日本赤十字社 前橋赤十字病院

群馬県前橋市朝倉町389番地1

初期研修
市中病院
募集10人〜
住宅補助・寮

病院データ

病床数
555床
救急車台数
4,754
台/年
救急外来数
10,867
件/年
一般外来数
人/日
データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修医は一学年10人強でとても仲が良さそうだった。独立した研修医室がある。自分のやる気次第でいろいろなことをさせてもらえるようだが、ハイパーという訳ではない。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
とても病院がきれい。ピッチがiPhone。診療科が全て揃っているのは群馬では少ないと思うので、幅広く学びたいという人には向いていると思う。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
ほぼ全ての科が揃っており、幅広く研修を受けることが可能。救急は三次医療圏の中心であり、多くの症例を経験できる。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
県内でも屈指の規模の総合病院であり、上級医やスタッフの数は多いが、初期研修医の裁量権は少ない印象である。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
後期研修医の人数が多いため,初期研修医に自然と手技が回ってくることが少ないと言っていた.主体性を持って積極的に研修に臨まないと堕落することは容易であるようだ.
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
マイナー科での実習だったが指導医の先生は優しく、かつ積極的に学生に教えようという態度が感じられた。コメディカルとの関係も良好でどの先生も別け隔てなく接している印象であった。
6年 2020年度 病院設備
病院が新しくとてもきれい。診療科も揃っており、とくに救急科は県外からも多くの先生が勉強に来るほど有名である。
既卒1年目 2020年度 病院設備
救命センター内にCTからMRIまで備わっていて、必要な検査がセンター内で行える。24時間のコンビニもあり当直のときに便利。
6年 2020年度 病院設備
病院は新築して日が浅く、ゾーニングや動線などがよく考えられている。研修医室が広く、また図書館も充実しており、勉強する環境が充実している。
×
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
日本赤十字社 前橋赤十字病院
所在地
群馬県前橋市朝倉町389番地1
アクセス
・お車での来院
 北関東自動車道より「前橋南IC」から県道11号線経由で9分
 関越自動車道より「高崎IC」から県道27号線経由で9分

・JR前橋駅より
 日本中央バス 南31・南33-2系統 広瀬・東善線
 群馬バス 南40系統 日赤病院線

・JR前橋大島駅より
 群馬中央バス 日赤病院線



病院の特徴
当院は、赤十字の理念である「人道・博愛・奉仕」の下に設立され、地域の中核医療機関として高度救命救急センター、地域医療支援病院、エイズ医療拠点病院等の指定や承認を受けている。高度救命救急センターは、県内全域を対象とした第3次救急医療施設であり、2009年2月より、ドクターヘリも導入された。最新の医療設備を備え、高度の医療技術を有する専任の医師と看護師等による医療スタッフが、24時間体制で数多くの救急患者を受け入れている。2013年3月にはISO9001認証取得をした。また、地域医療支援病院としてほかの医療機関から紹介された急性期の患者への高度な医療を提供する役割を担っている。安全で良質の医療を提供するため、NST(栄養管理チーム)、ICT(感染管理チーム)、緩和ケア(緩和支援チーム)、クリニカルパス、医療の質管理(QMS)など、組織横断的なチーム活動を推進している。
ウェブサイト
http://www.maebashi.jrc.or.jp/
詳細データ
病院長
中野 実 (出身大学: 群馬大学)
病床数
555床
救急外来数
10,867件/年
救急車搬送数
4,754件/年
分娩数
447件/年
在院日数
11.4日
救急指定
3次救急
診療科目
内科(総合内科)、リウマチ・腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、感染症内科、精神科、神経内科、脳神経外科、呼吸器内科、呼吸器外科、消化器内科、外科、乳腺・内分泌外科、心臓血管内科、心臓血管外科、小児科、産婦人科、整形外科、形成・美容外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、救急科、病理診断科、臨床検査科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、小児科、外科、整形外科、麻酔科、救急科