徹底討論!大学病院vs市中病院

徹底討論!大学病院vs市中病院

大学病院チームの主張/近畿大学医学部附属病院

初期研修医
進藤 恵美 医師

マイナーの診療科もしっかり学びたいと思い、大学病院でしっかり経験を積もうと考えた

初期研修の病院として、近畿大学医学部附属病院を選んだ理由をお聞かせください。

進藤:出身が近畿大学だったことが大きいですね。外科を志望しているので、一般外科とマイナーの診療科をしっかり学びたいと思っていました。ところが、一般病院ではマイナーの診療科をきちんと行っているところは少なく、それならば大学病院でしっかり経験を積もうと考えたんです。6年生のときに市中病院に少し見学に行ったのですが、近畿大学に戻ったときにほっとしたし、先生方がフランクで、アットホームだったので安心しました。地域の基幹病院ではありますが、風邪などでもERに来られるので、プライマリケアを学べるところも魅力です。

指導医の先生のご指導はいかがですか。

進藤:研修医に対して、とても親身になってくださる先生方ばかりです。アットホームな感じの先生が多く、非常に恵まれていますね。

初期研修で一番、勉強になっているのはどんなことでしょうか。

進藤:学生のときには形成外科を勉強しなかったのですが、救命救急の研修中に指を切断された患者さんがいらして、形成外科の先生にお会いする機会がありました。そこで、形成外科がすごく面白いことを教わったんです。将来、目指す診療科の選択が広がったことが良かったです。

初期研修で辛かったことはありますか。

進藤:初めは辛いことがあるのだろうなと予測していましたが、特にありませんでした。2年間の短い研修ですが、各診療科の横の連携が良いので、色々な診療科で研修しても寂しさなどはなかったです。強いて挙げれば、色々な科を回りきれないのが辛いです(笑)。

カンファレンスの雰囲気はいかがですか。

進藤:特に内科はカンファレンスに力を入れているように思います。雰囲気は厳しいですね(笑)。学生のときと同じ感覚でいると、思わぬ所を突っ込まれます。学生のときは疾患だけを学んでいればよかったのですが、今は患者さんの家庭環境なども視野に入れて接しています。私たちが一番、患者様に接しているので、カンファレンスは上級医の先生に患者様の状況を詳しく話せる貴重な機会です。たとえば、来週、結婚式に出席したいので早く退院したいという患者様や時間をかけてでもしっかりと治療したい患者様がおられることなど、私たちから伝えるようにしています。また、カンファレンスに出ることで、ほかの患者様の情報も知ることができるので、重要です。

これから研修病院を選ぶ医学生に対し、研修病院を選ぶポイントと研修を受ける上での心構えをお願いします。

進藤:臨床研修病院合同説明会などで情報収集をするのも大切ですが、会場では基本的に、病院の良いことだけをPRされます。したがって、実際に臨床研修病院に見学に行って、直接、研修医に話を聞く方が良いと思います。