が我が物顔で振る舞える空間があって逆に指導医が入りづらい雰囲気もあります(笑)。中学校とか高校とかの教室みたいなもんですよ(笑)。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」をモットーにしていて、まずはやって見せる。何事も最初はやってみなせいと分からないですよね。いきなりやらせるというのは難しいので、最初はなるべく分かり易く説明して、それからやらせるようにしています。

最近の初期研修医をご覧になって、どう思われますか。

いい子が多いですよね。みんな礼儀正しくて、いわゆる好青年。医学生もそうですが、あんまり尖った人は見ないですね。以前は全体の2割くらいは・・・(笑)。今の研修医はいわゆる世間で言う良い若者ですね。またプレゼン能力が非常に高く、これは高校、大学での教育の賜物です。
従って指導するときも非常にやりやすいです。ただまあマイペースな研修医も時にはいて。あんまりガツガツしてなくて。でもそれはそういう時代なのかなと思います。

先生はどのような初期研修医時代を過ごされましたか。

30年以上前ですから、研修プログラムも何もなかったですね。一応最初の1年のみ指導医について外科や医学全般を学びましたが、手取り足取り教えてくれるわけではなくて、とにかく見て覚えろという教育を受けました。
また今のようにネットが普及している時代でもなかったので、医局での雑談で先輩や同級生、後輩からも情報を集めました。いわゆる「同じ釜の飯を食って、耳学問で知識を得る」です。
 ただ、いつもどのようにしたら手術が上手くできるかを考えていましたので、3年目には自分でプランして大腸癌の手術ができるようになりました。今の研修医をみていると、しっかりと教育の体制が整っていて羨ましい限りです。

先生が現在の科を選ばれた理由はなんですか。

学生の病棟実習で、手術見学したときに外科に興味を持ちました。私は消化器外科医ですけれども、特に腹部の手術は見ていて楽しかったです。後、内科のややこしい診断学は性に合わなかったです。心電図を読むか、手術をするかと言われたら、圧倒的に手術を選びます。

期研修医に「これだけは言いたい」ということがあれば、お聞かせください。

経験が一番大事ですから、積極的に多くの経験をする事ですね。経験に優る知識なし。それと、一例一例必ずフィードバックを行い、得た経験を無駄にしないように。
一例一例を大切にしてフィードバックを行い、考察していくことで、2年経てば自分の頭の中に莫大な知識量が入っていて、自分だけの教科書が出来上がります。逆に一例一例をおろそかにしてしまうと何も残らない。ただし、あまりにも忙しくて忙しさに忙殺されてしまうのはいけないと思います。適度に症例数があって、適度にゆっくりできる時間が有るのは大事。そういった意味では関門医療センターは丁度いいのかなと思います。

現在の臨床研修制度はいかがですか。

これだけきっちり指導医が考えて、学習環境を整えた上で研修医のことを思ってプログラムを作っているので本当に羨ましい限りです。

指導されている研修医にどのような医師になってほしいと思いますか。

とにかく、患者さんから信頼される医師になってほしいです。そのためにはハートも大事なんですけども、技術も大事なんですよね。
やっぱりある程度技術がないと患者さんを苦しめることになる。だから私は、技術の習得というのは一番の優しさにつながると思います。すごく優しい医者でも針をさすのを4~5回失敗されると、患者さんにとっては嫌ですよね。逆に何も喋らない一見冷淡に見える医者でも、一発で成功すればそっちのほうが患者さんにとってはよっぽど嬉しいのかもしれません。なので、人間性というのももちろん大切ですが、技術の習得はおろそかにしてはいけません。
あとは疑問を持ち、探求する精神を持ち続けること。研究というのも大事だと思います。
新しい疾患というのはどんどん生まれてきます。それを見過ごしてしまうと医学は進歩しないし新しい疾患なのかどうかもわからないんです。いろんな医学的所見の積み重ねから新しい疾患というのがわかってきます。それは探究心をもっている医者がいるからこそ新しい疾患が見つかって、新しい治療法が出てきます。単純な臨床医でいいというのはだめなんです。研究というのも実は大事なんです。

これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

目先のことを考えずに、自分にあった研修病院を探してほしいと思います。ただ、地域や地元に貢献することも選択肢の一つに入れて、都会に一極集中せずに考えてほしいなと思います。世界的な研究は地方でももちろんできます。 
関門医療センターはどのような学生でも受け入れ可能です。出身大学も問いません。なかでも総診、救急に重点を置いて研修したい学生にはお勧めです。当院での研修はみなさんを満足させること間違いありません。周防灘、玄界灘、豊後水道から集まるおいしい魚も待っています。恵まれた環境で多くの仲間と一緒に研鑽を積みましょう。