指導医インタビュー

武蔵野赤十字病院

東京都武蔵野市境南町1-26-1

名前
長田薫 武蔵野赤十字病院 総合診療科部長 臨床研修部長 指導医
職歴経歴
1955年に東京都田無市(現 西東京市)で生まれる。1983年に旭川医科大学を卒業後、東京医科歯科大学旧第一内科に入局し、東京医科歯科大学医学部附属病院、武蔵野赤十字病院で研修を行う。1984年に武蔵野赤十字病院血液内科に勤務する。東京都立駒込病院での勤務、東京医科歯科大学医学部附属病院での研究生活を経て、1989年に東京逓信病院血液内科に勤務する。1990年に武蔵野赤十字病院血液内科に勤務する。1997年に武蔵野赤十字病院でエイズ診療に携わる。2000年に武蔵野赤十字病院で輸血部の立ち上げを行う。2006年に武蔵野赤十字病院総合診療科部長に就任する。2007年に武蔵野赤十字病院臨床研修部長を兼任する。
学会等
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医、日本プライマリケア連合学会認定医、日本病院総合診療医学会認定医、日本病院総合診療医学会評議員、日本輸血細胞治療学会会員、日本医学教育学会会員、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、東京医科歯科大学臨床教授など。

武蔵野赤十字病院の特徴をお聞かせください。

赤十字ブランドを支持してくださる患者さんに支えられ、昔から地域の病院として、地域医療に貢献してきました。特に内科が充実し、内科医だけで70人以上います。各専門医の認定施設になっていますし、肝疾患診療連携拠点病院にも認定されています。これは全国的には各県の大学病院が認定されていますが、東京都では当院と虎ノ門病院だけです。このほか、多くの分野で拠点病院になっています。病床数の割に医師が多い病院で、全国から医師が勉強に来ています。部長クラスの医師に出戻りが多いのは、仕事がしやすい病院だからでしょう。初期研修後に病理科に進む人が多いのも、市中病院では珍しいことですし、自慢です(笑)。採用にあたっては色々な思いを持った人に来ていただきたいと考えています。

ほかの特徴として、何か挙げられますか。

医療事故対策にはかなり以前から力を入れています。 航空業界のインシデントレポートシステムを早くから取り入れ、原子力安全推進室やゼネコンの安全室など企業のリスクマネジメントに携わる方々と定期的に勉強会を開いたりしました。信州の佐久総合病院や福岡の麻生飯塚病院をはじめ、同じ志を持つ医療関係者を集めてNDP;national demonstration project を形成し、定期的に早稲田大学理工学部の研究室とともに医療安全の推進を図りました。そのことが現在の医療安全学会の礎になっていると思いますし、現在、自治医科大学で医療安全で活躍されている河野龍太郎先生もNDPの当初から一緒に活動し、色々と教えていただきました。

長田先生がいらっしゃる総合診療科についてはいかがですか。

総合診療科は2007年に内科の後期研修医を鍛えるために作られた診療科です。2004年に現在の初期臨床研修制度が始まり、初期研修医がスーパーローテートを行うようになりました。しかし、新しい臨床研修制度ではローテートする診療科が多岐に亘るため、初期研修を終えたばかりの後期研修医は内科医としてのトレーニングが明らかに不足していました。しかし、臓器別内科系専門診療科では、専門外のトレーニングをすることが不可能でした。多数の併発症を有する患者に対応するために、総合診療科が必要だったのです。総合診療科の位置づけはそれぞれの医療施設で異なります。当院の総合診療科は振り分け型ではなく、緊急入院から退院までを診療する自己完結型の総合診療科です。高齢者が多くなり、複数の疾患を持っている患者さんも少なくありませんから、ほかの診療科や救急外来と協力しながら、診療にあたっています。近隣の総合病院から多数の併発症があり、該当する診療科がないとの理由で、患者さんが紹介されてくることもあります。

武蔵野赤十字病院総合診療科の後期研修プログラムで学べる特徴について、ご紹介くださいますか。

新専門医制度が今年4月から始まる予定でしたが、延期となりました。当院の総合診療科は内科系専攻医の教育を担当する診療科であり、全員、半年間の研修が必修です。新専門医制度で必須とされている69疾患200症例のうち、40ぐらいを当科で経験できます。今、後期研修1年目の医師が4人いますが、よく働いていますよ。その中の浅沼先生は実家が整形外科医院なのですが、整形外科には内科の患者さんも来るからということで、当科で内科を中心に勉強しつつ、足や腰の悪い患者さんも診ています。もともと当院は「見守り型」の放任主義で、研修医が自分たちで伸びてきたんです。感染症については丁寧に教育しますが、それ以外は自由にやらせて、我々がそれを見守るというスタンスですね。学年によってカラーが違いますし、我々が「武蔵野流」を押し付けないようにしています。そのため、しっかり教わりたいと思っている人には物足りないでしょう。でも座学で教えられるよりも自分でやると伸びるんですよ。放任していても伸びるタイプが集まっている病院とも言えますね。

武蔵野赤十字病院総合診療科での後期研修で、どのようなキャリアアップが望めますか。

総合診療科での半年で必要な症例の大部分を研修できてしまいますので、自分の行きたい科の研修を比較的、早く始めることができるメリットがあります。早く専門に行きたい人にも、一般内科を長く研修したい人にもどちらにもいいシステムになっています。当科だけで年間3600台の救急車が来ますので、救急の力もかなりつきますから、様々なキャリアアップが可能です。

カンファレンスについて、お聞かせください。

前日の夜に入院した患者さんを引き継ぐため、毎朝、新患カンファレンスを行っています。当直しない耳鼻咽喉科や泌尿器科、皮膚科の患者さんも当科で診ますし、ほかの科に通院中でも、その科の臓器が安定していて、かつ発熱などがあれば当科で診ますし、対象は妊産婦と小児以外ですから、バラエティに富んでいます。夕方はチームごとのカンファレンスです。1チーム5人体制で、それぞれでカンファレンスをしています。週に1回は全体でのカンファレンスがあります。2週に1回は救急救命科との合同カンファレンスを行っています。

救急救命科とはどのようなカンファレンスをするのですか。

二次救急の患者さんでも最重症例になると救急と一緒に診ますし、救急から他院に送ることができない患者さんは当科で診ますので、そういった症例についてのカンファレンスです。救急との距離が近く、仲が良いことも当科の特徴ですね。最近はER方式の病院が多いですが、それだと救急の医師は初療だけで、数時間後には担当科の医師が一人で診ないといけません。流れはスムーズですが、医療の質は落ちるんですね。当院は24時間体制でずっと診るというクラシカルな医療を行っており、救急隊員もそれを知っているので、年間1000例もの最重症例が送られてきます。皆で診る体制ができていますから、救急医もきちんと休めています。救急医が疲れていたら、いい判断に繋がりません。手当もしっかりつくので、院長よりも高い給料の医師もいます(笑)。

女性医師の働きやすさに関してはいかがでしょうか。

当院は外科や脳神経外科にも女性医師がいますし、復帰支援プロジェクトも充実しています。外来勤務のみという働き方もできますよ。院内保育所は夜間まで開いていますので、看護師も申し送りがしやすくなったと言っています。

先生が総合診療科を専攻されたのはどうしてですか。

私は血液内科にいたのですが、2007年の総合診療科の立ち上げとともに移ってきたのです。これは当時の三宅祥三院長の先見の明ですね。2005、2006年頃は当院も大学病院のような高度医療を目指しており、高齢者は高度医療の対象外だと捉えていたんです。しかし、三宅院長は高齢者が増えていく中で、高齢者医療は絶対に必要だと考えておられました。例えば循環器、腎臓、肝臓が悪い患者さんが来院されたときに、「あなたの心臓は入院するほど悪くない」とか、「腎臓も悪いわけではない」などとたらい回しにされるようなことを避けたいですし、そうした専門診療の間にいる患者さんを救える科でありたいということですね。そこで、当時の血液内科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、感染症科のナンバー2の医師を集めました。この世代にとっては総合診療科の存在は珍しいですから、私も楽しかったですね。専門領域の部長になれる人は大勢いますが、総合診療科は様々な科との連携が必須ですから、総合診療科のトップになれる人材はなかなかいません。
 総合診療科の開設は若手医師にもう一度、内科全般を教育するという意味もありました。今の臨床研修制度はあまりにも範囲が広いため、内科のトレーニングが少ないまま、専門科に入ってしまいます。それで、総合診療科で卒後3年目の医師を育てることになりました。2007、2008年は後期研修医のみに教育していたのですが、それではもったいないので、初期研修医の教育も行うことになったのです。

先生の研修医時代はいかがでしたか。

昭和でしたね(笑)。色々なことをさせていただきました。当時は患者さんの権利が強くない時代でしたので、医療がしやすかったですね。当院に来たときは看護師さんの優しさに驚きました(笑)。

研修医に指導する際、心がけていらっしゃることはどんなことでしょうか。

後期研修医にはそれぞれやりたい領域がありますので、そのモチベーションを失わせないように、指導しています。杉田先生は神経内科から総合診療科に来ていますが、カンファレンスで「神経内科医、どうだ」と聞くと、一生懸命に答えていますよ。後期研修の頃はどうしても仕事をしたい時期なのに、雑用を押し付けられる時期でもあります。雑用ばかりでは嫌になりますから、興味のあることができ、その興味を伸ばしてあげられるようにサポートしています。自主性を重んじる一方で、後期研修医が突っ走ることがないようにブレーキもかけています(笑)。

研修医に対し、「これだけは言いたい」ということはどんなことでしょうか。

最近は以前のように上から言われたところで働くという人は減り、自分のキャリアプランを持っている若者が多いと感じています。しかし、どの専門領域に行っても、基本がしっかりしていないと伸びません。好きなところを深く、それ以外を浅くという考え方もありますが、各臓器を含めて基本をきちんと学びましょう。半年は内科の基本を学んでほしいですね。そのうえで、自分の好きな部門、強みのある専門領域を持った方がいいです。また、初期研修医を指導することで、学ぶ機会が増えます。専門科であれば一番下の存在ですが、総合診療科には初期研修医が来ますから、後期研修医は必ず初期研修医を連れています。教えることで、知識が身につくのがいいことですね。

現在の臨床研修制度について、感想をお聞かせください。

2年では短いです。2年目は1年目を教えますので、秋に力が伸びるんです。しかし、今はその時期に就職活動をしなくてはいけません。当院では「もう1年残って、総合診療科で研修しなさい」と言っています。そういうキャリアを辿った医師たちは今、大学病院にいますが、相当に活躍していますよ。後期研修後は同じところに延々といないで、様々な医療機関を経験する方がいいですね。当科には整形外科と内科を両方やりたい、泌尿器科や病理科に行く前に内科をやりたいといった後期研修医がいます。医師数が多いので、そういう対応もできますし、国公立の病院のように所属を明確にしないといけないということもないので、ファジーさが魅力となっていますが、新専門医制度開始後はどうなるか分からないですね。

これから後期研修の病院を選ぶ初期研修医にメッセージをお願いします。

若い医師が新専門医制度に振り回されてしまっているのはかわいそうです。新専門医制度が医師の偏在を正すことと一緒になってしまったのが問題ですね。当院には全国から良いキャラクターの若者が集まっています。勉強会の機会が豊富で、後期研修1年目の医師が発表することもあります。ビッグネームの医師の講演会も開催しています。後期研修では自分のやりたいことを学ぶ前に、内科の基礎をしっかり固めましょう。最初の1年は内科に集中して、徹底して勉強してください。当院は後期研修2年目の半年間は調布東山病院や桜町病院での研修を必修としています。大きい病院だと急性期の患者さんしか診ませんから、そうした病院で急性期を過ぎた患者さんがどういう経過を辿るのかを診るのです。したがって、当院は慢性期についても深く学べる病院です。

お気に入り