ドクターライフプラン

大学医局

規制緩和の波に乗って医局制度そのものが見直されていますが、現状日本医療の人的構成は大学教授を頂点にしたピラミット型になっています。

大学は高度先進医療を実践する場であり、研究・教育機関でもあります。
今後の時代の流れとしては、大学は研究・教育機関という色がより強くなり、臨床に力を入れたい人は民間病院へ、研究を続けたい人は大学医局にと、すみわけされていくのではないでしょうか

医局にいるメリット

・ 保険適用外を含む新しい治療が経験できる
・ 働き先が確保できる
・ 博士号を取得できる
・ 研究会などに参加しやすい

 

医局にいるデメリット

・ 意に添わない人事を受ける事が多い
・ 臨床よりも研究が主に
・ 民間病院に比べ、収入が低い