初期研修病院

三重県厚生農業協同組合連合会

鈴鹿中央総合病院

三重県鈴鹿市安塚町山之花1275番地の53


  • 1次救急
  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 3000~5000件
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~
  • 復職

所在地
三重県鈴鹿市安塚町山之花1275番地の53
アクセス
近鉄ご利用の方:白子駅下車、バスで20分
伊勢鉄道ご利用の方:玉垣駅下車、徒歩20分
病床数
460
救急指定
1次救急 2次救急
診療科目

内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、血液・腫瘍内科、呼吸器内科、小児科、外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、精神科、麻酔科、皮膚科、放射線治療科、放射線科、リハビリテーション科、脳神経内科、眼科、呼吸器外科、心臓血管外科、リウマチ科 、病理診断科、緩和ケア内科

外来数 768件/日
救急外来数 8230件/年
救急車搬送数 4344件/年
分娩数 0件/年
入院患者数 368件/日
在院日数 15.4日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
一般撮影装置:フラットパネル型3台、CR型1台
CT装置:80列マルチスライスCT1台、64列マルチスライスCT1台
MRI装置:1.5T MRI(1台)・Ingenia3.0T MRI(1台)
アンギオ装置:循環器用1台、頭腹部用1台
放射線治療装置:トモセラピー
X線テレビ寝台:3台
核医学検査装置:2検出器1台、3検出器1台
マンモグラフィ装置1台
結石破砕装置(ESWL)1台
院長

森 拓也

出身大学 三重大学

関連機関
三重県下各基幹型臨床研修病院(MMCプログラム参加施設)、三重北医療センター菰野厚生病院、鈴鹿厚生病院、大台厚生病院、南島メディカルセンター、大阪府済生会千里病院千里救命救急センター、紀南病院、旭が丘ファミリークリニック、留奥内科、別府内科クリニック、上田内科クリニック、坂倉ペインクリニック在宅診療所、鈴鹿保健所、介護老人保健施設ひまわり、NHO鈴鹿病院
指導医数
計50名
指導医数詳細
内科:16名・外科:5名・麻酔科:2名・呼吸器科:2名・小児科:2名・眼科:1名・産婦人科:2名・耳鼻咽喉科:1名・整形外科:4名・脳神経外科:3名・脳神経内科:2名・泌尿器科:3名・放射線科:3名・病理:2名・精神科:1名・皮膚科:1名
研修医数
計16名 男性11名/女性5名
研修医の出身大学
三重大学、香川大学、自治医科大学、過去に弘前大学、秋田大学、山形大学、獨協医科大学、東海大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学、福井大学、信州大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学、関西医科大学、近畿大学、神戸大学、川崎医科大学、徳島大学、愛媛大学、高知大学、島根医科大学、産業医科大学、福岡大学、久留米大学、琉球大学からの受け入れ実績があります。
研修後の進路
当病院、関連病院、関連大学、その他
病院の特徴
三重県中北部の鈴鹿市と亀山市を中心とする医療圏人口約30万人の地域の中核的な施設です。年間1万件近い救急外来(うち救急車は4000件以上)で、多彩かつ豊富な症例の経験ができます。臨床研修については第三者評価でもあるJCEPから高い評価を得ています。
病院の周辺環境
鈴鹿市は農業が盛んな地域ですが、本田技研や旭化成、AGFなどの製造業とその関連会社も多くあります。気候は温暖です。買い物や食事の施設にも事欠きません。地域の研究会が多く開かれる津市や四日市市までいずれも30分以内で行けます。最寄り駅の近鉄白子駅から名古屋駅まで40分、大阪難波駅まで90分程度です。

鈴鹿中央総合病院

お気に入り

お問い合わせ