初期研修病院

愛知県厚生農業協同組合連合会

渥美病院

愛知県田原市神戸町赤石1-1


  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 ~3000件
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~
  • 見学補

プログラム名
渥美病院初期臨床研修プログラム
プログラム責任者
副院長 三谷 幸生
募集定員
2名
指導体制
マンツーマン
当院は、初期研修医の採用定員が少ない(年間2名)ことが特徴です。研修医の人数が少ないがゆえに、1人あたりの症例数は多く、ベテランの指導医から直接指導を受けられ、研修医の希望を最大限に考慮したオーダーメイドな研修プログラムを作成することができます。
また、研修医が少ないからこそ、研修医以外の医師で業務を完結させる体制が整っており、「研修医で当直を回す」、「研修医に雑用を任せる」など、研修医に労働力として依存していないため、本分である研修に時間を割くことができます。
その他、待遇が良く、ワークライフバランスが高いことも当院の特徴です。
選択期間
6ヶ月
年間スケジュール(月単位)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 3ヶ月 1ヶ月 5ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 4ヶ月
内科 外科 整形外科 内科 麻酔科 麻酔科/救急科 救急科 脳神経外科 内科 地域医療 選択 選択/救急 救急 選択
上記はイメージです。
原則として、1年目の4月は病院の勤務に慣れていただくために
研修管理責任者の医師が所属する循環器内科にて、5・6月は救急外来への対応力を身に付けるため
外科及び整形外科にて研修していただきます。
それ以降は研修管理責任者と相談の上、スケジュールを決定します。
救急研修は、基本的に研修期間全体を通じて行いますが、2年間で合計3ヶ月以上、
特に集中的な救急医療の研修を行います。
研修に臨む皆さんへ
当院の初期研修プログラムでは、下記を目標としています。
・基本的な知識・技能・態度・判断力を身につけること。
・患者の有する問題を身体的・精神的・社会的に全人的に理解し適切に対処できるスキルを身に付けること。
・チーム医療を理解し、他の医療スタッフと協調できるスキルを身に付けること。
・生涯にわたる自己学習の習慣を身につけること。

渥美病院

お気に入り

お問い合わせ