初期研修病院

川崎市

川崎市立川崎病院

神奈川県川崎市川崎区新川通12-1


  • 1次救急
  • 2次救急
  • 3次救急
  • ER救急
  • 救急車搬送台数 5000~7000件
  • マンツー
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児

プログラム名
川崎市立川崎病院初期臨床研修プログラム
プログラム責任者
研修管理委員会委員長  小宮 浩一郎
募集定員
10
指導体制
マンツーマン
病院一丸となり臨床研修体制の充実を目指している。卒後臨床研修評価による審査(外部評価)では「全国のリーダー的な研修病院である」との高い評価を受けています。教育指導部が臨床研修の調整・管理を統括するとともに、臨床研究支援室によるEBM教育や臨床研究支援の体制も整えています。
 研修生活最初の1か月間はオリエンテーションを行います。この1か月間で医師として必要な基本手技や知識だけでなく、社会人として、医師としての心構えも学びます。
 また1か月間に渡り一緒に研修を受けることで、同期同士の連帯感が強まり、以後2年間に渡る研修医生活を有意義に過ごすことに役立ちます。

 当院独特の取り組みとして、研修生活最初の1か月間は内科でオリエンテーションを行います。各科・看護部・薬剤部等が協力して電子カルテの操作方法、JATECなどの救急には欠かせない講習会や安全管理教育、採血実習や看護実習など実際の現場で体験することを先取りして全員が研修します。
 またメンター制度を取り入れており、各診療科にローテーションが始まってからも、上司ではない2年次の研修医が相談に乗ります。また教育指導部の指導医も1年間に3回程度面談を行い、助言を行います。
選択期間中に回れる診療科
必修の診療科(内科、救急科、外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療))を含め、その他脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、整形外科、形成外科、眼科、放射線診断科、放射線治療科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、病理診断科(検査科)を含む全診療科の研修を選ぶチャンスがあります。
年間スケジュール
/
1年次
2年次
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
内科
救急科
外科
小児科
産婦人科
精神科
地域医療
選択
*ローテーションは順不同
*1年次の最初の月(4月)は、全員が内科でオリエンテーション
*地域医療は全員が市立井田病院のほか、北海道中標津病院
カンファレンス・勉強会について
 ローテーションをしている診療科で実施されているカンファレンスに参加します。内科研修であれば、指導医が消化器内科医の場合、内科統合カンファレンスのほか消化器内科カンファレンス、内視鏡カンファレンスなどに参加し、研修医の希望や自主性を踏まえて、糖尿病カンファレンス・感染症カンファレンス等にも参加することが可能です。診療科によっては症例報告などを任されることもあります。勉強会については、診療科が提供する教育レクチャーのほか、年間数十回にもおよぶ院内講演会(教育研修)が用意されています。
研修医のフォロー体制
メンター制度や教育指導部の指導医、事務職員が常に相談に乗っています。
また、研修医は1年次、2年次とも同じ医局の部屋で机を並べており、動機や先輩と距離が近く、お互いに切磋琢磨しながら研修医生活を送ることができます。
研修に臨む皆さんへ
・目指してもらいたい目標
<医師として働く人間としての目標>
・患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立できること。
・医療チームの構成員としての役割を理解し、医療・福祉・保健の幅広い職種からなる他のメンバーと協調することができること。
・患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につけること。
・患者及び医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画できること。
・チーム医療の実践と事故の臨床能力向上に不可欠な、症例提示と意見交換ができること。
・医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、社会に貢献できること。

<技術的な目標>
・患者・家族との信頼関係を構築し、診断・治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施できること。
・病態の正確な把握ができるよう、全身にわたる身体診察を系統的に実施し、カルテ等に記載できること。
・病態と臨床経過を把握し、医療面接と身体診察から得られた情報をもとに必要な検査を実施し、又は適応を判断し、結果を解釈できること。
・気道確保や穿刺、注射など基本的手技ができること。
・保健・医療・福祉の各側面に配慮しつつ、診療計画を作成できること。

・研修医に求めるもの
 当院では全ての指導医が研修医に対して、「『病気』でなく『病人』を診る患者さん中心の医療」を理解し、実践できる医師の育成を目指しています。また、初期臨床研修が医師としての基盤形成期にあたることから、「人格の涵養」を基本とした医師教育を重視しています。具体的には、「チーム医療」の意義を理解し実践できること、「プライマリ・ケア」の基本的診療能力を身に着けること、研修修了後も自己を高めていく術(すべ)を習得することを期待しています。

 当院では全ての診療科に関連領域の専門医が勤務し、また臨床研修のより良い在り方を学び十分な指導経験を有する指導医がいます。初期臨床研修では、これら指導医とともに豊富な臨床経験を積むことを通じて、主にプライマリ・ケアに関連した知識と技術の習得を重視しています。また、同一診療科を複数カ月にわたり研修する場合には、個々の研修医の学習進捗状況を勘案して、発展的な内容を経験してもらうこともあります。

川崎市立川崎病院

お気に入り

お問い合わせ