指導医インタビュー

八雲総合病院

北海道二海郡八雲町東雲町50番地

名前
下出 和美(シモデ カズミ)指導医
職歴経歴
大阪市出身。
1997年に北海道大学を卒業する。
学会等
人工関節センター長・整形外科部長
プログラム責任者

八雲総合病院の特徴をお聞かせください。

医師の人数は少ないのですが、精神科、小児科、産婦人科を含めた、ほとんどの科目が揃っているので、ほかの病院に行くことなく、研修ができます。救急の特徴として、二次救急病院ですが、三次救急もある程度、受け入れています。ICUがないので、状況によっては函館や札幌の病院に転送しています。地理的には八雲町は札幌まで特急で2時間半ほどかかる場所です。大きい病院が当院を含めて2つ存在し、航空自衛隊の基地もあり、人口はおよそ1万7千人で、農業と漁業をされている方が多い地域です。

下出先生がいらっしゃる整形外科の特徴をお聞かせください。

八雲総合病院は常勤医師が20人程なのですが、整形外科には3人おり、院長、横田先生、私で回しております。私は人工関節センターのセンター長をさせていただいており、院長は膝専門で、横田先生は日本ハムファイターズのチームドクターをしており、スポーツ医学に精通しています。下肢を専門とした医師が3人もいますので、非常に充実したチームだと思います。年間の手術件数は全体で言えば330件ほど、うち人工関節の手術は70件ほどですね。この規模の病院にしては多い方だと思います。

八雲総合病院の初期研修の特徴もお願いします。

今後は制度が変わりますが、2年目になりますと、地域医療を1カ月以上、自由に組むことができます。ほかにも、期間の上限はありますが、コモンディジーズを中心にした一般症例は当院で、専門的な症例は北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学などの大学病院で研修することも可能です。一人一人に合ったプログラムを考え、なるべく希望に沿った研修ができるようにしています。研修医の数が1学年2人ずつということもあり、基本的にはマンツーマンで指導します。手技的なことは、希望すればなるべくさせてあげられるよう、各科には伝えています。特に外科、整形外科を中心に、手技を経験することができます。

初期研修医の人数はどのくらいですか。

初期研修医の人数は基本的には各学年2人ずつですが、旭川医科大学の心臓血管外科の教授が大学の同級生という縁もあり、そこからたすきがけでの研修医が研修を受けています。また、北海道大学・鹿児島大学から「地域医療」研修を受けております。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

あまり負担にならないようにしています。そこまで忙しい病院ではないですし、研修医の立場になって考えることが重要だと考えていますので、「辛かったら、しなくていいよ」といったスタンスを心掛けています。

最近の研修医をご覧になって、どう思われますか。

やる気がある人とない人の格差が激しいですね。やる気のある人には積極的に経験させますし、ない人にはしたくないことは必要以上にさせないようにしています。これも個性の一つなので、一人一人に合った研修をさせてあげられるように工夫しています。もちろん報酬も変わってきますけどね(笑)。

「こんな研修医がいた」というエピソードがあれば、お聞かせください。

外科の専門医を取るためには執刀を相当数こなすというノルマがあるのですが、そのノルマをこなすために当院に来てくれている、たすきがけの研修医ですね。1年目からどんどん執刀していますし、本当にやる気に満ち溢れています。ほとんど毎日病院で寝泊まりしているような人なのですが、無理しないようにしてほしいです(笑)。

研修医に「これだけは言いたい」ということがあれば、お聞かせください。

自由にしていただけたらいいと思いますが、時間だけは守りましょう。無断で休んだりはしないようにお願いします。前例があったわけではないのですが、こちらも心配してしまいます(笑)。

下出先生の研修医時代はどのようにお過ごしでしたか。

大学病院だったので、基本的には毎朝7時ごろに出勤して、夜の10時、11時くらいまで拘束されていました(笑)。そのうえでアルバイトもしていたので、かなり忙しい日々を送っていました。私はすぐ整形外科に入局したので、今のように様々な科をローテートできるのは非常に良いと思いますね。

現在の臨床研修制度についてのご意見をお願いします。

進路が決まっている人に必要のない科を回らせるのは個人的には可哀想かなと思いますね。「全員が何でもできるように」というのはまだまだ厳しいので、さらに改善できたらと考えています。新専門医制度に関しては、若い先生からすると大変ですよね。私たちは随分昔に取得しているので更新だけでいいのですが、これから取得するとなると難しくなっていくでしょう。

これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

「都会もいいですが、田舎も負けてませんよ」ということを伝えたいですね。都会だと研修医の数が多いので、なかなか症例が取れないといったことも耳にしますし、田舎でゆっくり指導を受けるのも悪くないと私は思いますよ。

八雲総合病院のPRをお願いします。

八雲総合病院は小さい病院ですが、全ての科が揃っていますし、院内も新築して、とても綺麗です。仕事も忙しくなく、給料も悪くないので、2年間勉強するのにとても良い病院です。

お気に入り