徹底討論!大学病院vs市中病院

徹底討論!大学病院vs市中病院

市中病院チームの主張/横浜旭中央総合病院

初期研修医
上原 義史 医師

先輩が初期研修をしており、患者さんと接する時間が圧倒的に長い市中病院を選んだ

大学卒業後、研修先として大学病院でなく横浜旭中央総合病院に決めた理由をお聞かせください。

上原:大学病院は上の先生たちから順番になっていて、研修医にはなかなか順番が回ってこないという話を聞いたことがあり、患者さんと接する時間が圧倒的に長い市中病院を選ぼうと思っていました。横浜旭中央総合病院は大学の先輩が初期研修をしていたので、興味を持ちました。先輩から研修医も主治医制であること、指導医の先生方がしっかりついて指導してくださること、手技的なこともチャンスが多いことなどを伺い、見学に来たうえで決めました。その先輩が後期研修も引き続き、この病院に残るということも大きかったですね。後期研修に残る初期研修医が多いというのは病院の良さだと思います。

横浜旭中央総合病院に見学に来られたときの印象はいかがでしたか。

上原:先生方が優しくて、病院も活気があって、明るい雰囲気だなと感じました。

横浜旭中央総合病院での初期研修はイメージ通りですか。

上原:患者さんを実際に治療していますので、イメージ通りですね。最初は薬の使い方も分からないし、入院の説明のインフォームドコンセントにしても、病気について理解できていないとできませんので、勉強が必要です。もちろん、指導医の先生に教わったり、相談する機会も多いですが、自分で一つ一つ考えるようにしています。

横浜旭中央総合病院での初期研修の特徴をお聞かせください。

上原:主治医制というのが大きな特徴ですね。患者さんが良くなっていく経過を直に見られますし、仕事をしている実感が湧きます。

指導医の先生のご指導はいかがでしょうか。

上原:優しいですよ。気さくな方ばかりなので、質問もしやすいです。後期研修2年目の先生方が2人、内科にいらっしゃるので、年齢の近い先生方は特に聞きやすいですね。指導医の廿楽(つづら)先生も面白い方で、食事に行って、プライベートな話をすることもあります。

横浜旭中央総合病院での初期研修で楽しかったことはどんなことでしょう。

上原:食事に連れていっていただくことが多いことでしょうか(笑)。初期研修医は1年目、2年目で4人ずつ8人なのですが、ちょうどいい規模ですし、仲良く勉強できています。

研修医同士の意見交換や情報共有も活発ですか。

上原:研修医室があって、部室のような感じです(笑)。初めて診る病気のことや薬のこと、アプローチの仕方、まだ経験していない手技などを教え合っています。

何か失敗談はありますか。

上原:車で10分のところに住んでいるのですが、寝坊したことがあります。電話がかかってきて起こされました。病院に着いて、謝罪したのですが、医局が明るい雰囲気なので、助かりました。それから、上の先生の出前の食事を自分のものだと思い、勝手に食べてしまったことがあります(笑)。その先生も優しくて、余ったものを食べていらっしゃいました。病棟での失敗では、「点滴を繋いで」と言われ、針を刺したのはいいのですが、点滴自体がなかったことがありました(笑)。「看護師さーん」と叫んでしまいましたよ。

初期研修プログラムで改善を望みたいことはありますか。

上原:まだ1年目で、内科を8カ月回っているところですので、改善してほしい点は見つからないですね。

選択の期間にはどちらの診療科に行かれるのですか。

上原:選択期間が長いことは気に入っています。1年目の選択では麻酔科と精神科を回るつもりです。ほとんどの研修医は麻酔科を回り、劇薬の使い方や気管挿管などを勉強しています。精神科は当院にはないので、鶴川サナトリウム病院に行きます。精神科で使う薬に興味があることと精神科の患者さんにしっかり関わってみたいと思い、選択しました。2年次の選択はまだ決めていません。

当直の体制について、お聞かせください。

上原:月に4、5回で、内科の上級医1人、初期研修医1人という体制です。ファーストコールが研修医にかかりますので、患者さんを診て、検査を考え、上の先生と確認しながら進めていきます。

当直では、どんなことが勉強になっていますか。

上原:プライマリケアの検査、診断、初期治療、治療方針を立てるなどのことが理解できますね。目まい、動悸、腹痛など、どういう検査をするのかといった初期対応をしっかり学べる場となっています。大学は三次救急なので、プライマリケアを多く診ることができる市中病院でメジャーな疾患の判断能力を養っておくことは意味があると思います。

カンファレンスなどの雰囲気はいかがですか

上原:毎朝8時30分から内科全体のカンファレンスを行っています。初期研修医が入院患者さんについてのプレゼンをするのですが、明るく、和やかな雰囲気ですよ。神経内科、呼吸器内科、消化器内科と専門医の先生方が揃っていますので、議論が白熱して、たまにピリピリとした雰囲気になったりもします(笑)。研修医が「この患者さんを担当させていただきたいのですが」と提案できる場でもあります。

コメディカルの方たちとのコミュニケーションはいかがですか。

上原:優しいスタッフが多いですね。教わることばかりですよ。看護師さんは点滴も上手なので、私もやり方を習っています。薬剤師さんも私のオーダーが怪しいときには「これはこの容量でいいですか」と尋ねてくださったり、オーダーミスにならないよう、ダブルチェックをしてくださっています。

今後のご予定をお聞かせください。

上原:後期研修については科目は未定ですが、当院に残っている先生方が多いので、私も残りたいですね。科目は内科か、スポーツドクターに興味があるので、整形外科かで迷っています。将来は沖縄の父のクリニックを継承する予定ですので、プライマリケアをしっかり学んでいきたいです。

ご趣味など、プライベートの過ごし方について教えてください。

上原:野球観戦が好きですね。阪神ファンなんです。特に矢野選手がかっこいいと思っています。横浜スタジアムまで近いのですが、忙しくて、昨シーズンは全く観戦に行けませんでした。日頃はお酒を飲むことが好きで、青葉台の居酒屋に行ったり、カラオケに行ったりしています。

現在の臨床研修制度に関して、ご意見をお願いします。

上原:私のように専攻したい科目が決まっていない人にとっては良い制度です。何も分からないところからスタートできますし、2年間でしっかり勉強できますので、将来のことも考える余裕ができますね。ただ、大学病院は地域医療を学ぶ場が少ない気がします。当院は開業医の先生の診療所でも研修がありますので、充実しています。

最後に、これから初期臨床研修病院を選ぶ医学生に向けて、メッセージをお願いします。

上原:見学に行ったら、どういう仕事を研修医がやっているのか、しっかり見てください。そして、自分の方向性に合っているのかどうかという見極めも大事です。市中病院の中でも、当院は研修医が患者さんを直に診る機会が多いことが特徴です。自分でやってみて失敗することがあっても、上の先生方が親切にフォローしてくださいますし、失敗することで学べることも少なくありません。肺炎、腸炎、脳梗塞などの一般的な疾患を学べるほか、高血圧や糖尿病の治療薬の容量調節など、研修医が考える場が多く、患者さんのことを第一に考えることができる医師になっていける病院だと思います。