ドクターライフプラン

民間病院勤務

医局制度の崩壊?

高度医療や研究の環境に恵まれた大学病院を飛び出して民間病院に職を求める医師は年々増加しております。
今回の卒後臨床研修必修化は、その動きに一層の拍車を掛ける事になるでしょう。

民間病院への転職の流れ

民間病院勤務のメリット

・ 大学病院よりも高い報酬が望める
・ 臨床能力の向上
・ 地域に根ざした医療が実践できる

民間病院勤務のデメリット

・ 専門医、認定医を取れる施設が限られる

民間病院勤務 〜 自分で探す

一般の転職活動と重なる部分がありますが、まずはどこから情報収集を行うかが重要になります。一般的な就職のように求人情報のみを扱った雑誌等があればよいのですが、医師向けの求人情報はなかなか表立った状態にはなっておりません。医師向け雑誌の巻末などに掲載されていますが、本来の目的と異なるために必要な情報を手に入れることが難しいと言えます。やはり、時代を反映して、インターネットを最大限に活用することも選択肢のひとつとして注目を浴びています。

e-doctor

民間病院勤務 〜 人材紹介会社を利用する

人材紹介会社を利用するメリット

・ 最適な病院をピックアップ
・ 客観的情報(地域の評判等)の提供
・ 診療データ(手術件数、検査件数等)の提供
・ 内部情報(学閥、経営計画等)の提供
・ 表に出ない求人情報の提供
・ 勤務条件(休日、当直の有無等)の交渉を代行
・ 給与の折衝
・ 転居に関する相談
・ 面談日時のセッティング・同行
・ 入職・辞退等の連絡を代行

人材紹介会社を利用するメリット

紹介会社によって当たりはずれがある
1. 特定の病院だけしか紹介しない会社
2. 会社によって情報量に差がある
3. 断りなく履歴書を病院に流す会社

株式会社リンクスタッフ