データ協力: HOKUTOresident
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
総合内科を6ヶ月ローテートしている間に他の内科を同時にローテートする仕組みのようである。総合内科の比重が重いので総合内科志望であれば良いと思う。2年目の選択はある程度融通が利くようになっているらしいので内科や外科、救急志望であれば問題ない。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
総合内科と専門内科を掛け持ちするプログラムだが、受け持ち患者の人数が多くなりすぎないように配慮されていた。カルテは詳細な記載が求められているがためになりそう。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
総合内科があり、カルテの書き方からしっかり教えてもらえる。救急科もファーストタッチからできるように指導医に教えてもらえる。
6年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
救急科は救急の上級医の下、ファーストタッチができるのである程度の初期対応は学べそう。全体的に和やかな雰囲気で研修医は働けていたと思う。立地はよい。
既卒2年目 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
一年目の内科は6ヶ月間連続でローテできる。総合内科が主体で、先生方も面倒見が良く、勉強会が多く忙しいが確実に身につく。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
風通しは良さそうだが、研修医に対してコメディカルの押しがやや強そうに見えた。また、科によって教育的かそうでないかが大きく分かれているようだった。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
慶應大学の関連病院だけあって三分の一が慶応出身の学生。その他の学生で多いのは浜松医科大学。割と元気な先生が多い印象。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
立地がよく、研修医たちの雰囲気も良い。コメディカルも表情が明るく、雰囲気の良い中研修ができそうだなと感じた。病院もとてもきれい。
5年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
総合内科で指導医が熱心であった。指導医1、研修医2で指導してくれる。雰囲気がすごくよく、研修医同士和気あいあいとしていた。
6年 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
救急は1年目がファーストタッチ。指導医はまあまあ厳しいが、理不尽な指導ではないよう。夏頃見学したが、その時点で1年目の先生がかなり動けていて、力がつく病院であることは間違いなさそうだった。手技をしている様子は見れなかったが、言えばいくらでもやらせてくれるらしい。病院、宿舎ともに非常に綺麗。研修医の先生は忙しいながらも充実していそうな印象を受けた。
既卒2年目 2020年度 研修医・指導医の雰囲気
救急科のみの見学であったが救急専属の上級医がおり、研修医も気兼ねなく疑問をぶつけているような雰囲気であった。総合診療の研修ではカルテの記載法などから細かく指導をうけている様子であった。
既卒1年目 2020年度 周辺環境
静岡駅から徒歩10分くらいの距離にあるため、周りに様々なお店が立ち並んでいて大変良い立地をしている。地方ではあるが車が無くても生活していけるような環境である。
既卒2年目 2020年度 周辺環境
静岡市の駅前の繁華街の中にある。寮の立地は最高クラスで、部屋も広く綺麗。仕事終わりに歩いて飲みに行くことも可能。ジムや本屋も近くにある。
既卒2年目 2020年度 周辺環境
近隣に静岡市立病院などがあり、症例には各病院でそれぞれ偏りがあるような印象。オンコール待機などもあるようだが寮のまわりで充分楽しめる。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
慶応系列で、慶応と浜医出身の人が多い。だが、研修医を色んな大学から取ろうとしている、と言っていた。同じ大学でライバルがいなければ大丈夫だそう。出身大学はあまり気にしなくて良さそう。2つの科を回ったが、どちらの科も研修医主体で考えて行動していたので実践力が身につきそう。他病院では3年目がすることもしている、と言っていた。フィードバックもあり、救急は上級医が必ずいるみたいなので困ることはなさそう。
5年 2020年度 病院・研修プログラムの特徴
静岡でもまあまあ都会にある。研修医がファーストタッチし、上級医も教育熱心で力がつくらしい。総合内科が売り。当直明けは帰れることが多い。担当患者10人くらいで、同期14人と多め。
5年 2020年度 周辺環境
静岡という響きからは連想できないくらい都会でした。駅から徒歩15分ほどの好立地です。飲食店はかなり充実してます。スタバ、本屋、小さめですがデパートもあって、生活には困らなさそうです。
×

静岡赤十字病院

静岡県静岡市葵区追手町8-2

初期研修

病院データ

基本データ

病床数
465
救急車台数/年
救急外来数/年
一般外来数/日
1件のプログラムが登録されています
概要と所在地
病院名
静岡赤十字病院
所在地
静岡県静岡市葵区追手町8-2
ウェブサイト
http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp
詳細データ
病院長
磯部潔 (出身大学: 慶應義塾大学)
病床数
465
外来数
805.5件/日
入院患者数
13.8件/日
診療科目
内科,糖尿病・内分泌代謝内科,血液内科,アレルギー・リウマチ科,神経内科,呼吸器内科,消化器内科,循環器内科,小児科,外科,整形外科,形成外科,脳神経外科,呼吸器外科,心臓血管外科,皮膚科,泌尿器科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科,放射線科,麻酔科,救急科,精神科
最新設備機器
MRI(1.5T・3.0T)、CT、マンモグラフィ、骨塩量測定装置、結石破砕装置、放射線診療機器、心臓血管造影装置、デジタルラジオグラフィー、RI診断装置、X線テレビ装置、人工心肺装置、人工透析装置、大動脈バルーンポンプ装置、PCPS(ECMO)、末梢血幹細胞採取装置、人工呼吸器、血液浄化装置、生化学自動分析装置、自動免疫化学分析装置、血液細胞自動分析装置、超音波画像診断装置、超音波血流診断装置、ホルター心電図解析装置、核酸増幅装置(PCR)、フローサイトメーター、質量分析装置、分娩監視装置、頚膣超音波、腹腔鏡、子宮鏡、レーザーメス、マイクロサージャリー装置、アルゴンクリプトンレーザー、硝子体手術装置、超音波白内障手術装置、自動超音波洗浄装置、経鼻内視鏡
指導医・研修医データ
指導医数
指導医数(2020年度時点)42名
研修医数
初期研修医(2020年度時点)卒後1年次の初期研修医数15名