初期研修病院

学校法人産業医科大学

産業医科大学病院

福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1番1号


  • 2次救急
  • 救急車搬送台数 3000~5000件
  • 屋根瓦方式
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児

プログラム名
産業医科大学病院臨床研修プログラム
プログラム責任者
産業医臨床研修等指導教員 阿部 慎太郎
募集定員
11
指導体制
屋根瓦式
選択期間
10ヶ月
選択期間中に回れる診療科
内科系;膠原病リウマチ内科 内分泌代謝糖尿病内科、循環器内科 腎臓内科、消化管内科 肝胆膵内科、神経内科 心療内科、呼吸器内科、血液内科、皮膚科、神経・精神科、小児科
外科系;消化器・内分泌外科、呼吸器・胸部外科、心臓血管外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、形成外科、小児外科
その他;リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、集中治療部、病理診断科、地域医療、産業保健
年間スケジュール
/
1年次
2年次
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1
2
3
内科
救急部門
選択科
外科
小児科
産婦人科
神経・精神科
地域医療
選択科
各年次内(年間スケジュール)の診療科ローテート順は、個人の希望も容れて調整しますので、オーダーメイドの研修が可能です。
カンファレンス・勉強会について
内科合同カンファレンス:月1回
剖検検討会(CPC):週1回~月数回
研修医のための救急関連セミナー:年10回程度
医療安全に関わる講習会:年数回
保険診療に関わる講習会:年数回

各科ローテート中は週1回の回診および症例カンファレンスがあり、外科系診療科では術前カンファレンスにも出席します。自分の受け持ち症例については、プレゼンテーションを行う機会があります。
研修医のフォロー体制
臨床研修医の指導を統括する産業医臨床研修等指導教員が配置されており、研修医一人ひとりにメンターの立場で個別対応しています(臨床研修全般にわたる相談に、随時対応しています)。臨床研修専従の事務職員もおり、色々な相談にきめ細かく対応しております。
また、年度末にアンケート調査を実施して意見を汲み上げると共に、研修医と教員の交流会を開催して親睦を図っています。
研修に臨む皆さんへ
≪目指してもらいたい目標≫
<医師として働く人間としての目標>
相手を思いやる気持ちを忘れず、向上心を持ち続ける姿勢を身につけた医師。

<技術的な目標>
どの診療分野においても必要とされる基本的臨床能力を身につける。
自分の能力を知り、チーム医療に実践できる能力を身につける。
研修終了後の主なキャリア
臨床研修終了後は、当院の希望診療科で専修医として臨床修練(診療)を続けることができます。(本学出身者以外の医師には、産業医業務に就く義務はありません)
3年目以降も、是非当院で一緒に働いてくれることを臨んでいます。
その他特徴
救急部門:現場で幅広い初期対応能力(救急搬送およびウォ-クイン救急患者)が修得できます。

産業医学(選択科):臨床現場で役立つ産業医学の知識を体験型で研修できます。希望があれば、全国的に人気の高い『産業医学基礎研修会夏期集中講座』を受講することができます。本講座を修了すると、日本医師会認定産業医資格を申請するための単位を取得することができます。
※どの診療科もそれぞれ魅力的な研修を行っていますので、詳細はブースにてお尋ねください!

選択科(分野)では、個人の希望に合わせて、全ての診療科(分野)を選択することが可能です。
豊富な救急受診症例(救急搬送およびウォークイン)を通じて、全領域の初期診療を行う能力を身につけることをめざしています。
地域医療では、診療所での診療、高齢者医療、在宅医療(往診)、介護施設での診療も体験することができます。
選択科の中には、当院の特長である「産業保健」(企業における事業場研修も含む)の研修も体験できます。
選択科の期間に、北九州市内の地域中核病院(臨床研修病院)での研修も可能です(個人の希望に合わせて研修先を選択できます)。
病院としての取り組み
本院は、日本医療機能評価機能認定病院に認定されています。
当院は2015年4月25日付で公益財団法人日本医療機能評価機構が行う医療機関第三者評価『病院機能評価』において、機構が定める認定基準を達成していると評価され、認定病院として認定されました。

産業医科大学病院

お気に入り

お問い合わせ