初期研修病院

中津川市

総合病院 中津川市民病院

岐阜県中津川市駒場1522-1


  • 2次救急
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~
  • 見学補
  • 復職

所在地
岐阜県中津川市駒場1522-1
アクセス
◆電車でお越しの方は
JR中央線中津川駅下車、バス或いはタクシーなどで市民病院へ
※送迎も行っておりますので、ご相談ください。

◆車でのお越しの方は
・中央自動車道路でお越しの方は中津川インターチェンジを降り中津川方面へ
 国道257号追分交差点を左折して市民病院へ ※中津川ICから車で約5分
・下呂方面からお越しの方は国道257号より城山大橋を通り追分交差点を右折して市民病院へ

病床数
360
救急指定
2次救急
診療科目

内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、形成外科、精神科、腎臓内科、血液内科、老年内科、内分泌・代謝内科、病理診断科、救急科、内視鏡外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、肛門外科、歯科口腔外科

外来数 728件/日
救急外来数 9236件/年
救急車搬送数 2795件/年
分娩数 321件/年
入院患者数 246件/日
在院日数 10.0日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
・1.5T MRI(70cmボア)
・256列2管球マルチスライスCT(他16列1台)
・ライナック照射装置
・フラットパネル血管撮影装置
・最新デジタル乳房撮影装置
・結石破砕装置(2017年更新)
・X線透視撮影装置(2018年更新)
院長

安藤 秀男

出身大学 鹿児島大学

関連機関
名古屋大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学、名古屋市立大学、岐阜大学
指導医数
計33名
指導医数詳細
内科(12)、外科(5)、小児科(3)、産婦人科(2)、麻酔科(1)、放射線科(1)、整形外科(4)、脳外科(1)、皮膚科(1)、泌尿器科(1)、眼科(2)、救急診療科(1)、耳鼻いんこう科(1)
研修医数
2
研修医の出身大学
名古屋大学、岐阜大学
研修後の進路
後期研修については、本人の希望を優先する。当院後期研修医として採用、または他の病院にて勤務するなど任意に選択できる
病院の特徴
地域医療の担い手として、地域医療の支援病院として、回復期までを含めた医療機関との連携をするとともに、地域包括ケア病棟40床を運用しています。
 在宅医療を受けられている患者さんが急変した場合に患者さんを受け入れる「在宅療養後方支援病院」でもあります。診療圏内に75件の医療機関があり、連携体制が構築されており、年間9,126件のご紹介7,506件の逆紹介をおこなっています。
病院の周辺環境
岐阜県中山間地の地方都市にあり、診療圏は岐阜県東濃地方の東半分の中津川市・恵那市を中心とし、長野県南部や愛知県北部の一部を含み、南北60Km東西35Kmと広い。診療圏人口約13万人。30Km以内に当院より規模の大きい病院が無く、二次救急を中心(一部三次含む)に診療しています。リニア中央新幹線の駅が、当院から3分の所に出来ますので、開通時には当院の医療特性は大きく変わると考えますが、しばらくは現状が続くと思われます。

総合病院 中津川市民病院

お気に入り

お問い合わせ