オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
とても多くの提携病院があるため、魅力的に感じました。他の大学病院との違いを、詳しく説明してくださったので、福島県立医科大学附属病院様での研修の様子が想像しやすかったです。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
自由度が高いプログラムで、大学病院と市中病院の両方を経験することができるのはとても魅力的だと感じました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
多くの連携病院があり、とても良い研修ができると思った。また説明も大変わかりやすく簡潔で聞きやすかった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
事前に下調べをしないまま参加してしまったのですが、研修プログラムの変更が可能であることや提携病院の多さ、学習助成金などが印象的でした。また、東京や仙台へのアクセスも新幹線だとすぐというところが魅力に感じました。研修医の先生、採用担当をおそらくしてらっしゃる先生の2人での回答だったので、偏りの少ない情報を得られたかと思います。ただ、説明時間が短く、質問時間が長めだったので、もう少し説明が長くても良かったかなと感じました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
勉強にかかる出費を毎年20万円まで助成金がでるということで、教科書や講演会を利用することで、多くのことが学べそうだと感じました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
天候が北の方なので気候や生活環境が気になっていたのでそこが聞けたのが非常にためになりました。雪などの環境は少し分からないのでその情報は生の情報が聞けたのが分かりやすかったです。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
自分なりにプログラムを自由に組めることは魅力的だと思った。大学病院で救急のファーストタッチができるのも興味深い点であった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
福島県立医科大学が独自に進める初期研修プログラムの良さがよくわかった。また、医局制度と専門医研修制度との関係など、初期研修そのものとは関係のないことも教えていただけてとてもためになった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
ほかの大学病院のはなしをなかなか聞く機会がなかったので、とても新鮮でした。大学病院の違いを知れたのも今後の実習にいかせるかなと思いました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
岩手県と同様、医師不足が問題とされているようでした。地域医療に力を入れており、将来開業を考えている人にはいいのかもしれないと思いました。岩手県より雪が降らないというのはとても魅力的でした。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
先生が個性的でお話が面白かった。総合診療、地域医療について深く学べる場だとわかった。いわきのおすすめポイントも多く教えていただき魅力的だった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
病院見学の際の補助の話や、研修医として行う業務の内容、その後の進路などを聞けてよかった。具体的な説明だった。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
医師と研修医がそれぞれ説明してくださった。地方の魅力や住環境についてなどをしっかり説明してくださり、質問にも真摯に答えてくださった。真面目な雰囲気の方々で、とても好印象でした。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
医局制度や、後期研修をどういった形で行うのかなど、とても基本的なところから分かりやすく説明頂けたのでとても良かったです。勉強のための補助金制度も良いな、と思いました。

福島県立医科大学附属病院

福島県福島市光が丘1番地

初期研修
後期研修
大学病院
救急車~3000件
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
見学補助あり
住宅補助・寮

病院データ

基本データ

病床数
778
救急車台数/年
2245
救急外来数/年
9746
一般外来数/日
1532
口コミ投稿
25件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
福島県立医科大学附属病院
所在地
福島県福島市光が丘1番地
アクセス
〔バス利用〕JR 福島駅東口から約30 分「医大病院」下車
〔車(高速道路)利用〕福島西IC から約20 分
病院の特徴
 福島県立医科大学では、東日本大震災・原発事故からの復興を健康面から支える「ふくしま国際医療科学センター」の学内整備が2017年に完成し、県民の健康の見守り、先端研究の推進と産業復興、高度医療の提供の3つの役割を担っています。また、高度医療の提供のために、医大附属病院には2016年12月にみらい棟が完成し、2017年に本格稼働しました。福島県における子ども病院の機能を担うべく、5 階のこども医療センターにはPICUと小児化学療法のための無菌室が整備され、3 階にはNICU、GCU、MFICU が増床しております。さらに、2017年9月に新手術室棟が完成し、最新鋭の血管撮影装置を備えたハイブリッド手術室、最新鋭のMRI を備えたMRI 手術室および無菌手術室の3 つの高機能手術室が稼働してます。2020年には、卒後臨床研修評価機構の調査を受審し、臨床研修病院として認定を取得しています。
ウェブサイト
http://www.fmu.ac.jp/byoin/
詳細データ
病院長
鈴木 弘行 (出身大学: 福島県立医科大学)
病床数
778
外来数
1,532件/日
救急外来数
9746件/年
救急車搬送数
2,245件/年
分娩数
456件/年
入院患者数
628件/日
在院日数
13.5日
救急指定
3次救急
診療科目
循環器内科、血液内科、消化器内科、リウマチ・膠原病内科、腎臓・高血圧内科、糖尿病・内分泌代謝内科、神経内科、呼吸器内科、漢方内科、腫瘍内科、総合内科、呼吸器外科、消化管外科、肝胆膵・移植外科、乳腺外科、小児外科、甲状腺・内分泌内科、甲状腺・内分泌外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、産科、婦人科、小児科、小児腫瘍内科、眼科、皮膚科、泌尿器科・副腎内分泌外科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、心身医療科、放射線科、放射線治療科、核医学科、麻酔・疼痛緩和科、病理診断科、歯科口腔外科、救急科、リハビリテーション科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、皮膚科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理診断科、臨床検査科、救急科、形成外科、リハビリ科
最新設備機器
統合型PET/MRI
中型サイクロトロン
指導医・研修医データ
指導医数
301名
研修医数
27名(1年次 14名、2年次 13名)
研修医の出身大学
福島県立医科大学、自治医科大学、岩手医科大学、北里大学、独協医科大学、埼玉医科大学
研修後の進路
福島県立医科大学附属病院ほか 全国各地