データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
透析件数が多く、腎臓内科医が多いらしく腎臓内科を志望してる人にはかなり勉強になりそう。また、こども病院と水戸済生会病院がつながっているので小児科志望の人も多いらしい。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
消化器内科での見学だったが、研修医でも内視鏡を実際にやってみたり、ある程度の手技は指導医から手厚くしどうしていただける印象であった、
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医同士の仲はとても良さそうであった。男女の比率もちょうどいい。また、研修医室があり、一人につき1つの机が用意されているので、過ごしやすいといえる。また、出身大学も偏りはない。さまざまな県からあつまっている。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医同士の仲が良い。研修医用の大きな部屋に机が並べられており、そこで各自勉強したりしているが、終始和やかな雰囲気だった。女性の割合も多く感じられ、女性にとっても働きやすいのかな、と感じた。休日には研修医同士で遊びに行くそうである。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医室があり、1.2年目の仲が良く指導に積極的であった。手技の取り合いはなく、温和な雰囲気で、基礎から外科までさまざまな進路を選ばれる先生方が多かった。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
医療従事者同士の仲も良く、院内の雰囲気はとてもよい。見学を担当してくださった先生方も教育熱心な様子が伝わってくるような見学内容だった。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
独立した研修医室があり、研修医同士の仲も良さそうでした。救急科、腎臓内科、消化器内科ともに先生達が優しく、指導の観点からも雰囲気がかなり良さそうでした。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
腎臓内科で実習させていただいた。とても優しい雰囲気の先生が多く、積極的にクルズスなども開いてくださる。隣にこども病院も併設されている。
5年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
勤務が17時以降になった場合は時間外手当てがでる。給与は良く、病院の宿舎も綺麗で広い。自分で住居を借りることもでき、半額の補助がでる。食堂はないが、お弁当を先生方は頼んでいらっしゃった。コンビニはローソンがあり、ドトールもある。近くにスーパーもあり、自炊もできそうだった。
5年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
研修医1年目の給与明細を実際に見せてくれたが、大体手取りで30万程度といったところ。当直などで時間外が多く付けば、35万位言ってる月もあった。休みは週一で必ず休める。一部の科は忙しいが、基本的に週二ペースでお休みできる機会が与えられている。医局とは別の研修医室も完備され、ストレスフリーな環境が整っている。on-offがはっきりしていて、総じてQOLの高い生活は出来そうである。
×

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 茨城県済生会 水戸済生会総合病院

茨城県水戸市双葉台3-3-10

初期研修
後期研修
市中病院
救急車3000~5000件
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
住宅補助・寮

病院データ

病床数
472
救急車台数
3962
台/年
救急外来数
9725
件/年
一般外来数
863.6
人/日
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
社会福祉法人恩賜財団済生会支部 茨城県済生会 水戸済生会総合病院
所在地
茨城県水戸市双葉台3-3-10
アクセス
【お車(タクシー)ご利用の場合】
JR線 赤塚駅より約10分
JR線・鹿島臨海鉄道線 水戸駅より約25分
常磐自動車道 水戸ICより約5分

【バスご利用の場合】
JR線・鹿島臨海鉄道線 水戸駅、JR線 赤塚駅より茨城交通バス「済生会病院」停留所下車すぐ(病院玄関前)
病院の周辺環境
水戸インターにほど近く、近隣のJR駅まで、車で約10分の緑の多い住宅街に囲まれた病院です。
病院の特徴
当院は、全33科を標榜している、472床の急性期型の総合病院である。
(1)救急センターを中心に各科が密接に連携を取り、救急患者の受け入れに力を入れている。循環器疾患・透析患者については地域最多である。ドクターカー(当院)・ドクターヘリ(水戸医療センターと共同)を運用している
(2)総合周産期母子医療センターは母体搬送による周産期救急に広く対応し、隣接の県立こども病院と連携を密にしており、実績は高く評価されている
(3)水戸市医師会病棟を核に長年にわたる病診連携の実績があり、地域医療と生涯教育の場として定着している。地域支援病院としての承認も受けている
(4)緩和ケア病棟を持ち、終末期医療にも積極的に取り組んでいる
(5)研修医のみならず救命救急士などさまざまな職種の研修生、実習生を多数受け入れている
これらを特徴とした地域の基幹病院で平均在院日数11.5日、紹介率64.3%、逆紹介率95.0%、1日平均外来患者数約845人と症例は多く、研修医は多種多様な疾患が経験できる。
ウェブサイト
https://www.mito-saiseikai.jp/
詳細データ
病院長
生澤 義輔 (出身大学: 新潟大学)
病床数
472
外来数
863.6件/日
救急外来数
9725件/年
救急車搬送数
3962件/年
分娩数
593件/年
入院患者数
369.7件/日
在院日数
平均11.9日
救急指定
3次救急
診療科目
内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・血液内科・腎臓内科・内分泌内科・神経内科・小児科・外科・乳腺外科・消化器外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・歯科(口腔外科)・放射線科・リハビリテーション科・救急科・ペインクリニック内科・病理診断科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科
最新設備機器
ハイブリットカテ室、胆道内視鏡等
指導医・研修医データ
指導医数
計41名
指導医数詳細
内科:13名・外科:2名・小児科:1名・整形外科:3名・形成外科:1名・脳神経外科:2名・心臓血管外科:3名・眼科:1名・皮膚科:1名・泌尿器科:2名・産婦人科:4名・麻酔科:3名・救急科:4名・病理診断科:1名
研修医数
計17名 男性12名/女性5名
研修医の出身大学
筑波大学、東京医科大学、東京医科歯科大学、富山大学、帝京大学、福島県立医科大学、山口大学、北里大学、旭川医科大学、群馬大学、宮崎大学、他
研修後の進路
当病院、関連大学、卒業大学