データ協力: HOKUTOresident
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
手術が長引く等なければ必ず定時に帰れる。救急外来と当直は基本的に研修医が回すので、重症例は近隣病院に取ってもらう。週1回の救急外来と週1回の夜間の救急当直を2年間行う。愛知県のプログラムとしては他とさほど変わらず。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
緩い感じです。昼食会では幹部クラスの先生方も参加して頂き、暖かい雰囲気の中話す内容問わず色々お話させて頂きました。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
公務員扱いになるためとにかくホワイトな職場であり、福利厚生も整っている印象でした。上級医もそこまで理不尽な人はおらずのびのびとしやすい。研修医用の部屋もあり。救急外来に力を入れており2年目の先生は1人で診て1人で帰していた。
既卒1年目 2020年度 給与・福利厚生・QOL
給料は全国的にも高い方であり、職員用の宿舎も月々15000で使用できるため貯金は貯まっていくらしい。
×

碧南市民病院

愛知県碧南市平和町3-6

初期研修
後期研修
市中病院
救急車3000~5000件
募集1〜4人
マンツーマン指導
保育・託児所
見学補助あり
住宅補助・寮

病院データ

病床数
319
救急車台数
3273
台/年
救急外来数
18146
件/年
一般外来数
694.7
人/日
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
碧南市民病院
所在地
愛知県碧南市平和町3-6
アクセス
◆◇◆車の場合◆◇◆
名古屋から40分程度

◆◇◆公共交通機関の場合◆◇◆
名古屋駅-刈谷駅(17分)※東海道本線
刈谷駅-北新川駅(20分)

最寄駅(北新川駅)より、無料の市内巡回バス(くるくるバス)をご利用いただけます。
※バスの色により所要時間が違います。
 オレンジ:約17分/あお:約41分/みどり:約69分
病院の周辺環境
病院の周辺は緑豊かで程よい田舎なため、初期研修に集中できる環境が整っています。

また、研修医の官舎は病院から車で5分程度のところにあります。
病院の特徴
当院は愛知県の南西部に位置し、西三河南部西医療圏の中核を担っています。中規模病院でありながら、24時間体制の救急外来総数は年間19,000件弱の実績があり、豊富な症例を経験できます。また、地域住民から「愛され、選ばれうる病院」を掲げるとともに、職員が誇りを持って働ける病院を目指し、職員が働きやすい職場づくりを心掛けています。
ウェブサイト
http://hospital.city.hekinan.aichi.jp/
詳細データ
病院長
亀岡伸樹 (出身大学: )
病床数
319
外来数
694.7件/日
救急外来数
18146件/年
救急車搬送数
3273件/年
分娩数
150件/年
入院患者数
221.8件/日
在院日数
10.9日
救急指定
2次救急
診療科目
内科、神経内科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理診断科、歯科口腔外科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)

最新設備機器
3T MRI
ガンマカメラ

また、MRI、レントゲンなどは24時間オーダ可能
指導医・研修医データ
指導医数
20
指導医数詳細
内科6名(血液1名、呼吸器2名、循環器1名、消化器1名、内分泌1名)、神経内科1名、小児科1名、外科4名、整形外科1名、脳神経外科1名、泌尿器科1名、産婦人科1名、耳鼻いんこう科1名、放射線科1名、麻酔科1名
研修医数
1年目:2名 2年目:4名(令和元年9月1日現在)
研修医の出身大学
大分大学、三重大学、広島大学、川崎医科大学、岡山大学、藤田医科大学
研修後の進路
初期研修修了者の約半数の医師が当院に残り、勤務しています。

他には、出身大学の大学病院や他の市中病院で勤務しています。

多くの診療科で研修協力施設になっており、当院で引き続き専門医研修を行うことも可能です。