指導医インタビュー

千葉県

千葉県立病院群(基幹型病院:千葉県がんセンター)

千葉県千葉市中央区市場町1番1号

名前
高野 英行 医師
職歴経歴
1960年に埼玉県久喜市で生まれる。1986年に千葉大学を卒業後、千葉大学医学部放射線科教室に入局し、千葉大学医学部附属病院で研修を行う。1986年に琉球大学医学部附属病院に出向し、沖縄県立中部病院でも研修を行う。1988年に埼玉県立小児医療センターに勤務。1992年に千葉大学医学部附属病院に助手として帰任する。1995年にアイオワ大学放射線科に臨床医として勤務する。1997年に帰国し、千葉大学医学部放射線科教室の講師に就任する。1999年に千葉大学医学部附属病院放射線科の講師に就任。2001年に千葉県が

千葉県がんセンターが基幹病院となっている千葉県立病院群での初期研修の特徴を教えてください。

専門病院と一般病院のコンビネーションによる病院群ですので、両方の良さを経験できます。専門病院としては当院のほかは千葉県循環器病センター、一般病院には千葉県立佐原病院や千葉県立東金病院といった地域の中核病院も入っています。プライマリケアは当院の近隣にある千葉東病院、千葉社会保険病院などでも学べます。
 たとえば、小児科の場合、一般病院では麻疹やインフルエンザなどでも自然に治る場合が多いですが、こども病院では同じ疾患でも脳炎や肺炎になるなど重症例も学べます。一般病院で小児科を1カ月ローテートしても症例に偏りができたり、簡単な病気と思ってしまったり、稀な病態や病気を診ることができません。しかし、専門病院でそういった疾患も診ておくと、実体験ができるんですね。専門病院で研修医マニュアルにあるような鑑別診断をしっかり学んだり、様々な病院に行くことで患者さんの気質の違いを感じたりすることが大切です。都会の専門病院ですと、患者さんにはステップを踏んだ説明が求められますが、地域の一般病院ですと、患者さんが求めているものは親しみやすさだったりしますので、自分の将来像をイメージするためにも、両方の良さを体験していただきたいです。

様々な病院をローテートすることで、どんなメリットがあるのでしょうか。

多くの専門医と知り合いになれますから、将来、困ったときに相談できる人間関係を築けます。学会で会ったときにお話ししたり、日頃も診療方法などについてコンサルトしやすくなるんですね。「あの患者さんなら、この先生とうまくいくだろう」などと、患者さんや医師の特性を見極めた紹介もできますので、患者さんのメリットも大きいです。
 昔の医局は人間関係が作れましたが、教授が代わったときにメンバーもばらけてしまうことがありました。しかし、県の病院ですと、臨床が好きな医師が集まっており、大学の医局のように一気にばらけてしまうことがありません。1カ月のローテートで学べることはわずかですが、一生続いていく人間関係が残ります。

千葉県がんセンターには学会などでご活躍されている医師が揃っていますね。

臨床好きで高度な医療をやりたい医師ばかりですし、県立の専門病院に対する患者さんの信頼度も高いですね。当院の医師は論文も熱心に書いていますし、新しい機械の導入にも積極的です。2011年には手術用のロボットであるダ・ヴィンチも入りました。このダ・ヴィンチを使っているのは当院で後期研修を終えた医師で、海外でダ・ヴィンチを学んできました。若いうちに海外で学べる環境も整っています。

指導される立場として心がけていらっしゃることを教えてください。

なるべく声を掛けるということですね。やはりコミュニケーションが大事です。しかし、私のようにキャリアを積んでいくと、診療や診断での答えが分かり過ぎてしまうんですね。そこで、マニュアルなどの細かい話は後期研修医や2年目の初期研修医に任せて、私は医療観などの大きな話をしています。後期研修医や2年目の初期研修医を通して、屋根瓦式のように初期研修医を育てています。失敗も含んで教えるのは後期研修医のためにもなりますし、2年目の初期研修医もうろ覚えのことや曖昧なことを調べ直せるきっかけになっているようです。私も琉球大学ではそういう体験をしたんです。上から与えられていることだけでは研修医のモチベーションは上がりませんからね。

放射線科の医師がプログラム責任者になるのは珍しいですね。

放射線科は内科や外科に比べると、医局の縛りが緩いところがあって、私も大学のジッツ以外の病院に勤務する機会があり、多彩な経験が積めたと思っています。また、放射線科は全ての科の画像を診ますから、マイナーな診療科ともディスカッションしやすいですし、診療の全体像を診てきています。全ての科のカンファレンスにも出席していますし、医師と患者さんを横断的に結ぶ存在として、問題が起こったときにも話しやすいんですね。そういうキャリアがありますので、今の臨床研修制度が始まったときから、私が当院のプログラム責任者を務めてきました。

最近の研修医をご覧になって、どう思いますか。

私たちの頃よりもガツガツしていないですね(笑)。与えられた勉強をするという姿勢が定着していますので、指導医側も材料を出す必要があります。放射線科ではティーチングファイルとして、院内のファイルを見せています。院内に集積された症例を実際に見せることでモチベーションの向上を願っています。教科書に書いてあることと実際の患者さんの状態とが違うこともあるということを集積されたファイルで学んでほしいですね。

以前に忘れられない、すごい研修医がいたという経験があれば教えてください。

当院で初期、後期研修を行い、千葉県に就職した医師がいますが、彼らの存在はやはり嬉しいですね。現在の制度になって以降の問題として後期研修医のコントロールがしづらくなったことが挙げられます。内科や外科は市中病院でも研修できますが、マイナー科は大学でないと難しいために、大学病院にいる若手医師はマイナー科ばかりになってしまいました。そういう状況の中、当院の中で育った医師が隙間を埋めてくれているのは頼もしいです。

研修医に「これだけは言いたい」ということはどんなことでしょう。

“What you know is whom you know”ということですね。知っているということは誰を知っているかです。学生時代は自分の知識だけで完結してしまいがちですが、人の知識を利用していくことが大事です。そのためには、病棟の看護師長さんと仲良くなったり、知識を持っているプロと親しくしていかなくてはいけません。知識で負けても、人脈で負けるなということですね。そういう姿勢は自分にもプラスになりますし、患者さんにもプラスになります。千葉県立病院群にはプロが大勢いますよ。様々なプロと人脈を築くことは一生の宝物となります。

福利厚生についてはどうでしょうか。

いくつかの病院をローテートしますので、引っ越しの負担を最低限にするよう制度設計しています。特に研修1年目ではその負担の軽減のために、地域病院のローテーションは半年ごとにし、引っ越しが一度に済むようにしています。手配も当院で行いますし、費用も県の負担です。宿舎も無料ですから、身一つで異動できますよ。

現在の臨床研修制度についてのご意見をお願いします。

私はこの制度の開始前に医局の崩壊を予想していました。これからは大学病院以外の病院が専門医を養成することが求められています。大学病院には研究という側面がありますので、大学病院だけでニーズを満たすのは無理ですね。研究面や留学への熱意は途切れてしまいました。一方、市中病院では若い先生方がクリニカルなことを行ってきて、底上げがなされています。しかし、アメリカの大学に留学するアジア人は韓国人や中国人の方が多くなってきましたね。日本も、これからはアカデミックに回帰していかなくてはいけませんし、クリニカル志向の医師も増えてきています。日本は医師の数と医師がやるべきことのバランスが悪いので、そこを是正するためにも、昼間は診療して、夜間は研究を行うというようなシステムの構築をすべきでしょう。これには厚労省と文科省の調整が必要ですね。

初期の研修期間の短縮や地方への強制配置などの案も言われていますね。

改善ではなく、改悪ですね。事故が起こった福島県立大野病院では産科医が一人で頑張っていたんです。産科に強制配置を行ったとして、そういうモチベーションを保てるでしょうか。そこを求めるのであれば、2、3倍の人間が必要でしょうし、アメリカのように人とカネを投入しなくてはいけません。現状では難しいですね。

最後に、これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

当院の面接試験では人間関係を築けて、コミュニケーションをとることのできる研修医を選んでいます。そのため、面接の場には医師だけではなく、看護師や事務スタッフも同席しています。自分の殻に閉じこもる人ではなく、色々な人と仲良くなったり、情報交換できる人になってほしいですね。医療関係ではない人とお話しすることで、患者さんの立場や状況を考えた提案もできるようになります。医学や医療の考え方ではキュアはできても、ケアはできないのです。現在の臨床研修制度はケアのできる医師を養成することを目的としています。患者さんがどう思っているのかを感じ取ることも研修の一部であり、それができそうな人を選ぶための試験なのだとご理解ください。

お気に入り