初期研修病院

公立大学法人

横浜市立大学附属市民総合医療センター

神奈川県横浜市南区浦舟町4-57

所在地
神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
アクセス
・京浜急行「黄金町」駅下車 徒歩10分
・市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分
病床数
726
救急指定
3次救急 ER型救急
診療科目

高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、リウマチ膠原病センター、炎症性腸疾患センター、精神医療センター、心臓血管センター、消化器病センター、呼吸器病センター、小児総合医療センター、生殖医療センター、血液内科、腎臓・高血圧内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科、乳腺・甲状腺外科、整形外科、皮膚科、泌尿器・腎移植科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、歯科・口腔外科・矯正歯科、麻酔科、脳神経外科、リハビリテーション科、形成外科、臨床検査科、病理診断科、放射線部、集中治療部、内視鏡部、緩和ケア部、感染制御部

外来数 1953.7件/日
救急外来数 5730件/年
救急車搬送数 3453件/年
分娩数 1216件/年
入院患者数 653.6件/日
在院日数 12.4日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
院長

後藤 隆久

出身大学 東京大学

関連機関
恩賜財団済生会横浜市南部病院、独立行政法人国立病院機構横浜医療センター、国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院、国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院、国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院、国家公務員共済組合連合会平塚共済病院、藤沢市民病院、一般財団法人同友会藤沢湘南台病院、小田原市立病院、神奈川県立足柄上病院、独立行政法人労働者健康福祉機構横浜労災病院、日本赤十字社大森赤十字病院、横浜市立市民病院、茅ヶ崎市立病院、大和市立病院、横浜市立みなと赤十字病院、独立行政法人地域医療機能推進機構横浜保土ケ谷中央病院、恩賜財団済生会横浜市東部病院、横須賀市立市民病院
指導医数
88名
研修医数
1年次 51名、2年次 52名
研修医の出身大学
横浜市立大学、北海道大学、筑波大学、山梨大学、浜松医科大学、琉球大学、埼玉医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学など、全国国公立大学
研修後の進路
例年8割以上の在籍研修医が横浜市立大学後期研修プログラムに在籍し、大学病院だけでなく県内外の関連病院での後期研修を行う。その他大学院進学、他病院・他大学における後期研修を選択する場合もある。臨床教育研修センターでは横浜市立大学後期研修プログラムの紹介や説明会の案内、大学院入試の案内などを行っている。
病院の特徴
横浜市立大学附属市民総合医療センターは、726床を有する横浜市最大の病床規模を持つ総合病院です。当院の特徴と魅力は、大学の附属病院としての高度専門医療に加え、地域医療支援病院として、高度救命救急医療からプライマリ・ケアを含めた幅広い医療を同時に経験することが可能なことにあります。また、横浜市立大学附属病院や神奈川県有数の地域中核病院との「たすきがけ」研修が行われていることも特徴のひとつ1つです。

横浜市立大学附属市民総合医療センター

お気に入り

お問い合わせ