初期研修病院

独立行政法人 国立病院機構

埼玉病院

埼玉県和光市諏訪2番1号

所在地
埼玉県和光市諏訪2番1号
アクセス
公共交通機関をご利用の場合

東武東上線 成増駅下車
東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅下車
東京メトロ副都心線 地下鉄成増駅下車
•成増駅南口から東武バス乗り換え(②番)
「南大和」行き乗車「埼玉病院入口」下車(所要時間7分)
•成増駅南口から西武バス乗り換え(①番)
「大泉学園駅北口」行き乗車「埼玉病院入口」下車(所要時間7分)

東武東上線 和光市駅下車
東京メトロ有楽町線 地下鉄和光市駅下車
東京メトロ副都心線 地下鉄和光市駅下車
•和光市駅南口から東武バス乗り換え(③番)
「埼玉病院」行き乗車「埼玉病院」下車(所要時間13分)

西武池袋線 大泉学園駅下車
•大泉学園駅北口から西武バス乗り換え(②番)
「成増駅南口」行き乗車「埼玉病院入口」下車(所要時間30分)
病床数
350
救急指定
2次救急 ER型救急
診療科目

総合診療科・内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・神経内科・外科・呼吸器外科・消化器外科・形成外科・脳神経外科・心臓血管外科・乳腺外科・整形外科・小児科・小児外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科・放射線科・麻酔科・リハビリテーション科・救急科・精神科・内視鏡内科・内視鏡外科

外来数 1049.5件/日
救急外来数 17739件/年
救急車搬送数 4481件/年
分娩数 476件/年
入院患者数 322.8件/日
在院日数 11.2日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
320列CT、MRI他
院長

原 彰男

出身大学 慶應義塾大学

関連機関
慶応義塾大学、日本大学
指導医数
42人
指導医数詳細
内科系8人、小児科3人、外科系13人、泌尿器科1人、産婦人科2人、眼科1人、耳鼻咽喉科1人、放射線科2人、麻酔科8人、救急科2人、リハビリテーション科1人
研修医数
28
研修医の出身大学
慶應義塾大学・日本大学・東京女子医科大学・秋田大学・富山大学・杏林大学・埼玉医科大学・群馬大学・順天堂大学・鳥取大学・東北大学・帝京大学・琉球大学・宮崎大学・昭和大学・旭川医科大学・新潟大学・日本医科大学
研修後の進路
埼玉病院、大学病院、市中病院等
病院の特徴
がんやその他高度専門医療に関して地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、肝疾患診療地区拠点病院、地域災害拠点病院及び地域周産期母子医療センターとして、埼玉県南西部保健医療圏における中核的役割を果たしています。
また循環器病政策医療ネットワークの関東信越グループ基幹病院(関東信越地方でトップの病院)として、心臓・大血管・脳血管疾患などの重傷患者を受け入れ、質の高い医療を行っています。心疾患は夜間休日にも受け入れ、心臓カテーテル検査や治療を行っています。地元医師会と連携し、MRIやCTの共同利用を推進するとともに、定期的に合同カンファレンスを実施するなど、近隣病院、診療所から紹介される患者数も増加しています。
年4回開催されている市民公開講座などを通じて地域への情報発信も行っています。
環境面でも2010年に新棟が建ち、2020年には200床増床を予定するなど、活気あふれる病院です。
埼玉病院といっても、東京都に近接する和光市にあるため、都心からのアクセスも良好です。
病院の周辺環境
埼玉病院は東京都板橋区、練馬区に近接する和光市にあり、地下鉄成増駅からバスで7分の距離で、交通アクセスも良好です。
周辺には理化学研究所や税務大学校などの公共機関や住宅街であり、落ち着いた雰囲気です。

埼玉病院

お気に入り

お問い合わせ