徹底討論!大学病院vs市中病院

徹底討論!大学病院vs市中病院

大学病院チームの主張/川崎医科大学附属病院

初期研修医
八十川 直哉 医師

症例の多さ等のほか、出身大学の病院で先生方に質問しやすいことがよかった

大学卒業後、研修先に市中病院ではなく、大学病院に決めた理由をお聞かせください。

八十川:症例が多く、common diseaseから稀な症例まで経験できること、一次から三次救急まで経験できること、そして出身大学の病院であることから色々な先生方に質問しやすいことです。

指導医の先生のご指導はいかがですか。

八十川:忙しくて、なかなか話し合いができないこともありますが、時間を見つけて、考えかたや手技のやり方、コツなどを丁寧に教えていただいています。面倒見は良い方だと思いますよ。

初期研修プログラムで改善してほしい点はどんなことでしょうか。

八十川:ローテートする科をいつでも変更できるようにしてほしいですね。研修中に興味ある科を見つけた場合、そこに関連する科を回りたいときに変更したくても変更できないのは困ります。

研修医同士の意見交換や情報共有はいかがでしょうか。

八十川:同期の研修医は皆、母校の出身者なので、問題ないです。

当直のスタッフ体制はどう組まれていますか。

八十川:上の先生と必ず一緒に行う体制になっており、いつでも相談できるようになっています。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

八十川:看護師以外のコメディカルの人とあまり接する機会はないですが、食事のことなら栄養士、画像の撮り方なら放射線技師に連絡して質問し、教えていただけるのでありがたいです。

カンファレンスなどの雰囲気はいかがですか。

八十川:科によって雰囲気は変わるとは思いますが、どの科も研修医に教えようとしてくれる雰囲気があります。どの科も良いですね。

研修を終えた後の進路はどのような予定ですか。

八十川:同じ病院に残り、呼吸器内科に進みます。将来は一般内科を専攻したいと考えています。呼吸器内科は感染症、アレルギー、腫瘍と幅広く診ることができ、手技も多くあることが決め手となりました。

初期研修で大学病院を選んで良かったことはどのようなことでしょうか。

八十川:教育機関であり、指導体制がしっかりしていることですね。

お気に入り