独立行政法人 地域医療機能推進機構 九州病院

福岡県北九州市八幡西区岸の浦1丁目8番1号

初期研修
後期研修
市中病院
救急車5000~7000件
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
住宅補助・寮
ER型救急

病院データ

病床数
575
救急車台数
6,192
台/年
救急外来数
15,659
件/年
一般外来数
764
人/日
データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
研修医の数も多く、忙しいながら先生方は生き生きと働いている印象を受けた。病院も綺麗で立地もよく診療科が揃っているので研修しやすそう。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
救急としては1?2.5次くらいまで幅広く診ることができ、診療科も1病院の中にほとんど揃っておりJCHO九州病院で一貫した研修を行うことができる。特に小児科・小児外科は強いと伺った。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
指導医の先生が熱心。1年目の先生は忙しそうで余裕がなさそうだったが、2年目の先生には余裕がみられ、充実した研修ができたと言っていた。
5年 2020年度 給与・福利厚生・QOL
とにかくハイパーという病院のイメージを持たれているが、現在段々と改善されていっており、研修医の先生方も充実している様子だった。回る科によって忙しさ、帰宅時間などは違うようだった
×
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
独立行政法人 地域医療機能推進機構 九州病院
所在地
福岡県北九州市八幡西区岸の浦1丁目8番1号
アクセス
JR黒崎駅 徒歩15分
病院の特徴
当院は、公的病院として1955年に開院し、今日では48診療科、575床の総合病院に発展してきました。加えて現在、DPC特定病院群に認定され、政令指定都市の中で最も高齢化率の高い北九州市の西部において超急性期病院としての役割を果たしています。平成26年4月1日より、「独立行政法人 地域医療機能推進機構」が直接運営する病院グループに改組され、名称も「九州厚生年金病院」から「JCHO(ジェイコー)九州病院」と改名し、これまで通りの病院機能を維持し、地域医療に貢献出来るようさらに邁進して参ります。
ウェブサイト
http://kyusyu.jcho.go.jp
詳細データ
病院長
内山 明彦 (出身大学: 九州大学)
病床数
575
外来数
764件/日
救急外来数
15,659件/年
救急車搬送数
6,192件/年
分娩数
330件/年
入院患者数
489件/日
在院日数
11.6日
救急指定
2次救急 ER型救急
診療科目
救急科、内科、循環器内科、消化器内科、胃腸内科、肝臓内科、胆のう内科、膵臓内科、血液内科、腫瘍内科、呼吸器内科、腎臓内科、代謝内科、内分泌内科、老年内科、脳神経内科、小児科、循環器小児科、新生児小児科、放射線診断科、放射線治療科、精神科、麻酔科、ペインクリニック外科、外科、呼吸器外科、胃腸外科、肝臓外科、胆のう外科、膵臓外科、消化器外科、乳腺外科、小児外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、産婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、頭頸部外科、形成外科、泌尿器科、リハビリテーション科、心臓リハビリテーション科、臨床検査科、病理診断科、緩和ケア科 48診療科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、麻酔科、救急科
最新設備機器
ロボット支援手術装置(ダヴィンチXi)
ハイブリッド手術室(TAVI手術)
指導医・研修医データ
指導医数
44名
指導医数詳細
整形外科:1名・外科:5名・小児外科:1名、心臓血管外科:1名・内科:13名・
産婦人科:4名・小児科:7名・放射線科:3名・泌尿器科:1名・精神科:1名
麻酔科:2名・病理診断科:1名・総合診療部:2名・緩和ケア科:2名
研修医数
計20名 男性16名/女性4名
研修医の出身大学
大分大学、九州大学、山口大学、宮崎大学、久留米大学、広島大学、熊本大学、北海道大学、山梨大学、岐阜大学、関西医科大学、鹿児島大学
研修後の進路
当病院/関連病院