オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
さすが有名病院なだけあって、しっかりしていた。学業もコミュニケーション能力も優秀である人物を採用するとはっきり仰っているあたり、さすがだと感じた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
もともといい病院だとはきいていたが、改めていい病院だとおもった。病院見学が来年より開始されるとのことなので是非見学に行きたい。
オンライン説明会 研修医・指導医の雰囲気 2021年 4年生
説明会の内容はとても分かりやすかった。研修医の指導体制が確立されており、特に屋根瓦方式でインプットとアウトプットがしっかりしていることがよいと思った。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
ご説明いただきありがとうございました。貴院が開催されている勉強会にも何度か参加したことがあり、病院についてはある程度知っていたのですが、改めて理想的な研修環境だと感じました。また研修医の先生方の雰囲気から旭中央病院の雰囲気の良さが伺えました。ぜひ春に見学にお伺いしたいと考えております。
オンライン説明会 給与・福利厚生・QOL 2021年 4年生
職員寮の家賃や、給与についてオープンに話してくださったので生活のイメージが湧きやすかったです。特に給与は学生側からは質問しづらいので助かります。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
フェアに参加する前から、少し気になっていた病院でした。ハイパー病院とは伺っていたので、やはり大変そうだなと思いましたが、研修医同士や上級医の方との仲の良さが伺えました。研修医方とのトークが楽しかったです。一番楽しかった説明会でした。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
自主性を重要視されている点が印象的で、かなりの経験と実力が身につけられるような研修ができる環境がとても魅力的に感じました。病院見学を是非検討させていただきたいと思いました。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 4年生
研修医の先生方が楽しそうに話している様子で、病院内の雰囲気が良いのが伝わった。パワーポイントも見やすく、病院が求める医師像がよく理解できた。
オンライン説明会 病院・研修プログラムの特徴 2021年 5年生
スライドも質疑もちょうど良く、対応も丁寧だった。機材トラブルだけが気になったが、そのほかはとても満足のいく内容だった。

地方独立行政法人総合病院 国保旭中央病院

千葉県旭市イ-1326番地

初期研修
後期研修
市中病院
募集10人〜
屋根瓦式
保育・託児所
海外留学
住宅補助・寮
ER型救急

病院データ

基本データ

病床数
989
救急車台数/年
7731
救急外来数/年
46741
一般外来数/日
2500
口コミ投稿
14件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
地方独立行政法人総合病院 国保旭中央病院
所在地
千葉県旭市イ-1326番地
アクセス
東京駅からJRの特急で1時間30分、JR総武本線旭駅より徒歩10分(旭駅より無料シャトルバス有り)
東京駅から高速バスで約2時間、旭中央病院停留所(玄関前)又は旭中央病院東停留所(敷地内)
病院の特徴
医療と福祉と保健の連携に目を向け、ICU、周産期医療センター、救命救急センター、リハビリ、養護および特別養護老人ホーム、老人保健施設、ケアハウス、在宅看護、訪問診療、付属診療所、緩和ケアなどを含めた、包括的な地域医療を実践している日本の代表的な公立病院のプログラムである。一日約2,500名の外来患者数があり、一般平均在院日数も13.6日と短く、多くのcommon diseaseを経験するのに事欠かない環境がある。また、当院は、地域の最終病院であり、稀な疾患、専門的高度医療を必要とする疾患も多い。common diseaseを中心に希少疾患や専門性の高い疾患が適度にちりばめられており、症例のバランスがよい。スーパーローテート方式と救急外来研修を通して、マルチプロブレムを持った患者のアプローチもできるようになる。また、今後の医師人生におけるブロードベースな医学基盤を養える。
ウェブサイト
http://www.resident.bz
詳細データ
病院長
野村幸博 (出身大学: 東京大学)
病床数
989
外来数
2,500件/日
救急外来数
46,741件/年
救急車搬送数
7,731件/年
分娩数
993件/年
入院患者数
768件/日
在院日数
13.6日
救急指定
3次救急 ER型救急
診療科目
内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、腎臓内科、血液内科、糖尿病代謝内科、化学療法内科、感染症内科、小児科、新生児内科、外科、血管外科、乳腺外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、産婦人科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、形成外科、麻酔科、神経精神科、人工透析内科、消化器内視鏡内科、救急科、歯科、歯科口腔外科、緩和ケア内科、放射線科、臨床検査科、病理診断科、リウマチ科、アレルギー科
取得可能専門医科目(基幹型のみ)
内科、総合診療科、小児科、精神科、外科、産婦人科、脳神経外科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科
最新設備機器
ライナック、MRI、CT、体外衝撃波結石破砕システム、生化学自動分析装置、Xナイフ、シネアンギオ、PET-CT、ダ・ヴィンチ、また各種シミュレータをそろえたスキルセンター
指導医・研修医データ
指導医数
130名
研修医数
1年次:29名、2年次:29名
研修医の出身大学
ほぼ全国の大学から
研修後の進路
当院の専門研修プログラムへ進む、または出身大学へ帰るなど