オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
整形外科が強く、整形外科にも興味があるので参考になりました。見学の際は交通費の手当などもありぜひ見学したいと思った。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
鹿児島に住んでいるので米盛病院に興味があったが、内部の中継も見せていただいてとても面白かった。救急に力を入れているとのことだったので、ぜひ見学に行きたいと思った。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
良さが伝わってきた。悪い点やこういった学生は向いていないといったことも教えていただけたのは非常にありがたかった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
これから頑張ろうという気迫が感じられました。特に救急に力を入れていることを感じ、やりがいがありそうに見えました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
病院内、手術室、病院外からの様子、ヘリコプターの様子など生の現場の映像を見れてとても興味深く、よかったです。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
鹿児島県に行ったことがない自分にとってオンラインで現地の映像を紹介してくださったことがとてもよく、病院の様子がよくわかった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
救急医療に力をいれているとのことで、初期対応や手技を数多く行えそうで魅力的でした。救急医はシフト制でオンとオフがはっきりしてると伺い、将来の働き方についても考えるきっかけになりました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
鹿児島県の病院について情報を得る機会がなかったため、今回説明会で貴重なお話を聞けてとても良かった。今後病院見学を考える際には考慮したい。救急の先生がとても感じ良かった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
初めての参加でしたが説明されていた方のご説明により民間のドクターヘリなどのポストホスピタルにおける救急システムについて学べました。雰囲気の良さも知れました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
民間のドクターヘリがあるのが大変印象的でした。国のドクターヘリだけでは足らないという現状を初めて知りました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
魅力的に感じました。鹿児島に行ったことはないですが、一度見に行ってみるのもありだなと思いました。丁寧なご説明ありがとうございました。
オンライン説明会 病院の設備 2021年 4年生
全国でもトップレベルの将来数、ドクターヘリやERといった新しい設備、救急に重点を置いた研修や当直が印象的、満遍なく医師としての知識・スキルを詰めそうだと感じた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
ヘリポートやERの機械を中継で見せてくださり、とても楽しく参加させていただきました。近くの県なので見学に行ってみたいと思いました。ありがとうございました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
救急医療に非常に力を入れていることがよくわかった。先生方の雰囲気もアットホームで、有意義な研修が出来そうだと思った。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
なかなか大学から遠い病院は、この様な巡り合わせがないと知ることが思いますが、とても自然豊かで、魅力的な病院でした。
オンライン説明会 病院の設備 2021年 5年生
病院のことの説明だけでなく、病院内の設備をライブ形式で見せてくれたのは、具体的にどのくらい設備が充実しているのかを知ることができた。

社会医療法人緑泉会 米盛病院

鹿児島県鹿児島市与次郎1-7-1

初期研修
後期研修
市中病院
救急車3000~5000件
募集1〜4人
マンツーマン指導
屋根瓦式
保育・託児所
見学補助あり
住宅補助・寮
ER型救急

病院データ

基本データ

病床数
506
救急車台数/年
3500
救急外来数/年
9000
一般外来数/日
200
口コミ投稿
5件のプログラムが登録されています
お知らせ
2021/12/01
米盛病院 医師物語 第1回「循環器内科 下髙原Dr.編」の公開を致しました。(詳しくはコチラ)
2021/12/01
米盛病院 医師物語<全5回> の連載をスタート致しました。(詳しくはコチラ)
概要と所在地
病院名
社会医療法人緑泉会 米盛病院
所在地
鹿児島県鹿児島市与次郎1-7-1
アクセス
鹿児島中央駅より 車で約10~15分(路線バス、市電もあり)
病院の周辺環境
◆鹿児島市は、県民の4割程が居住する人口約60万人の地方都市。

◆最寄り駅「鹿児島中央駅」は、九州新幹線と在来線が乗り入れるターミナル駅(一日あたりの乗車人員は約2万人)。

◆当院がある与次郎(よじろう)には、ショッピングモール・映画館・スーパーマーケット・ホームセンター・飲食店・カフェなどのお店が多く、生活しやすい地域。

◆当院から徒歩10分圏内に法人専用マンションをご用意。

◆休日は街でのショッピングはもちろん、山・海・川・温泉・離島などのレジャーも日帰りで満喫できます!
病院の特徴
◆社会医療法人として救急医療・災害医療などの急性期から回復期まで、シームレスな医療を提供。地域医療の一翼を担っています。

◆整形外科、救急科、脳神経外科(一次脳卒中センター)、心臓血管外科、内科、循環器内科、リハビリテーション科、麻酔科など19科を標榜。

◆民間医療用ヘリ・ドクターカーによる24時間プレホスピタル体制を構築。

◆「24時間救急相談ダイヤル#7099」を開設し、地域住民からの救急窓口として機能。

◆全国から医師が入職しており、出身校による壁などはありません。

◆初期研修プログラム:少人数制なので、お一人お一人に寄り添い、着実にカリキュラムをクリアしていくことを目標にしています。コモンディジーズから重症外傷まで幅広い疾患を受け入れており、ファーストタッチから携われる環境があります。

◆整形外科プログラム(専門研修):現在、20名強の整形外科医が所属し、「脊椎」「関節」「外傷」など専門分野ごとにチームを組んでいます。一般外来から手術・リハビリまで一貫した診療を実施しています。整形外科専門医17名在籍。

◆救急科プログラム(専門研修):現在、10名強の救急医が所属し、内科系・外科系を問わず、幅広い症例に対応。救急科専門医にプラスして内科系や外科系の専門性を持つ救急医が複数在籍しており、ロールモデルが豊富です。救急科専門医13名(病院全体)、うち救急科指導医2名在籍。日本救急医学会指導医指定施設。
ウェブサイト
https://www.yonemorihp.jp/recruitsite/
詳細データ
病院長
米盛 公治 (出身大学: 鹿児島大学)
病床数
506床
外来数
200件/日
救急外来数
9000件/年
救急車搬送数
3500件/年
分娩数
0件/年
入院患者数
450件/日
在院日数
16.2日
救急指定
2次救急 ER型救急
診療科目
整形外科、救急科、外科、脳神経外科、心臓血管外科、血管外科、消化器外科、形成外科、内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、心療内科、放射線科、産婦人科、リハビリテーション科、リウマチ科、小児科、麻酔科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
整形外科、救急科
最新設備機器
ハイブリッドER(with CT・Angio)、ハイブリッドOR(with CT)、ハイブリッドOR(with Angio)、ICU10床、3ステラMRI装置、128スライスX線CT装置、血管造影装置(バイプレーン型)、3D超音波診断装置、RI装置、骨密度測定装置、経鼻内視鏡、大腸内視鏡、PCPS、手術用顕微鏡(ライカ)、自動心臓マッサージシステム、大動脈内バルーンポンプ、人工心肺装置、術中神経モニタリング装置、CARTO3、ロボティックアーム手術支援システムMako、可搬型人工呼吸器、高気圧酸素治療器、連続心拍出量モニタリングシステム、無侵襲度混合血酸素飽和度測定器、連続血液ガスモニター、皮膚灌流圧測定器、民間医療用ヘリコプター、ドクターカー2台(ラピッドレスポンスカー・高規格救急車)、DMATカー2台
指導医・研修医データ
指導医数
24
研修医数
14名(2020年度:協力型を含む)
研修医の出身大学
鹿児島大学、福岡大学、東京医科大学、産業医科大学(2020年度:協力型を含む)