徹底討論!大学病院vs市中病院

徹底討論!大学病院vs市中病院

大学病院チームの主張/山口大学医学部附属病院

初期研修医
佐々木 嶺 医師

いつかは出身地に戻る気持ちがあり、山口県の医療を知っておくために大学病院を選んだ

研修病院を山口大学医学部附属病院に決められた経緯はどのようなものだったのですか。

佐々木:山口県出身ということもあり、山口県内で医療をしたいという気持ちは前からありました。大学の1年のときに父親が亡くなり、山口に戻って来てほしいと言われたというのもありますね。将来、実家のクリニックを手伝うというビジョンがあったので、遅かれ早かれ地元に戻る気持ちはありました。山口大学医学部附属病院を選ぶことになったきっかけは山口県の医療を知らなければいけないと考えたことが大きいです。大学病院は指導医の人数や症例数も豊富です。将来の方向性を決めるうえで、まず大学病院で研修して、多くの医師と関わり、どこの医局の雰囲気がいいとか、どういう医師がいるということなどを知ろうと思って、決めました。

初期研修プログラムの良い点をお聞かせください。

佐々木:各病院に良いところがあるのでしょうが、私は山口大学医学部附属病院の良い点は「ここの科をこれだけ期間、回りたい」という自由度が高いことだと考えています。色々な科を回ることによって、各科の知識も身につきますし、他科を回ったときに役立つことが多くあるはずです。

逆に、改善してほしい点はありますか。

佐々木:自分の興味に従って科を選んでしまう人が大多数になるので、科によってはローテートする研修医の数に大きな差が出ています。マンパワー的にも偏りが出てしまうことが問題ではないでしょうか。

山口大学医学部附属病院の研修で一番勉強になっていることをお聞かせください。

佐々木:大学病院ですから、カンファレンスがしっかりあり、考える力が非常に身についたなと思いますね。今、市中病院に少し行っているんですが、いい意味で厳しいカンファレンスの雰囲気は大学でしか味わえないことを実感しています。

研修を受けてきた中での失敗談はありますか。

佐々木:上の先生と必ず一緒に行う体制になっており、いつでも相談できるようになっています。

研修医同士とのコミュニケーションはどうでしょうか。

佐々木:同じ病院で研修している研修医同士であれば、控室で話すことが多いです。日々の診療のほか、成功談や失敗談などを話しています。山口県では4月と8月に山口県医師会主催で、県内の各病院の研修医が集まるという会があり、そのときにほかの病院の研修医と話す機会があります。

指導医の先生方についてお聞かせください。

佐々木:山大の指導医の先生は本当に分け隔てなく接してくださいますし、出身大学とかも気になさらないですね。面倒見のいい先生が多いというのが第一印象です。面倒見がいいうえに、聞いたら、とても熱く教えてくださいます。医療の技術的な指導はもちろん、考え方をお聞きしたり、ときにはお互いに言い合うようなこともよくあります。そういう意味で、そんな先生方のいらっしゃる環境で1年間、過ごせたのは恵まれていましたね。

当直体制についてお聞かせください。

佐々木:各科によって違います。当直といえば、救急を思い浮かべる方が多いと思いますが、山大の救急の当直は指導医が2人いて、いわゆる3人目として研修医が携わるような体制です。

コメディカルの方々とのコミュニケーションはいかがですか。

佐々木:私は自分で企画して、上級医の先生方や看護師さん、リハビリの方にも声をかけて、一緒にフットサルをやっています。病棟の飲み会もありますし、私自身はコメディカルの方々とコミュニケーションを取れている方だと思います。

初期研修の病院を選ぶポイントを医学生に向けてメッセージをお願いします。

佐々木:手技を覚えたい、症例数が豊富である、早く一人前の医師になりたいという気持ちを優先させて選ぶ人が多いのですが、それは間違っていません。3年目にどこかの医局に属するうえでは礎となるものでしょう。でも、初期研修の2年間は将来の進路を決める一番大切な時期です。手技はあとからでも学べますし、診ている患者さんが目の前にいれば、自然に勉強するはずです。だからこそ、私は将来を考え、大学を選びました。人が多いというのはそれだけで刺激になりますし、各医局の雰囲気や所属している医師を知ることができます。山口大学医学部附属病院は良い指導医に恵まれ、自分の成長を実感できる初期研修を行える病院ですよ。

お気に入り