よくある質問とその答え
大学病院vs市中病院

徹底討論!大学病院vs市中病院

大学病院はプライマリケアの研修には向かないと言われていました。
しかし、最近では救命センターの設立や地域研修への取り組みが増えた事により、その研修ができる環境が増えつつあります。
一方、市中病院では、大学病院以上に専門的な疾患を抱える患者が増えていく傾向にあり、逆にプライマリケアの研修をする環境が作りにくい状況になっています。
このように、今は大学と市中のメリットやデメリットを比較する事は困難であり、自分の目で見極め、選択・判断していかなければいけない時代となっています。ぜひ、レジフェアに参加して討論を聞いて、感じて、進路選択の判断材料としてお役立てください!

大学病院 VS 市中病院 WEB討論会

大学病院チーム

市中病院チーム

金沢大学附属病院

初期研修医
阿河 光治医師

臨床と研究の両方を学びたく、多くの病院の中から、6年間学んだ母校を選んだ

横浜旭中央総合病院

初期研修医
上原 義史医師

先輩が初期研修をしており、患者さんと接する時間が圧倒的に長い市中病院を選んだ

長崎大学病院

初期研修医
本多 舞医師

最初から、大学病院に行く!と決めていました。

呉共済病院

初期研修医
木村 次郎医師

珍しい症例ではなく一般的な症例の経験を積みたかったので市中病院を選んだ

近畿大学医学部附属病院

初期研修医
進藤 恵美医師

マイナーの診療科もしっかり学びたいと思い、大学病院で経験を積もうと考えた

災害医療センター

初期研修医
有本 斉仁医師

若いときには大きな病院に勤務して、多くの症例を見たいと考えていた

川崎医科大学附属病院

初期研修医
八十川 直哉医師

症例の多さ等のほか、出身大学の病院で先生方に質問しやすいことがよかった

行田総合病院

初期研修医
佐藤 恵里医師

内科医志望だったが、専門を決めていなかったので市中病院を選んだ

山口大学医学部附属病院

初期研修医
佐々木 嶺医師

いつか地元山口に戻る気持ちがあり、地元の医療を知っておくため大学病院を選んだ

江戸川病院

初期研修医
橋本 健医師

コモンディジーズの初期対応と管理を学びたかったので市中病院にしました

参加お申し込み