初期研修病院

JA広島厚生連

JA尾道総合病院

広島県尾道市平原1丁目10番23号


  • 1次救急
  • 2次救急
  • 3次救急
  • 自由
  • 住宅補・寮
  • 保育・託児
  • 500万~
  • 見学補

所在地
広島県尾道市平原1丁目10番23号
アクセス
■ 車
尾道バイパス・平原インターから約3分

■ バス
尾道駅(山陽本線)尾道駅前-JA尾道総合病院前下車
(おのみちバス:尾道大学線・新駅線・JA尾道総合病院線の3路線)
新尾道駅(新幹線)新尾道駅―尾道駅前下車(乗り換え)
(中国バス・おのみちバス)尾道駅前―JA尾道総合病院前

■ タクシー
尾道駅(山陽本線)約15分、新尾道駅(新幹線)約10分
病床数
393
救急指定
1次救急 2次救急 3次救急
診療科目

内科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科、循環器内科、小児科、小児外科、外科、肛門外科、乳腺外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、精神神経科、麻酔科、放射線科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、救急科、緩和ケア内科、病理診断科

外来数 748.9件/日
救急外来数 17108件/年
救急車搬送数 3179件/年
分娩数 585件/年
入院患者数 335.0件/日
在院日数 10.9日
取得可能専門医科目

※基幹型は緑色

連携型は黄色

  • 内科
  • 総合診療科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 形成外科
  • リハビリ科
最新設備機器
・Revolution CT(256列)
・Descoery MR(3.0T)
・Allura ClarityFD10 血管造影X線診断装置   など
院長

杉田 孝

出身大学 広島大学

関連機関
広島大学
指導医数
60
指導医数詳細
内科:12名・外科:9名・整形外科:5名・放射線科4名・麻酔科3名・循環器内科:3名・小児科:3名・耳鼻咽喉科:2名・脳神経外科:2名・泌尿器科:2名・産婦人科:2名・眼科1名・病理診断科:1名・皮膚科:1名・心臓血管外科1名
研修医数
計13名 男性9名/女性4名
研修医の出身大学
広島大学・山口大学・愛媛大学・産業医科大学・高知大学・徳島大学・昭和大学・ハンガリー国立ペーチ大学
研修後の進路
当病院、関連病院、卒業大学、その他
病院の特徴
当院では当制度開始以前から若手医師の育成には力を入れており、育成のノウハウやその結果には自信を持っています。また、地域がん診療連携拠点病院・地域救命救急センターなどの指定を受けており、幅広い症例が経験できるなど、有意義な研修を実施できると考えています。また、学術活動にも力を入れており、当院若手医師による学会等への研究発表も多数行っています。その中には表彰を受けるほどの研究内容も少なくありません。
当院があります尾道市は全国的に「尾道方式」と呼ばれるまでになった地域医療連携が根付いており、急性期病院のみや地域の診療所のみではなく、地域全体で患者を診ることができます。そのため、より自身のすべき医療(研修)に専念できることは当然のこと、その密接な連携から知りえる患者の在宅での生活の状況をより身近に感じ、その知識や感性が臨床において活かすことができます。
平成27年4月より地域救命救急センターを開設し、より救急医療を経験し得る環境が整いました。
病院の周辺環境
JA尾道総合病院のある尾道市は、広島県東部のしまなみ海道と尾道松江道路の十字路に位置し、まさに山陽、山陰、四国を結ぶ交通の要所に位置しています。
尾道は文化の街であり、志賀直哉の旧住居、林芙美子の文学の小道や大林宣彦監督による映画の撮影場所などの観光スポットがあります。また、千光寺・浄土寺をはじめ、多くの寺院があり、古寺めぐりルートも人気があります。また最近ではサイクリングのため訪れる方が増えています。
病院自体は尾道市街から車で10分の高台の閑静な住宅街の中にあります。市街地はスーパー・ドラッグストアー・飲食店など豊富にあり、生活に困ることはありません。また、おしゃれなカフェや美術館、尾道ラーメンのお店、居酒屋から料亭まで、プライベートを有意義に過ごせる環境も整っています。

JA尾道総合病院

お気に入り

お問い合わせ