初期研修病院

田川市

田川市立病院

福岡県田川市大字糒1700番地2


  • 1次救急
  • 2次救急
  • 3次救急
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 500万~
  • 見学補

所在地
福岡県田川市大字糒1700番地2
アクセス
●JR「田川伊田駅」から平成筑豊鉄道「田川市立病院駅」まで約4分 
平成筑豊鉄道 田川市立病院駅より 連絡バスで約2分
下車後徒歩3分
●西鉄バス「後藤寺バスセンター」から田川市立病院まで約12分
病床数
342床
救急指定
1次救急 2次救急 3次救急
診療科目

循環器内科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、緩和ケア内科、神経内科、内科、小児科、外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、総合診療科、放射線科、麻酔科、救急科、歯科、歯科口腔外科、精神科、リハビリテーション科

外来数 453.2件/日
救急外来数 6914件/年
救急車搬送数 1648件/年
分娩数 337件/年
入院患者数 209.3件/日
在院日数 14.4日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
取得価格1,000万円以上)
形成用手術顕微鏡:1
眼科用手術顕微鏡:1
手術台:1
耳鼻科用手術顕微鏡:1
ハイビジョン腹腔鏡モニターセット:2
全身麻酔器:3
キューサー(超音波手術器) 画像システム含む:1
CTスキャナー:1
コンピューターラジオグラフィーシステム:1
リニアック:1
RIデジタルガンマカメラ:1
泌尿器透視撮影装置:1
X線血管造影装置(循環器用アンギオ装置):1
アンギオ用動画サーバー:1
デジタルX線TVシステム:1
一般撮影装置:1
ポータブル撮影装置:1
内視鏡ビデオスコープシステム:1
超音波診断装置:1
眼底カメラ :1
網膜・硝子体・白内障手術装置:1
OCTスキャナー:1
顕微鏡写真装置:1
超音波診断装置:1
微生物検査装置:1
生体情報モニター装置:1
ベッド滅菌器:1
調剤監査システム:1
錠剤分包機:1
ウォッシャーディスインフェクター:2
電子カルテシステム:1
カルテ管理システム:1

(リース対応分)
MRI装置:1
体外衝撃波結石破砕装置:1

※平成27年4月1日現在
院長

松隈 哲人

出身大学 九州大学

関連機関
九州大学病院 長崎大学病院 福岡大学病院 九州医療センター 株式会社麻生飯塚病院
医療法人医理会柿添病院 医療法人和光会一本松すずかけ病院
指導医数
13名
指導医数詳細
内科2名、救急部門1名、外科2名、小児科2名、産婦人科2名、整形外科1名
形成外科1名、皮膚科1名、泌尿器科1名
研修医数
地域医療研修医 1~2名/月
研修医の出身大学
九州大学、琉球大学、長崎大学、山口大学、佐賀大学、久留米大学、福岡大学
研修後の進路
順天堂医院
病院の特徴
温かなスタッフの指導で豊富な実践経験、納得の研修を
1.高度な鏡視下がん手術(消化器・泌尿器・婦人科) 
2.整形外科は年間600~800例、形成外科は年間400件以上の手術 
3.胃・大腸・胆道等の内視鏡検査・治療の症例が年間3,000件以上 
4.循環器内科は年間500例以上の心臓カテーテル治療 
5.高齢者を支える地域包括ケア病棟と在宅緩和ケア 
6.小児科は夜間急患診療の実施。24時間365日の小児救急患者の搬送受入に対応 
7.産科は24時間体制で地域の大半の出産を(年間約350件) 
8.救急車専用ホットラインにより地域の1次および2次救急を支える

田川市立病院

お気に入り

お問い合わせ