初期研修病院

横浜市立みなと赤十字病院

神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号


  • 3次救急
  • ER救急
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 復職

所在地
神奈川県横浜市中区新山下3丁目12番1号
アクセス
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩約20分
横浜駅より市営バス約30分「みなと赤十字病院入口」下車
病床数
634
救急指定
3次救急 ER型救急
診療科目

内科(総合内科、感染症科)、内分泌内科(糖尿病内分泌内科)、血液内科、腎臓内科、リウマチ科(膠原病リウマチ内科)、
緩和ケア内科、呼吸器内科、消化器内科、肝臓内科、循環器内科、神経内科、アレルギー科、精神科、小児科、外科、消化器外科、
大腸外科、肝臓外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、
眼科、耳鼻いんこう科(頭頸部外科、めまい・平衡神経科)、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、
歯科口腔外科、救急科、病理診断科

外来数 1147.7件/日
救急外来数 23871件/年
救急車搬送数 12599件/年
分娩数 603件/年
入院患者数 518.8件/日
在院日数 9.9日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
PET/CT、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」
院長

野田 政樹

出身大学 東京医科歯科大学

指導医数
59名
指導医数詳細
糖尿病内分泌内科3名、膠原病リウマチ内科1名、血液内科1名、腎臓内科1名、神経内科3名、呼吸器内科3名、消化器内科2名、
循環器内科2名、外科3名、脳神経外科3名、整形外科5名、心臓血管外科1名、形成外科1名、麻酔科2名、救急部1名、集中治療部6名、小児科3名、産婦人科1名、精神科1名、眼科2名、耳鼻咽喉科3名、皮膚科2名、泌尿器科1名、放射線科2名、緩和ケア1名、アレルギー科2名、病理診断科1名
研修医数
計22名 男性14名/女性8名
研修医の出身大学
横浜市立大学、東京医科歯科大学、東京慈恵会医科大学、浜松医科大学、福島県立医科大学、旭川医科大学、東北大学、群馬大学、筑波大学、山梨大学、順天堂大学、昭和大学、東京女子医科大学、新潟大学、大阪大学、徳島大学、熊本大学他
研修後の進路
当病院、関連大学、卒業大学、その他
病院の特徴
開院当初から急性期医療を担う高度な総合医療施設として期待され、横浜市の政策的医療としての365日24時間の救急医療、小児・周産期・精神科救急医療、緩和ケア医療、アレルギー疾患医療に積極的に取り組んでいる。そんな中で先進的な医療として、救命救急医療、内視鏡やカテーテル医療、がん・悪性腫瘍医療、骨・運動器疾患医療などにはとくに重点をおいている。その結果、大学病院本院に準じた診療機能を有する病院としてのDPCⅡ群病院に平成28年度に指定された。
また地域医療の崩壊が懸念されている現在、当院は近隣の約700の医療機関と密接な連携を保ち地域中核病院としての役割を果たすべく努めている。同時に赤十字の使命である災害拠点病院としての活動も活発に行っている。

横浜市立みなと赤十字病院

お気に入り

お問い合わせ