初期研修病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所

北野病院

大阪府大阪市北区扇町2丁目4番20号

所在地
大阪府大阪市北区扇町2丁目4番20号
アクセス
JR大阪環状線 天満駅より、徒歩約7~8分
地下鉄谷町線 中崎町駅より、徒歩約5分
地下鉄堺筋線 扇町駅より、徒歩約5分
病床数
699
救急指定
2次救急 3次救急 ER型救急
診療科目

初期診療センター(救急部・初期診療科)、呼吸器センター(呼吸器内科・呼吸器外科)、消化器センター(消化器内科・消化器外科)、神経センター(神経内科・脳神経外科)、心臓センター(循環器内科・不整脈科・心臓血管外科)、腎泌尿器センター(腎臓内科・泌尿器科)、糖尿病内分泌センター、血液内科、化学療法センター(腫瘍内科)、リウマチ膠原病内科、神経精神科、心療内科、小児科、小児外科、産婦人科、乳腺外科、皮膚科、形成外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、麻酔科、放射線科、病理診断科、感染症科、ブレストセンター、血液浄化センター、リハビリテーションセンター、健康管理センター

外来数 1607件/日
救急外来数 6308件/年
救急車搬送数 10018件/年
分娩数 775件/年
入院患者数 596件/日
在院日数 10.6日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
臨床検査部(生化学検査室/細菌検査室/血液検査室/血清検査室/心電図室/肺機能検査室/脳波検査室/超音波検査室)/病理組織検査室/電子顕微鏡検査室/筋電図・誘発電位室/中央手術部/CCU/ICU/クリーンルーム/中央材料室/血液透析室/リハビリテーションルーム及び治療室(ハーバードタンク/過流浴/蒸気浴)/妊産婦保健指導室/母親教室/栄養指導室/母乳相談室/未熟児センター/幼児心理相談及び治療室/新生児室/CT診断室/MRI MRA診断室/RIシンチカメラSPECT診断室/シネ冠動脈造影室/内視鏡室/言語及び運動精神発達機能検査及び言語治療室(小児科)/聴力検査室/平衡機能検査室/顔面神経検査室/NICU(新生児集中治療管理室)/SCU(脳卒中ケアユニット)/ハイパーナイフ室/アンギオ室/全自動血液ガス分析装置/組織細胞多角的定量解析装置/多項目自動血球分析装置/誘発反応解析装置/心電図モニターシステム/超音波診断装置/脳波計/脳波・ビデオ同時記録装置/筋電図計/終夜睡眠脳波自動記録装置(データーレコーダー、ポリグラフ含む)/透過型電子顕微鏡/移動型X線テレビ装置/全身用CT撮影装置/X線テレビ装置/MRイメージング装置/RIシンチレーション装置/ガンマーカメラ/核医学データ-処理装置/循環器系X線診断装置(シネ冠動脈造影装置)/内視鏡(腹部他)/腹腔鏡下手術装置/手術用顕微鏡/超音波白内障手術装置/血液透析装置/手術支援ロボット「ダヴィンチ」/ダイオードレーザー/グリーンライトレーザー/生化学自動分析装置/人工内耳プログラミングシステム/超音波(エコー)装置Aplio500/マンモトームリボルブ/小腸カプセル内視鏡/体成分分析装置(InBody S10)/炭酸ガス(CO2)レーザー/「LED光刺激装置」/「神経機能検査装置MEE1200シリーズニューロマスター」/「外科手術用X線デジタル透視撮影装置 Cios Alpha」
院長

吉村 長久

出身大学 京都大学

関連機関
京都大学医学部附属病院、神戸大学医学部附属病院、鳥取大学医学部附属病院
指導医数
175
指導医数詳細
【指導医講習会受講者】
消化器内科2名、呼吸器内科2名、循環器内科2名、神経内科2名、糖尿病内分泌内科1名、血液内科2名、腎臓内科3名、リウマチ膠原病内科1名、消化器外科5名、脳神経外科1名、皮膚科1名、整形外科2名、耳鼻咽喉科1名、小児科5名、精神科1名、救急診療科2名、麻酔科2名、集中治療部1名、放射線科2名、産婦人科3名

【プログラム責任者養成講習修了者】
◇北野病院内科系総合プログラム・・・1名
◇北野病院外科系総合プログラム・・・1名
◇北野病院小児科・産婦人科系総合プログラム・・・1名
◇北野病院自由選択プログラム・・・1名

【地域医療に重点を置いた近畿厚生局指導医講習会修了者】
◇医師研修管理委員長・・・1名
研修医数
1年次 19名、2年次 13名
研修医の出身大学
東京医科歯科大学、名古屋市立大学、滋賀医科大学、京都大学、大阪市立大学、神戸大学、鳥取大学、奈良県立医科大学、長崎大学、 ほか
研修後の進路
当院または他の臨床研修指定病院のレジデントや専攻医、出身大学等の大学院進学または医員など
病院の特徴
【特 徴】
北野病院は大阪市の中心に位置し、近畿一円より患者様が集まっています。「断らない医療」を掲げ、救急患者は一次から三次まで多岐にわたって救急患者を受け入れており、昨年度の年間の救急車搬送台数は、9,800台であった。特に循環器疾患、脳神経疾患は大阪府の三次救急対応の認可を受けています。昼間は救急専門医2名が、時間外は内科系・外科系の指導医、後期研修医、研修医の計8名のチームが救急医療全般の診療に当たり、時間外はさらに脳外科、循環器内科、小児科、産婦人科、麻酔科が常時当直しています。大阪を含め、広範囲の救急本部と緊密な連絡体制をとっており、地域救急医療の一翼を担っています。
また、研修医はcommon deseaseから専門性の高い疾患まで幅広い症例を数多く経験することができます。インターネットなどの利用環境はもとより、図書館に医学雑誌、教科書が常備されているのはもちろんのことE-journal、Pubmed、UpToDateも、どの端末からも自由に参照でき、充実した研修を行うことができます。また、ローテート中にはそれぞれの科の指導医より指導を受けますが、その他の一般的なことの相談役、指導役として、2年目研修医およびレジデントがサポートするというチューター制度があります。医局はワンフロアで構成されていて、いつでも気軽に他科医師にも相談しやすい環境にあります。また、全科のスタッフが月2回(土曜日)、救急の基本について「救急講義」とともに、毎週水曜日または金曜日に「救急症例検討会」を研修医が主体となって開催しています。他にも毎週木曜日は「内科CC/CPC」毎週水曜日または金曜日はランチタイムに「ランチョンレクチャー」を開催しています。また、不定期に「コアレクチャー」は内部講師、外部講師によるX線の読み方、腹部エコー、縫合の基本、頭痛の鑑別などの基本的な技術・知識を身につけるとともに、院外からも著名な教授・研究者を招いた院内ホールでの講演会も随時開催されています。
【施設認定】
地域医療支援病院、大阪府がん診療拠点病院、地域周産期母子医療センター、働きやすい病院評価認定病院
NPO法人 卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定 臨床研修指定病院、ISO9001:2015の認証取得
病院の周辺環境
JR大阪駅、グランフロント大阪、梅田駅(阪神・阪急・地下鉄御堂筋線・地下鉄谷町線・地下鉄四ツ橋線)、扇町駅(地下鉄堺筋線)、中崎町駅(地下鉄谷町線)、JR天満駅(環状線)、阪急・阪神百貨店、梅田LOFT、HEP FIVE、天神橋筋商店街、関西テレビ、扇町公園、

北野病院

お気に入り

お問い合わせ