• このページをシェアする:
ハッピー♡マッチ
崎長 ライト  編集:杜 美樹  挿絵:羽野 ねねこ
第三部 出会いと別れ 春 第八話 バレタインデー
2017.02.24

 聖バレンタインデーの由来は諸説あり、女性が男性にチョコレートを贈るのは日本だけらしいのですが…、いいじゃないですか! この素晴らしいシステム。
 一説には、大田区の製菓会社の原邦生様という方が考案したそうですが(ウィキペディア)、あたしは、原様にノーベル賞をあげていいと思います。ノーベル賞がダメなら、つばき大賞でもあげたい。
「そんなの欲しくないと思うよ、つばき」
「ですよね」
「つばき大賞やる前に、大地君にチョコ渡した方がいいよ」
 一月の末に大地君はエコ・タウンから引き揚げ、大学の研究所に戻りました。今は、代わりの外国人の院生が、ざっくりした分別作業をやっています。
「チョコかー。アオイちゃんはどうするの? 俊介君に」
「あたし…。あたしのことはどうでもいいのよ」
 しまった、うかつに聞いてしまいました。ふたりは、休眠状態が続いているようです。
 生協で、そんな会話をしながら、ふたりでしょんぼりとしていると、菜々さんがやってきました。今日は、六月のEレジの打ち合わせです。まだ、二月ですけど、カリスマは、先の先を読んで営業をしているようです。アオイちゃんが国対委員なので、菜々さんと情報交換します。

 ひととおり、Eレジ関連の話が終わると、再び、あたしの話になりました。自称、つばきの恋の応援団の団員たちは、本人そっちのけで、だんだん盛り上がってきています。
「つばき、ここは、大一番、天王山、剣が峰…、とにかく勝負よ」
「そうかなー」
「あかん、元気だしな、勝負や。好きなんやろ? つばきちゃん」
 生協のプラスチックの茶碗の中には茶柱が立っていました。
小さくうなずきました。
「やったら、コクちゃうしかないやん」
「えー、告白…、ですか」
「そうだよ、つばき、告っちゃえ」
 なんか、アオイちゃんが急に元気になってきました。
「あたしなんか、無理だよ…」
「無理なことないで。好きなら行くしかないやん」
「でもやっぱ、つばきは無理かなあ。地味で大人しい、真面目で優しい、ジャニオタで、妄想癖の佐藤つばきだからねー」
いや、アオイちゃんそこまで言わなくても…。
「そやなあ。でもな、彼も二十四才、就職前。つばきちゃんも同じ、二十四才、就職前。例え今後友達関係みたいなのが薄―く続いてな、いきなり社会人になって、付き合ったりする?」
「可能性は低いですね。研修医の時忙しいし、向こうも新人社員だから忙しいし、付き合うのは厳しいかも」
「そやろー。だからさ、ええ年なんやから、もし、ここで付き合うことになれば、社会人になってから、ハッピーになるかもしれへんでー」
 あたしは、すこし顔を上げました。菜々さんがいう次の言葉で、こころが動きました。
「つばきちゃんは、まだ、どこで研修するかも決めてへん。もし、大地君と付き合うようになったら、研修先も変わるわなー。ハッピーマッチングにしたいなら、勇気やな」
 ハッピーマッチングとは、どういうことなのでしょうか?
医学生と研修病院、あたしと大地君のこと…。
まあ、どっちでもいいですが、菜々さんのいうことは、正しいような気がします。ここで躊躇したら何も変わらないことは事実です。このままヤス君との妄想の世界で一生過ごすことになるかもしれません。それは、それで、楽しいのですが、やっぱり悲しい…。
アオイちゃんも応援してくれてます。
「たいした恋愛経験のない私がいうのも何なんだけど、好きになる人って、そうそう出てこないよ。ただでさえ出会いの少ない医学部女子だし。菜々さんのいうように思い切ってもいいかも」


 それから一週間、あたしの頭の中は、チョコレートのことで一杯でした。手作りにすることだけは決めました。
生チョコ、トリュフ、ガナッシュカップ、ホワイトチョコ、ワイン入りチョコ、ハート型チョコ、バナナチョコ、ガトーショコラ…。
「基本、溶かして、固めるだけじゃん、超ー、簡単」
「今年は、たこ焼きチョコええんちゃう、来てるわー」
 信用しません。
応援団を全部信じると、手痛い目に合うのは経験済みです。
あたしは、悩んだ末、抹茶のシフォンケーキにしました。
食いしん坊のパパは、ケーキ作りもやります。特に、シフォンケーキが得意で、子供のころから手伝っていました。八才の時に、はじめて、ふっくらと焼き上がるシフォンケーキを食べたときの感動は忘れません。幸せそのものでした。だから、シフォンなら、多少の自信があります。チョコレートじゃなくて抹茶にしたのは、大地君がフードコートで、抹茶のアイスクリームを頼もうとしたからです。あの時は、結局、食べれませんでしたが。たぶん、抹茶好きです。

バックナンバー

著者プロフィール

崎長 ライト
崎長 ライト
長崎大学病院 医療教育開発センター長 浜田久之(内科医)
長崎県生まれ。

医者になりたかったのに、なぜか高校時代は文科系で、読書好きのラガーマン。浪人、大学中退、放浪、バーテンダー…、予備校講師を経てやっと医大生。

医学生時代は、学習塾経営。学生結婚しました〜。学習塾は大繁盛しバブル時代を謳歌しましたが、自分の成績は悪く、最後の模試は105人中100番(汗)。いい仲間のおかげで助けられて、何とか卒業しました(涙)。
初期研修は大学病院で、その後様々な地域の病院で一生懸命働きました、勉強もしました。引っ越し回数20回以上!市中病院の総合診療科病棟の立ち上げ後、トロント大学に家庭医学と医学教育を2年間学びました。これが、人生の転機となりました。 研修医教育(≒マッチング業界)歴は、15年くらいです。ほぼ毎日、1年次研修医の外来研修を熱血指導(半分嫌がられてますが…)しています!

資格:博士(医学)、博士(教育)、消化器病専門医、プライマリケア学会専門医など
趣味:思案橋でハイボールを飲みながら、世間話。特に、ジャニーズや芸能ネタは好きです(笑)。
小説:『小さな世界平和』 (※長崎新聞社新春小説大賞佳作)
   『フルマッチ』

著者より一言:アクセスしてくれて、本当にありがとうございます!超〜、感謝です。
       ハッピーの積み重ねを感じる力が大事(長崎大学病院 医療教育開発センターWEBサイトより)