指導医インタビュー

国家公務員共済組合連合会

横須賀共済病院

神奈川県横須賀市米が浜通1-16

名前
舛井秀宣 横須賀共済病院消化器病センター長、外科部長、指導医
職歴経歴
1960年に茨城県那珂郡東海村で生まれる。1987年に横浜市立大学を卒業後、横浜市立大学第二外科に入局し、藤沢市民病院、横浜市立大学附属病院で研修を行う。1990年に横浜市立大学第二外科特別職診療医となる。1992年に横浜市立大学第二外科助手に就任する。1993年にUCLA肝移植外科に留学し、肝移植プログラムを専攻する。1994年に横浜市立大学第二外科に助手として帰任する。1997年に横須賀共済病院外科医長に就任する。2001年に横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター消化器病センター助手に就任する。2002年に横浜市立大学第二外科助手に就任を経て、講師に就任する。2003年に横須賀共済病院に外科医長として着任する。2008年に横須賀共済病院消化器病センター長、外科部長に就任する。
学会等
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会評議員、日本肝胆膵外科学会高度技術認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、Microwave Surgery研究会評議員、緩和ケア研修会修了、臨床研修指導医講習会修了など。

横須賀共済病院の特徴をお聞かせください。

三浦半島の入口である横須賀市は大きな田舎町といった趣がありますが、当院はその横須賀市内で最大級の病院です。横須賀市のみならず、三浦半島全域から患者さんがいらっしゃいます。夜間救急も断らない方針なので、救急車の数もすごいですよ。夜は全科当直ではありませんが、内科、外科、整形外科、産婦人科などがオンコール体制で対応しています。精神科病棟も開設しているのが珍しい特徴ですね。高齢社会ゆえに認知症の患者さんも増加しています。

横須賀共済病院の消化器病センターの特徴もお聞かせください。

消化器内科の医師が14、15人、外科医は院長を外しても16人いますので、かなりの大所帯です。早期の胃がんや大腸がんでしたら、内科医による内視鏡治療で終わりますし、内視鏡治療だけでは根治できないとなると、外科医による手術となります。内科、外科にとらわれず、患者さんにとって、一番いい治療を提供しようと努めています。肝胆膵に関しては内科が肝炎や慢性の肝硬変を診ているうちに発見された疾患を外科と共同で診ることもありますね。様々なカンファレンスも行っており、病理カンファレンスには開業医の先生方もいらっしゃいます。

横須賀共済病院の消化器病センターの後期研修プログラムで学べる特徴について、ご紹介くださいますか。

外科は年間の手術数が1500件となっています。外科医は16人いますが、主に若い医師が執刀しますから、手術症例をトレーニングできるチャンスが豊富です。手術後の患者さんも診ますので、後期研修医は忙しくしていますよ。3年間の後期研修プログラムとなっており、2017年度は6人が在籍します。横浜市立大学の消化器・腫瘍外科からの人が多いですが、東京医科歯科大学の心臓血管外科や横浜市立大学の救急医学、藤田保健衛生大学の外科など、色々なところから集まっています。

手術症例はがんが多いのですか。

最近は胃がんが減ってきましたが、大腸がんが増えています。当院では若手医師に積極的に手術を担当させています。外科医になりたいというのは手術をしたいということなんです。でも、大学病院では若手医師はなかなかチャンスをもらえませんので、手術ができる当院が人気なのではないでしょうか。

横須賀共済病院消化器病センターでの後期研修で、どのようなキャリアアップが望めますか。

初期研修と後期研修の5年間の研修では一人前の医師になれたとは言えません。継続的にトレーニングを積む必要がありますし、そのためにはどこかの組織に所属しておいた方がいいんですね。当院での後期研修後はどこかに所属して、身分保障されるように配慮しています。これまで半分以上の人が横浜市立大学の消化器・腫瘍外科に入局しましたが、実家のある地域に戻った人、東京医科歯科大学に入局した人、救急を学びに行った人などがいます。留学したい人は一旦は大学の医局に入りますね。また、大学院に進学し、研究と並行して、関連病院でトレーニングを積む人もいました。

カンファレンスについて、お聞かせください。

第一水曜日に内科、外科、病理科、放射線科、開業医の先生方でのカンファレンスを行っているほか、3カ月に1回は病院外での勉強会があります。外科だけのカンファレンスは毎週火曜日の朝7時30分から、前回の手術の検討を行うものと、毎週火曜日の夜6時から9時まで、次の手術の方針を決めるものがあります。皆でディスカッションしますので、後期研修医の勉強になっているようです。

女性医師の働きやすさに関してはいかがでしょうか。

外科には女性医師はこれまで4人在籍し、今は1人います。出産後に外科医を続けている人もいましたよ。結婚や出産があってもトレーニングを続けられるようなプログラムを組んでいます。最近は産婦人科でも腹腔鏡手術が増えてきましたが、腹腔鏡は力仕事がいらないので、女性に向いています。もちろん、女性にだけ向いているということはなく、男性も頑張ってほしいです(笑)。当院は保育室もありますし、女性医師の働きやすさは整っていると思います。

先生が消化器外科を専攻されたのはどうしてですか。

高校時代は心理学の本をよく読んでいたので、医学部に入った頃は精神科に憧れていたんです。でも、実習で外科に行ったら、外科だと思いました。手術を見ることが面白かったですし、手術をしたかったので、消化器外科を選びました。

先生の研修医時代はいかがでしたか。

今では信じられないことですが、当時は国家試験に合格したら、どこででも働いていたんです。私も医師になったばかりのときに救急の真似事をしていました。当時は現場で鍛えていましたね。あの頃は救急車の音が嫌いでした(笑)。私に限らず、当時の若手医師は病院にずっと泊まっていて、着替えがなくなると、家に帰っていたんです。でも、楽しかったですし、楽しかったからこそ、続けられたと思っています。今は世の中全体が複雑になっていますから、きちんとした研修が必要とされています。しかし、あまりに過保護だと自立心が育たないのではと心配になります。

研修医に指導する際、心がけていらっしゃることはどんなことでしょうか。

今は昔と比べ、勉強しなくてはいけないことも多く、後期研修医も本当に忙しくしています。でも、CTなどの検査結果ばかりでなく、患者さんを診てほしいと思っています。今の若手医師は情報の吟味で一杯になってしまい、患者さんを診察するという気持ちが希薄です。医師は人間を相手にする仕事です。患者さんの身体を触って状態を観察したり、診察しましょう。

研修医に対し、「これだけは言いたい」ということはどんなことでしょうか。

私たちが若かった頃は患者さんのベッドへ足を運び、よく話に行っていました。今は検査や手術が増えましたし、検査も進んでいますから、情報が溢れています。そのため、患者さんとの接触時間が減っていることが気になります。自分が手術をした患者さんに責任を持ち、頻繁に見に行きましょう。

現在の臨床研修制度について、感想をお聞かせください。

当院は症例が豊富ですから、研修医にはいい病院です。私としても、病院に研修医が大勢いるのはいいことだと思います。私たちの頃はほとんどが大学病院での研修でしたから、手術をさせてもらえず、学術的なトレーニングが中心だったんです。一方、当院では臨床メインの研修ができ、手術や検査の経験を積めるのがいいですね。しかし、医師には学術的なトレーニングも必要です。当院でもできる限りサポートしていますので、当院の医師は学会発表も多いですよ。私も研究が疎かにならないよう、論文を読むなどの学問的な指導をしていきたいと思っています。

これから後期研修の病院を選ぶ初期研修医にメッセージをお願いします。

新しい専門医制度が間もなく始まりますが、この制度はかなり複雑ですので、自分のキャリアを漠然としか考えていない人は早めに準備して、乗り遅れないようにしましょう。どのプログラムにも定員がありますから、競争になりますよ。新専門医制度では診療科や施設によって、プログラムが大きく変わりますので、よく調べてください。

お気に入り