初期研修病院

宮崎県立宮崎病院

宮崎県宮崎市北高松町5-30


  • 3次救急
  • マンツー
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児

所在地
宮崎県宮崎市北高松町5-30
アクセス
病院は宮崎市市街地の中心部にあり、JR宮崎駅より西へ車で約5分(徒歩約15分)の国道10号線沿いに位置しています。
病床数
638
救急指定
3次救急
診療科目

内科、精神科、神経内科、循環器内科、小児科、小児外科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科、救命救急科

救急外来数 8150件/年
救急車搬送数 4770件/年
分娩数 621件/年
在院日数 12.8日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
院長

菊池 郁夫

指導医数
計82人
指導医数詳細
内科16人、精神科7人、神経内科2人、小児科6人、外科14人、小児外科1人、整形外科4人、脳神経外科2人、心臓血管外科3人、皮膚科1人、泌尿器科2人、産婦人科4人、眼科1人、脳神経外科2人、心臓血管外科3人、皮膚科1人、泌尿器科2人、産婦人科4人、眼科1人、脳神経外科2人、心臓血管外科3人、皮膚科1人、泌尿器科2人、産婦人科4人、眼科1人、耳鼻咽喉科2人、放射線科4人、歯科口腔外科2人、麻酔科5人、臨床検査科1人、病理診断科2人、救命救急科3人、総合診療科1人
研修医数
【初期】 男性:22人/女性:8人
研修医の出身大学
九州大学、熊本大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学、自治医科大学、産業医科大学、久留米大学
病院の特徴
県立宮崎病院は、1921年(大正10年)設立の宮崎県を代表する歴史と伝統ある病院です。宮崎市中心部に位置し、22診療科を有する全県レベルの中核病院としての役割を担っています。100名を超える医師が在籍し、マンツーマン方式による指導体制と臨床研修の基本がしっかりと身につく研修プログラムで、医師としての実力と自信を育てます。県内各地から多くの患者さんが来られるため、common diseaseから希少疾患までさまざまな疾患・症例を経験できます。また、地域医療研修では山間部の町村立病院・診療所に宿泊しながら、地域の人々とのふれあいを通じてプライマリ・ケアを学ぶ絶好の機会となっています。

宮崎県立宮崎病院

お気に入り

お問い合わせ