データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
どの科も充実していて、満足な研修生活がおくれそう。研修医は皆、とても優秀な人が多い。立地も良く、勉強になるし人気な理由がわかる。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
いい意味でバランスが取れていて、優秀な研修医の人が多い印象だった。募集人数が多いので症例の取り合いになるかと思ったがそうでもないらしい。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修医が非常に優秀な人が多い。また、外国人とのかかわりが多く、英語を使う場面を何度かみたことがある。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
指導医からの指導が手厚い。指導のもと、最後まで研修医にやらせることを総合診療科の目標としてお、自主性が育ちそう。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
多くの診療科が揃っており特に感染症内科などは有名。見学時も忙しい中で解説などに時間をとってもらい、勉強になった。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
内科、外科、救急と、どの診療科をとっても充実しており、優秀な研修医が集まっている。特に救急では都内有数の救急車を受け入れており、豊富な症例が集まるので良い研修ができそう。ハイパーすぎずハイポすぎず、研修医も研修内容に不満はないと言っていた。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
優秀かつ志の高い研修医が集まっている印象。上級医の先生も指導熱心な方が多く、勉強になると感じた。外科では、初期研修中に論文を書く先生も多いとのこと。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
当直明けは休みだからメリハリのある生活を送れる。来る人は北は北海道南は琉球までくるから様々な環境の人と切磋琢磨していける雰囲気が非常に良いとのこと。週1で小クルズス(昼にやるやつ)、月1で症状ごとの講義があり、知識の面ではしっかり成長できそう。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
市中病院ながらアカデミックで特に感染症研究に興味がある人には良い。病院の場所柄、新宿から国際色豊かな救急搬送あり。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
外科の場合科を決めずに好きな科を回れる自由選択コースと診療科重点コースとに分かれているためニーズに合わせやすい。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
国際診療・感染症で非常に有名な病院。研修プログラムは内科・外科・小児科・産婦・救急科・総合診療科とかなり細分化されており,好みのカリキュラムを組み立てることができそう。
既卒2年目 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
立地が良い。忙しくなく、研修医の負担が少ない。後期研修医が主体となる病院であり、教えてもらえることが多い。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
アカデミックな市中という特殊な環境でいい研修ができると感じた。後期研修プログラムも充実しているので、残ることができる。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修医の同期仲がよさようだった。他科との連携がわりととれているように感じる。研修医2年間は基本的には指導医の元での見学が多いように感じた。
既卒3年目 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
内科系は診療科が揃っており内科専門医取得で全く支障が無い。各科とも指導体制が充実しておりカンファや勉強会、lectureも多い。論文発表や学会発表も数多くできるという大学病院的な側面も持ちつつ、救急搬送件数も日本有数でcommonな疾患も数多く経験できる。中にはICLSインストラクター資格まで取得する研修医もいる。屋根瓦式の指導が充実しており、病棟では研修医が主体となって働いている。外国人患者を多数経験できる他、院内英会話教室も受講可能である。何より病院全体の雰囲気が良く、非常に働きやすい環境である。
既卒1年目 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
内科コースでは、内科を満遍なく回れるため、まだ志望科を決めかねている人には向いている。後期研修も受けれる。
4年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
皆意識が高く、勉強したい人にとってよく学べる環境だと思った。研修医同士がうまく支え合ったいる様子が見られた。指導医も熱心に教えていて、皆仲が良かった。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
上の研修医が下の研修医に教え合ったり、勉強する環境が整っていたと感じました。uptodateも頻繁に使っているそうです
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
全国から優秀な研修医が集まっており、お互いに高め合っていけそうであった。同期先輩との仲が良い印象を受けた。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
寮生活ということもあるのか、研修医の仲がとても良く、団結感が高かった。見学当時は寮で良く飲み会もしていたそうなので、そういう雰囲気が好きな人には向いていると思う。研修プログラムに関しては、市中と大学病院の中間という性格もあって、研修医にある程度裁量もありつつ自己研鑽が積めるようだ。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医の先生たちの雰囲気がとてもよい。様々な大学から集まっている。指導医の選手も話しやすく、指導も手厚いそう。
既卒8年目 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医の人数が非常に多いが皆仲が良く、助け合いながら仕事をしていた。基本的に併設されている寮にほとんど全員が入寮しているので、飲み会なども頻繁に行われていた。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
とにかく英語教育に力を入れており、ローテーションする診療科によっては、その期間で英語論文をまとめ発表するため力がつくと思われる。
4年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
二年目研修医、上の先生が丁寧に一年目研修医をおしえてあげるような雰囲気ができていた。場所柄もあり、外国人患者が多かった。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
とにかく3年目以降は色んなバックグラウンドの先生が集まる。国際機関や海外でで働きたい人にはキャリアの参考となる医師が多く人脈も作れてとても良い環境だと感じた。研修医の先生は物腰の柔らかい方が多いように感じた。一人で入院患者をみていた。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医へのフィードバックが充実しており、実力がつくと思った。外科コースの重点プログラムでマッチングを申し込んだ人は、かなり志望科への意識強い人が受かっていた。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
とにかく研修医同士の仲が良い。長期で勤める(人によっては2年も長期か)ことを考えると、雰囲気というのはかなり大事だと思う。もともとの能力が、それぞれの得意分野で突き抜けている方が多いと思う。お互いを尊重しつつ、程よい距離感で仕事をされている様子だった。
4年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
優しく教えてくれる先生が多く、指導医の先生、研修医の先生を含めて雰囲気が良かった。ファーストタッチは研修医がやっていた。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
研修医専用の部屋はなく、関わったのが一人の研修医の先生だけだったが、非常に面倒をみてくれた。今は昔程忙しくなく、全体的に余裕のある研修生活ができるとのこと
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
診療科が揃っていて有名な先生が多く在籍されている。研修医の人数も多いが、症例数も集まるので多くの症例を経験できる
既卒2年目 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
優秀な研修医が集まっていて、病棟業務の管理を任されている印象がある。研修医同士の仲がとても良く、お互い刺激し合う環境と感じた。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
プライベートがどのくらいあるのかは疑問。慶應系列の病院である。俗に言う陽キャラの人の集まりだと思った。
5年 2020年度 周辺環境
新宿に近く、徒歩圏内。コロナで飲みには行きづらいがその風潮が緩和されれば飲みにくり出しやすい。公園もあり緑も多く落ち着いている。
6年 2020年度 周辺環境
大江戸線の駅に近い。徒歩5分程だった。バス停もすぐ目の前なので新宿駅まで行くのも便利。新宿といえど住宅街のほうなので、わりと静かである。
5年 2020年度 周辺環境
どの診療科も穴がなく、まんべんなく充実した研修ができる。寮が病院から近く、寮以外に住むことも可能だそうである。立地がよく、ほどよく自分自身の勉強の時間も確保ができるところが良いと感じた。研修医同士も仲が良いと感じた。
6年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
都内にしては給料はいい方。寮が安いため、それを抜いても手取りで35万程は残る。オンオフもはっきりしている他、新宿や神楽坂が近く飲みにも行きやすい。
6年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
山手線の内側という立地で家賃が安すぎる。色々込みで10000円程だそうです。また残業代は満額出ます。
×

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院

東京都新宿区戸山1-21-1

初期研修
市中病院
救急車10000件~
募集10人〜
屋根瓦式
住宅補助・寮

病院データ

病床数
781
救急車台数
11109
台/年
救急外来数
24707
件/年
一般外来数
1827.4
人/日
16件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院
所在地
東京都新宿区戸山1-21-1
アクセス
都営大江戸線「若松河田駅」下車 徒歩5分
東京メトロ東西線「早稲田駅」、東京メトロ副都心線「東新宿」下車 徒歩15分
病院の特徴
国立国際医療研究センターは、国の重要な医療政策の課題を担うナショナルセンターと呼ばれる6つの国立高度専門医療研究センターの中で唯一、総合病院を持ち臨床研修医を受け入れている施設です。
当院は、明治時代の東京陸軍病院、第二次世界大戦後の国立東京第一病院などを経て発展を続けてきた長い伝統を有する国立の総合病院ですが、同時に、我が国の代表的な卒後研修施設であり、全国に先駆けてローテーション研修を導入し、全国から数多くの有能な若手医師を受け入れてきました。

平成16年に必修化された新医師臨床研修制度の導入後も、特徴ある6つの臨床研修プログラムを開発して、引き続き全国から多くの臨床研修医を受け入れており、臨床研修医マッチングでも常に安定した人気を保っています。

当院は、救命救急センターや総合診療科における豊富な未診断common disease症例および多様な入院症例をかけがえのない研修資源とし、熱心な指導医、ローテート研修と専門領域のストレート研修とを融合させた研修プログラムなど、新人医師としての第1歩を踏み出すのに最適な研修環境を提供しています。

他院にない特徴として、日本の国際保健医療のメッカである国際医療協力局、感染症危機管理など高水準の感染症臨床を誇る国際感染症センター、症例集積的研究を行う臨床研究センター、先端的な基礎研究を行う研究所など、組織としても多様性と多彩なキャリアパスの選択肢を備えています。診療科間の垣根が低く、研修の大半をセンター病院のみで完結できることも当院の特徴です。

臨床研修医として、当院の診療チームに是非加わっていただき、恵まれた研修環境の中で、知識や技術のみならず、医師としての「人間性」や「英知」を研いて頂ければと思います。
ウェブサイト
http://www.hosp.ncgm.go.jp/
詳細データ
病院長
大西 真 (出身大学: 東京大学)
病床数
781
外来数
1827.4件/日
救急外来数
24707件/年
救急車搬送数
11109件/年
分娩数
341件/年
入院患者数
683.0件/日
在院日数
12.7日
救急指定
3次救急
診療科目
総合診療科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌代謝科、膠原病科、血液内科、神経内科、心療内科、臨床ゲノム診療科、精神科、緩和ケア科、小児科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、放射線核医学科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、形成外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科・口腔外科、麻酔科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、小児科、皮膚科、外科、産婦人科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科
指導医・研修医データ
指導医数
130名
研修医数
70名(うち歯科4名)
研修医の出身大学
東京慈恵会医科大学、東京大学、東京医科歯科大学、広島大学、千葉大学、日本医科大学、東京女子医科大学、順天堂大学、北海道大学、信州大学、筑波大学、慶応義塾大学、浜松医科大学、京都大学、東邦大学、東京医科大学、日本大学、奈良県立医科大学、山口大学、名古屋市立大学、熊本大学、帝京大学、琉球大学、山梨大学、金沢大学、昭和大学、横浜市立大学、東北大学、九州大学、長崎大学、新潟大学、大阪大学
研修後の進路
当院(救急科、産婦人科、外科、内科、その他)、慶應義塾大学病院、慈恵会医科大学病院、東京医科歯科大学附属病院、東京大学医学部付属病院 ほか