• このページをシェアする:
ハッピー♡マッチ
崎長 ライト  編集:杜 美樹  挿絵:羽野 ねねこ
第三部 出会いと別れ 春 第七話 チャンポン
2017.02.17

 大地君は、「ごめん、ごめん」と両手で手を合わせて、二十分遅れでジャスコの一階の『無印良品』にやってきました。
いつもの青の作業服姿ですが、たぶん洗い立てでアイロンをかけたのではないでしょうか。すこし気をつかってくれているのかな? そうだったらうれしいです。
本当に来てくれた。
 エコ・タウンの下水処理業者との打ち合わせが延びて遅れるということはラインの連絡で分かってはいたのですが、とにかくホッとしました。
 二十四才にして「好きな人を待つ」という行為は初めてだったので、この時点で結構疲れました。
 道に迷ったのではないか、途中で事故に遭ったのではないか、遅れるというのはウソで、来ないのではないか、もしかしたら、突然、本命の彼女が部屋に来たのではないか、そもそもあたしのことなど完全にOut of 眼中(菜々さんがよく使う)だから、来るつもりもないのではないか…。いやいやそんなことはない、ちゃんと、ラインが来たではないか…。
 あたしの気持ちはぐらぐらと揺れていました。
待っている間に、大事なことに気づきました。妄想はコントロールできるのですが、リアル恋はOut of control。ちょっと苦しいのです。これがリアルってことですか? もう、なるようにしかなりません。大地君は、あっちの方を向いてぼそりと言いました。
「お腹ー、すいた?」
「うっ、うん」
 あたしも初デートで緊張しているようです。声がガラガラです。
フードコートに向かいました。
大地君は、急いでたので暑いのか、つなぎの上の部分を脱いで、袖を腰に巻きました。学部生の時は、水泳をやっていたと聞きました。黒いヒートテックの下に逆三角形の上半身がわかります。
「大地君って、胸筋と広背筋が発達してますね?」
「キョウキン?」
 大地君はキョトン。
何のことを言っているか分からないようでした。

 この時の模様は、後日応援団に報告したのですが…。
― つばき、ダメだよ、そんな解剖の専門用語使って。そういう場合は「うわー、すっごいー、鍛えてるんですね」とか言って、さりげなく触るんだよ。
― あかん、つばきちゃん。医学部ってだけで敬遠されるんよー。つばきちゃん、おバカキャラなんよ、何でそこで勉強できまーすってアピールせなあかんかなあー。女子力、鍛え直さなあかんなあー

   大地君は、フードコートに入り、何を食べようかと聞いてくれました。沢山のお店をふたりで眺めます。

 ミスタ―・ドーナツ、スタバ、マック、サブウェイ、出羽屋、大戸屋、とんかつ屋、うどん屋…。

― 実況解説の菜々さん、ここは、無難にスタバでしょうか?
― さすが、女子力高いアオイちゃんやねー。まずは、汁物はあかんなー。パス。ハンバーガーとかも、ぐしゃぐしゃーって、中身がでるからなあー。これも、パス。やっぱスタバで、サンドイッチとかが無難やなー。初デートは、無難が一番大事や

 大地君は、何でもいいよ、遅れたお詫びにおごるよって言ってくれました。
「えーっ、ホントですか。うれしいー、じゃあ、チャンポン」
 あたしは、『リンガーハット・長崎ちゃんぽん』のお店を指さしました。あたしは気分が高揚し、少しハイになってました。
「チャンポンって、栄養価が高くて、ビタミンたっぷりの野菜とか入っているし。ビタミン取らないと結構、すごい病気になるのよ。脚気とか。ビタミンB1の欠乏で、心不全とか末梢神経障害に。怖いよー。こないだ、救急室に運ばれた大学生の男子が、カップラーメンばっかり食べてたらしくて、心不全で。大地君、野菜食べてる?」

― あー…。解説の菜々さん、コメントを…
― ………。知らんわー、もうー

バックナンバー

著者プロフィール

崎長 ライト
崎長 ライト
長崎大学病院 医療教育開発センター長 浜田久之(内科医)
長崎県生まれ。

医者になりたかったのに、なぜか高校時代は文科系で、読書好きのラガーマン。浪人、大学中退、放浪、バーテンダー…、予備校講師を経てやっと医大生。

医学生時代は、学習塾経営。学生結婚しました〜。学習塾は大繁盛しバブル時代を謳歌しましたが、自分の成績は悪く、最後の模試は105人中100番(汗)。いい仲間のおかげで助けられて、何とか卒業しました(涙)。
初期研修は大学病院で、その後様々な地域の病院で一生懸命働きました、勉強もしました。引っ越し回数20回以上!市中病院の総合診療科病棟の立ち上げ後、トロント大学に家庭医学と医学教育を2年間学びました。これが、人生の転機となりました。 研修医教育(≒マッチング業界)歴は、15年くらいです。ほぼ毎日、1年次研修医の外来研修を熱血指導(半分嫌がられてますが…)しています!

資格:博士(医学)、博士(教育)、消化器病専門医、プライマリケア学会専門医など
趣味:思案橋でハイボールを飲みながら、世間話。特に、ジャニーズや芸能ネタは好きです(笑)。
小説:『小さな世界平和』 (※長崎新聞社新春小説大賞佳作)
   『フルマッチ』

著者より一言:アクセスしてくれて、本当にありがとうございます!超〜、感謝です。
       ハッピーの積み重ねを感じる力が大事(長崎大学病院 医療教育開発センターWEBサイトより)