初期研修病院

医療法人 徳洲会

仙台徳洲会病院

宮城県仙台市泉区七北田字駕籠沢15


  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 3000~5000件
  • 屋根瓦方式
  • 住宅補・寮
  • 500万~

プログラム名
仙台徳洲会病院初期研修プログラム
プログラム責任者
院長  佐野 憲
募集定員
1
指導体制
屋根瓦式
年間スケジュール(月単位)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
6ヶ月 3ヶ月 3ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 7ヶ月
内科 救急部門 外科・麻酔科 小児科 産婦人科 精神科 地域医療 自由選択科
研修終了後の主なキャリア
東北大学または出身大学入局・出身外大学入局・当院スタッフ・他病院等
その他特徴
研修医指導のモットーは、少数精鋭で2年という短い研修期間で多岐に渡る症例を経験し、また多くの手技を収得して頂くことです。よってスーパーローテート方式を取りながらも柔軟な研修指導体制をとっています。研修医は各科指導医のもとで10~15症例の主治医となり診療に当たります。連日指導医と共に診療に当たる一方で、担当科以外の症例の検査や手術にも積極的に参加して頂く様、各科で連携を図っています。更に重症の救急患者については、指導医の監督下で可能な限り手技・治療を研修医に行って頂いています。また僻地離島での地域医療研修が経験できます。各科研修科終了時には症例報告会を行い、優れたものは学会で発表して貰います。更に毎週指導医と共に内科外科系研修医合同の抄読会も行っています。日々目まぐるしく過ぎる多忙な病院ですが、高次救急からプライマリ・ケアに至るまで2年間で多くのものを得て頂けると思います。

仙台徳洲会病院

お気に入り

お問い合わせ